カテゴリー「定年後」の5件の記事

2009年8月12日 (水)

私はそもそも左利きなのか右利きなのかー絵画の練習で疑問

 私は本来左利きであるが、子供の頃、親に矯正されて、鉛筆、箸などは右手を使ってきた。ちょっと力を使う作業は矯正されてなくて左手を使っている。その境目は、スプーンを持つ手が左手、消しゴムを持つ手が左手、という感じである。ナイフとフォークは我々のような団塊世代ものにとっては年を取るまで(といっても20歳台だが)使うことがなく、20歳台に頭で考えて右利きの人が持つ持ち方、すなわち、ナイフは右手、フォークは左手を使うようにしてきた(自己矯正か?)。

 以上の状態で定年後まで来た。定年後は、趣味として、仏像彫刻や粘土いじりをやっている。これらの作業は力がいるので、当然、左手を使っている。

 しかし、仏像彫刻や粘土いじりをやっていると、どうしても、デッサン、クロッキーを練習しておいた方がよかろう、と思うようになった。そして、このところ、絵画系の勉強に手を出し始めて混乱が始まった。絵画系は子供のときから苦手なのであり、なかなか自ら進んでやろうという感じではなかったし、もちろん下手でもあった。版画は掘りの作業が入るのでそんなに嫌だという感じではなかったのだが、なぜか絵画系はだめだった。

 そういうことで一年前からクロッキーを初めた。今も当然下手なままであるが(美大系の受験生と比べ何たる差があることか)、なぜか困ったことがでてきた。それは、私としてはクロッキーを右手で描いた方がよいのか、左手で描いた方がよいのか、ということでまだ解決していない。

 クロッキーは鉛筆をもちいて描くので私としては「右手」で描くのがよかろうかと思った。細かいところを描くのは文字を書くときと同じように当然右手という感じであったががなぜか描きにくい。しばらくしてから、クロッキーの場合は「左手」で描く方がよいのではと思い、左手でしばらく描いてみたが左手では細かい手の動きができなくてうまくかけない。結局どちらの手で描いても楽にはかけない。

 これと同じことが昔からある。鉛筆は右手に矯正されたが、黒板(今では「白板」か)にチョークで字を書くときは、右手で書いたり、左手で書いたりする。これは小学生のときから今でも同じである。小学生のときに、右手に持っていたチョークを途中で左手に持ち替えて描いて、先生に(今ではばかな教師だったと思うが)「行儀が悪い」というお叱りを受けたことがある(それがいまだにちょっとしたトラウマになっているのかもしれない)。

 チョークで字を書く場合も右手でも左手でもあまり上手な字は書いていないようである。クロッキーの場合も、要するに、右手でも左手でもよいのかもしれないが、下手な絵しか描けていない。この調子だと、「両刀づかい」というよりも、私の場合は、右手でも左手でもろくにかけない、「両刀ともダメ」ということになりそうである。

 クロッキーと同じような経験を最近した。仏像彫刻をやっていると彩色をしたくなるものである。そこで最近、極彩色の勉強を行った。簡単なものを木彫してそれに色を岩絵具でつけるという練習である(つまり繧繝彩色の練習)。同じ木彫りのものを3個作り、色のバリエーションも考えながら基本的には同じように色をつけていく  という作業である。日本画絵具を用いるのは全くの始めてであるし、極彩色で細かい色をつけていくというのも全くの初めてであった。戸惑いながらも筆は「右手」で持つのが当然と思って最初のうちは右手で作業を行った。その次に2つ目、3つ目と作業を進めていくうちに、右手では手が震えやすいということに気づき、知らない間に左手に絵筆を持ち替えていた。結局最後は左手であった。左手ではあったが、細かい作業が本当に左手でできていたのかどうかの疑問は残る。

 これと似たようなことが木炭デッサンでも起こっていた。クロッキーのあと木炭デッサンもこの年になって初めてチャレンジしたが、この場合も最初は木炭を右手に持っていたがそのうち、左手がメインになっていた。

 以上のように、どうやら、絵の場合でも利き手は「左」というのが正解かもしれない、という事象は積み重なってきた。しかし、まだ、左手が自由に使えるという状態でもない。これは、まだ、絵になれていないからかもしれない。同じように、今のうちなら右手を鍛えると右手でもうまくかけるようになるかもしれない、という気もしないではない。

 こう考えてみると、子供のとき鉛筆、箸を右手で持つように「矯正」されたメリットは何一つない。左手のまま育ててくれたら苦労することもなかったろうに、と、この年になっても思う。左手だからといって差別されることもなかったのになぜ矯正されたのか、不思議である。

| | コメント (0)

2009年5月 1日 (金)

京都春の古本市に行ってきました(09-5-1)

 京都では年に3回古本市がある。正確に言うと古本市ではなく「古書大即売会」である。春は大体5月初め、夏は8月中旬、秋は11月の初め、という年3回である。今回は、みやこめっせという屋内会場で開催されており、他の2回は屋外で開催される。

 ここ数年毎回参加してみて、3回のうち春の古本市が一番充実している感じがしている。会場が屋内であるせいか、本屋さんも出店しやすいのか、本も多いし、また、内容のいい本が多い。このところ、夏、秋は何も買わないで帰ってくることが続いていたので、今回こそは何とかしていいものを探そうという気持ちがあった。

 その春の古本市は今日から始まったが、その今日の未明に、新型インフルエンザの疑いのある人が出たと厚労省の発表があった。ついに、日本にも、ウイルスが侵入しているかもしてない、という心配が出たし、人の大勢集まる会場だし、本もほごれているので、会場ではマスクをすることにした。

 数日前に、ドラッグストアでマスクを購入しようと思ったら既にほとんど売り切れ。みんな早々と対応されておられる。

 これはみんなが「冷静に」対応した結果でしょうと思うが、ちなみに、このところ、放送関係、政府関係者がテレビで「冷静に」という単語を発するごとにカリカリしている。全く何も意味する内容が無い「冷静に」という単語をいかにも物知り顔に発している連中の神経が分からない。コメンテーターが『こういう話には「冷静に」対応することが必要で・・・』と新しいニュースに対してどうコメントしてよいか分からないまま、慌てふためいて『「冷静に、冷静に」対応する必要があります』、などといっているのは、徒然草の世界を思い出すようで、おかしくて仕方ない。とにかく、「冷静に」という言葉をつかわないで、冷静に考えて、もっと適切な意味にある単語を発してほしい。

 ということでマスクは購入できなかったが、家に花粉症対策のためのマスクがなんとかあったので「冷静に」それをもっていくことにした。会場前でマスクをつけて入ったところ、同じように、「冷静に」マスクをしている人もちらほら出会って、変に少し安心した。

 春の古本市としては、例年になく人も多かったようで、また、皆さんたくさん購入しておられたようであった。その理由をつらつら考えて、今年はゴールデンウィーク中家にいる人が多いためなのか、テレビが面白くないのでその代わりのものを探そうとやってきた人が多いのか、団塊の世代が退職し暇で仕方ないので古本を求めにやってきたのか(私もその範疇に入るのかもしれないが)、などの理由が浮かんできたが、客にインタビューするわけにもいかない。

 とにかく、私も2時間じっくり探して(例年なら1時間強程度か)、8冊9000円分購入した。じっくり探した割には購入したものが少なく、また、レパートリーを見てもきわめて狭い幅に集約されているな、という感じが多いしている。まあ『深く』読書をしている証しでしょう、と家内に慰められて帰ってきた次第であった。

 

 

| | コメント (0)

2009年1月18日 (日)

テレビで最近やけに目立つこと

 昨年後半からテレビでやけに目立つのは、時局のテレビ番組のスポット予告である。何回も何回も同じ予告をスポットで流して、いざ当日になるとみるのも嫌になっていることが多いし、番組自体もそんなに面白くも何もない。

 以前はこういう時局のテレビ番組の予告はNHKがよくやっていて、それで視聴率向上に貢献した、という評価があったが、最近の民放の時局のテレビ番組の予告は、なぜかみているとむなしくなる。CMがとれなくてその空き時間にテレビ番組の予告を流しているとしか思えない感じがするのである。

 そもそも、数年前に家を新築したときは将来的には定年後生活になるので、デジタル放送も完備したしデジタルBSも完備した。しかし、そういう準備はしたものの番組の質の悪さはその後数年間で次第に低下していて、最近は制作費が出ないのかまだまだ低下の一方であり、テレビ局の負のスパイラル(スポンサーがつかない→番組が面白くない→視聴率が低くなる)を繰り返しているような印象がもろに出てきている。デジタルBSに至っては再放送、再々放送を繰り返しやっていて、放送ライセンスを返上したらどうですかと言いたくなる。

 こういう状況下で、ブルーレイレコーダーを買おうかと思ってこの数ヶ月思案したが結局は「録画するに足る番組がない」ということでしばらく棚上げということになった。同じ思いの人も大勢いると思うのでブルーレイレコーダーの売り上げも落ちるのではなかろうか。

 そういうことで、長年テレビ好きで通してきた私も最近テレビ離れが進んでいる。予想外の展開になっている。この調子だと2年半後のアナログ放送停止も総務省の目論見どおりになるかどうか怪しいと見ている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月16日 (金)

「楽しんで仕事をやっている」というみのもんた氏の心境

 昨日、みのもんた(以下敬称略)が、昼の番組「思いっきりテレビ」の「ちょっと聞いてョ!」という相談コーナーの中で、相談者に答える形の話の中で、次のような内容のことを言っていた。

私は今までは、好きなことをやってきた。うまく行けばうれしいが、うまく行かなければ悔しいという思いで来た。しかし、60才を過ぎてからは、この仕事を楽しむようになってきた。楽しくてしょうがない、という感じだ。うまくいってもいかなくても楽しい。そう思えるようになってきた。

という話である。彼は今63才位なのでこの数年間の心境の変化を述べたもので、この心境が最近の活躍の発展を裏で支えているものと思われる。

 同じような話を、先代(13代目)の片岡仁左衛門(以下敬称略)がテレビインタビューで語っているのを思い出した。もう亡くなって約12年たつし、テレビインタビューはそれよりずっと前なので20年くらい前の話であろうか。彼は60才過ぎてから評判が更に増したようであるが、60才になるまでは、何をやってもうまく行かなかった、ということである。どこか、うまく演じよう、良く見せよう、という気持ちがあって、それが邪魔してうまく演じるることができなかった。しかし60才を過ぎてからはそういう気持ちがなくなってきて、いままでは、うまく行かなかったところが、すっきり演じられるようになってきた、というのは大まかな話であったかと思う。

 昨日のみのもんたの話といい、また片岡仁左衛門の話といい、そういう心境になれるのがうらやましく思う。片岡仁左衛門の話は一生をかけた「芸」の上での話である。みのもんたの場合は、芸とは違うようなところ、司会、での話と一見みえよう。しかし、実は、みのもんたの場合も司会というものが「芸」のレベルまできたということを言っているのではないかと思う。テレビ局などのサラリーマン・アナウンサーなどの司会とは違い、芸域にまで至っていることを言っているように思う。

 我々もそういう「楽しくてしょうがない」という心境とか「周りを気にせずに自らの道を究める」という心境になればと良いのにと思って来たが、昨今の日本の社会、とくにサラリーマンの世界はそれとは全く逆の方向の精神構造に陥っていると思われる。そして、定年という名のもとで今までの人生をリセットされ、虫けらのごとく追い出されてしまう。そういうことでは心残りになる、と思いながら生きてきたが、サラリーマンを長年経験したものが60才をすぎてそういう心境に至るのは、なかなか困難なことのようだ。サラリーマン時代の仕事・生活とは別のところでそういう心境になれた、という人の話も聞きたいものだと思って、いろいろ本を読んだり、テレビ番組(飛び出せ定年!、人生の楽園)などを見ているが、なかなか皆さん苦労が絶えないようである。人生二毛作といわれる中で、みのもんたや片岡仁左衛門のような心境を得るにはどうしたらよいものであろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月10日 (日)

ネグリ&ハートの「マルチチュード」の一文に共感する

今、ネグリ&ハートの「マルチチュード」を読んでいる。そして、今日、以下の文章にぶち当たった。

「この非物質的生産の特徴のなかには、明らかに歓迎されざるものもある。たとえば、アイデアや情動や感情そのものを用いて仕事をするように仕向けられ、しかもそれを上司の指令に合致させなければならないとしたら、私たちは多くの場合、経験したことのない強烈な侵害や疎外の感覚に襲われる。」(125頁)(もっと多く引用したかったが最小限に留める)

早期退職して一年少したつが前職での思いを代弁してくれているような文章である。思いをこれほど的確に表現している文章にこの一年出会ったことが無い。また、今、デザイン系の大学(通信制)に籍を置いているが、この8-9月のスクーリングでも同じような思いをした。「上司」というところを「教員」と置き換えたら当てはまる(そろそろ脱出するつもりであるが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)