カテゴリー「音楽」の3件の記事

2010年10月 8日 (金)

「名曲ベストヒット歌謡」-前野曜子を偲んで

 昨日、テレビ大阪で「一挙3時間全75曲 名曲ベストヒット歌謡”魅惑の昭和40年代”」とする3時間番組があった。今のシーズンはTVは特番ばかり放送していて、そうでなくても面白くないTVがますます面白くなくなっているので、またナツメロかと思いつつも「名曲ベストヒット歌謡」の番組をつけていた。

 そのとき、ペドロアンドカプリシャス「別れの朝」がかかってきた(番組ガイドには記載はなかったが)。映像はなし。曲だけ流した(←映像もあったそうです。ながら仕事をしていたので見落としていました)。どうせ高橋マリが歌っているのだろうと思っていたが、それが終わったあと司会の竹下景子(以下、敬称略)が、かわいい「前野曜子」さんでした、と紹介した。はっと思った。前野曜子、って誰だったか。すぐには思い出せないなかった。

 世の中にYouTubeが出てきてもあまり動画の方は殆ど見ていなかったのだが(私の場合のパソコンは「静画」中心)、「前野曜子」でネット検索すると、なんと彼女の映像まで出てきた。そして、前野曜子とその他有名歌手の「別れの朝」の映像もたくさん出てきた。

 しばらくは前野曜子がピントこなかったが、YouTubeで見ているうちにだんだんと記憶を取り戻してきた。あの小悪魔的で、男集団に混じったミステリアスでキュートなかわいい女の子か、ということが。そして、「別れの朝」は前野曜子の歌だったことが。

 そして、いままでなんどもナツメロ番組を見ているが、前野曜子が歌うのは今回が初めて取り上げられたような感じであることも。

 そして、他のうまい歌手(彼女らもほんとうにうまいが)と比べて、違ったウマさ、雰囲気があることをYouTubeの動画で再確認した。

 しかし、いろんなトラブルを起こし早世しただけに、心痛む気持ちも強く、番組が終わっても何回も前野曜子を聴き、いろんな思いからなかなか寝付かれなかった。生まれ年が私と同じでまたびっくりした。私と同じ青春時代を生きていたのだと。今生きているとしたら還暦を超えている。還暦を過ぎても生きている私も結構トラブルだらけの人生を歩んできたので人ごととは思えなかった。ただ、彼女の場合は疾走しすぎたけども。

 こういう上手くて雰囲気のある歌手がその後病気で活躍できずなくなってしまったことが、残念でたまらない。よき昭和40年代の一幕を、よき思い出を作ってくれてありがとう。

[後日後記] このブログを書いている時も前野曜子とは、いまいち記憶がピンとしていないところがありましたが、その後どんどん鮮明になってきました。あのアフロヘアーで、男集団の中で、ミステリアスで、ちょっと浮いた感じで魅力ある歌の上手い子だった、ということが(そういう雰囲気がとてもよかったのですが)。どういう正体の子なんだろう、といつも思っていましたが、タカラヅカ時代があったとまでは知りませんでした。

[後日後記2] コメントくださった方、誤って削除しました。すみません。コメント読んでいますので。

[後日後記3] 前野曜子の記憶がさらに鮮明になってきました。あの当時、ポット出のような感じの無名の子がどうしてこんなに歌が上手いのか、音痴の私は不思議に思っていました(その当時はタカラヅカ経歴まであるとは思いもよりませんでした)。ペトロアンドカプリシャスとしてはどうやってこういう子を探してきてボーカルにしたんだろうかとも。そういう意味で「ミステリアス」だったのでした。しかし、ほとんど一発屋的で、マスコミからも消えていって、その後40年近く忘れていました。別れの朝以後ほとんど活躍できず本当に残念な「歌姫」でした。

| | コメント (1)

2006年10月 2日 (月)

ツィマーマンのピアノリサイタル(NHK教育放送)

 このところ、テレビ番組が面白くないのでうんざりしていたが、昨晩は、久しぶりに、目白押しであった。真夜中の競馬の衛星中継ということで、フランスの凱旋門賞の中継があって、関西地方では真夜中でありながら20%の視聴率を取ったとか。もちろんディープインパクトが負けるのを私も生で見たのである。

 しかし、その前に、私のとっては、大事な番組があった。そのひとつが、NHK教育の「芸術劇場」(10PM開始)である。いくつかテーマがある中で、「クリスチャン・ツィマーマンの演奏会」があった(もう一つは、毎日放送の「東福寺音舞台」である。これについてはまた後日紹介したい)。

 ツィマーマンを初めて生で聞いたのは1970年代後半、私がカナダ・トロントに数年間いた頃である。トロントに居た思い出として、ある年の冬に、何回かの演奏会をパックにして販売しているティケットがあった。その中ではずぶの素人に私から見て有名な演奏は居なかった(岩城宏之さんの演奏も入っていたと思うが定かではない。演奏が印象的ではなかったので)。そして、演奏会に行っても仕事疲れからか、大半の時間は眠ってしまうという状態であった。その中で、眠たさを忘れさせてくれたのが、今はなきテンシュッテト(その当時は、東ドイツから来たことになる。演奏は「マーラー第一番」)、と、若きツィマーマンであった。そのとき、ツィマーマンが何を演奏したか記憶にない(多分ショパンであったと思う)。ショパンコンクールで優勝して間もない20歳くらいのころで、その迫力には圧倒されたものである。

 それから、私も日本に帰ってきてツィマーマンが来日公演をするときには結構行っていた。毎回、挑戦的な演奏で、その思い入れが伝わってくるのか、肩こり症の私はいつも聞いた後には肩がこるという、すばらしい演奏であった。

 この数年間は、ツィマーマン公演会には行って居なかったのであるが、昨晩のNHK教育の番組で久しぶりで演奏を聴いた。このところCDの発売もなかったのでどうしていたのかと思っていたところであった。まず、その風貌にはびっくりした。なんと白髪になっているではないか。何か苦労でもされたのかと思ってしまう。確か50歳を過ぎたばかりであるのに。

 演奏はどうであるか、ということであるが、素人の私には論評できるわけがない。しかし最初の曲はモーツァルトの曲(K330)で、今までモーツァルトの曲をツィマーマンが弾くのは聞いたことがないのでそのことにまずびっくりした。以前と較べてかなり、柔らかな演奏をするようになったものだと、そのことも驚いた。しかし、ベートーベンの「悲愴」、アンコール曲(だと思うが)のガーシュインの曲では、いつものツィマーマンに戻っていて変に安心したものである。

 モーツァルトの曲を演奏するのに驚いただけではなく、会場から花を「受け取って」いた記憶もない。あるときは、客からの花一輪がステージに置かれたままお開きになったときもある。そういうことを経験しているだけに今回の演奏会では、アンコール曲を演奏し、花を受け取り、また、笑顔も見せる、という変貌振りは、白髪化と合わせて、彼の心境の変化を物語るもであり、その理由を聞いてみたい気がする。以前の研ぎ澄まされた肩の凝るような演奏の方が、伝わるところもあって、その方が私は好きなのであるが、モーツァルトに行った心境の変化も素人の私にも分かる形で伝えて欲しかったかな、という気持ちが後に残った演奏会であった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月29日 (月)

スピーカー作製日記-「まるごと手作りスピーカーの本」

とんぼナックのhomepage中の「とんぼナックのエッセイ」に、【スピーカー作製日記-「まるごと手作りスピーカーの本」】というエッセイを載せました。

当初はブログに載せるつもりでしたが、長文になったため、「とんぼナックのエッセイ」に載せることにしました。

学研の「大人の科学」マガジンの特別号「まるごと手作りスピーカーの本」を購入し、スピーカー・ユニットの作製を試みた。しかし、それだけでは満足せず、スピーカーボックス、アンプも作製するに至った。そして、雑誌の付録と思っていたスピーカー・ユニットを用いて、本格的なオーディオ・システム(ただし、今のところモノラルではあるが)の作製にまで至った。

その経緯、また、昔のボリュウム・コントローラーの作製の思い出などを織り交ぜて書いたものである。

興味があれば読んで見てください。

□□□

大人の科学マガジン別冊 まるごと手作りスピーカーの本
大人の科学マガジン編集部
学習研究社 (2005/07/13)
売り上げランキング: 2,074

| | コメント (0) | トラックバック (0)