カテゴリー「芸能・アイドル」の3件の記事

2007年12月31日 (月)

久しぶりに紅白歌合戦を見る-後半部分

 紅白歌合戦の後半部分は、前半部分と違ってなぜか全体に低調で、面白くなかった。鶴瓶の司会ぶりも「家族に乾杯-紅白歌合戦版」とでも行ったような雰囲気で、従来の紅白歌合戦とも趣を異にしている。赤白応援の歌合戦という看板をはずしたようではあるが、どういう「歌番組」に仕上げるかが未完成だったという感じがした。また、追悼番組的(美空ひばり、阿久悠、ZARD)でもあり、歌番組としては、番組の趣旨が違うのでは。

 また、前半と後半でディレクターが違うのかと思うぐらい出来上がりが違っていたのはなぜだろうか。後半の歌手たちが少々かわいそうであった。とにかく、後半については、これ以上特に書くことなし。ただ、天童よしみの歌だけは涙が出る。

 全体として、今年の紅白歌合戦は、「懐メロ紅白歌合戦」といった感じもし、テレビ大阪(テレビ東京)の「年忘れ!日本の歌」と被っている感じがしてならなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに紅白歌合戦を見る-前半部分

 今年もとうとう終わりかかっている。暮れの番組としては若いときは紅白歌合戦を良く見たが、この10年以上は通しで見たことは無い。しかし、今年は、裏番組がどれもこれも面白くないのに対し、紅白は、陣内(智則)が審査員で出るし、ムーディ勝山も出るというので、どういう演出になるか見ざるを得なかった。

 まだ途中だが、例年番組すべてが赤白の応援、であったが、今年は、そういうアナクロニズム的なものは思い切ってはずしているのが驚いている。NHKもやっと分かったのか、遅すぎたが、という印象である。そのためか、演出が広がった感じもする。

 今までのところ歌の中では、やはり、懐メロ的なものがジーンときている。前川清・クールファイブ(+ムーディ勝山)の「そして、神戸」、あみんの「待つわ」、新曲であろうが、すぎもとまさとの「吾亦紅」、寺尾聡の「ルビーの指輪」、などは涙が出そうになる。

 赤白の応援がなくなったばかりでなく、笑福亭鶴瓶の話の中で、大阪民放のテレビ局のアナウンサーの名前が出たり、民放の番組の話が出たりして、規制も緩やかなになったものである。また、楽屋シーンも出てきたいた。香取信吾が行っていたが、こういうシーンは紅白史上初めてであるとか(そう思う)。

 デジタル放送で見ているが、デジタル情報も参考になっている。しかし、「楽屋ヘッドライン」と称して、簡単ではあるが後続の出演者の「動向」を報道しているのはいただけない。不要である。

 デジタル放送で見ているので、当然投票にも参加している。3回の投票のうちいまなでで2回やった。当然「白」に投票した。

 以上が、前半である。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

借り物のNHK紅白歌合戦

 今年もいよいよNHK紅白歌合戦が近づいてきた。毎年視聴率の低迷で、今年はどうなるか、また50代半ば過ぎた私には、また知らない歌手が知らない歌をうたい、ヒット曲のないNHKお抱えの歌手(NHK歌番組ででてくる決まり決まった歌手たち)が古い歌を歌うので何も面白くはない番組になっている。

 今年の場合は、NHKの不祥事で、NHKも背水の陣でくるのであろうと思っていた。また、そうしなければ、紅白歌合戦も「プロシェクトX」と同じように消えていく運命になるであろう。

 そういうことで、今年の出場者についてはどういうことになるのか興味があった。しかし歌手については相変わらず知らない若い歌手と古い歌手のオンパレードとなった。若い歌手なんか紅白歌合戦初出場という人もいるが、紅白歌合戦初出場というよりかはNHKの番組初出場といったほうがよさそうな人も結構いるのではなかろうか。NHKが独自のコンセプトを持って番組作りをしているとは思われない。借り物の歌番組と思ってしまう。

 それに輪をかけたのがみのもんたの採用である。みのもんたがNHKの番組をやっているのをみた記憶がない。「朝ズバ」とか「ちょっと奥さん」とか「残ねーん」をNHKの歌番組でやってもらいたいのであろうか。

 そこまで決まったときにブログに文句でもかきたくなったものだが、ちょうど風邪(インフルエンザ?)を引いていて、ブログの書き込みが出来ないまま年末になってしまったのであるが、昨日のニュースであろうか、助っ人の登場人物が発表された。アンガールズ、アンジャッシュ、南海キャンディーズ、ヒロシ、まちゃまちゃ、安田大サーカスである。ここまでくると開いた口がふさがらない。NHKはどこまで「盗作」をやろうとしているのであろうか。これらの若手お笑い6組はいずれもNHKが育てたような人ではないでしょうといいたくなる。

 こうして、今年のNHK紅白歌合戦は、司会から、歌手から、助っ人に至るまで、「総借り物番組」の感じがしてきた。こういう番組づくりをしていて人気がでるはずがないと思うのであるが、いかがであろうか。

 今日「プロシェクトX」の特別番組をやっていた。一度見たかったのは、「紅白歌合戦を作った人たち」という「プロシェクトX」である。どのように、借り物のの歌番組を苦労してつくったか、その努力の物語をききたかった。また、スケジュール調整などで芸能人にいかに残酷なことをやってきたか、という「努力」も聞きたかった。残念ながらそれも見れないまま「プロシェクトX」が終了してしまった。

 ただ、アンガールズ、南海キャンディーズ、ヒロシなどかでるのは面白い。どうなることか。NHKの締め付けでいつもの個性が出せないまま終わってしまうということがないように祈るだけである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)