カテゴリー「グルメ・クッキング」の16件の記事

2011年7月26日 (火)

こぼれ種のシソ畑-佃煮の作成

 毎年シソのこぼれ種が発芽し重宝しているのですが、今年は、タマネギを植えていた区画をそのままにしておいたら、こぼれ種で写真のようにシソが繁茂してきました。

Smalldsc_1599

 この区画は8月になったら大根か何かを植える予定にしているので今度は邪魔になります。そこで初めてですがシソのちりめんじゃこ入りの佃煮を作りました。

Smalldsc_1614camerarawedit1

 簡単にできましたがかなり美味なものとなりました。

| | コメント (0)

2009年9月 7日 (月)

15年前のホームベーカリーの部品(パンケース、ハネ)交換

 長年、我が家では食パンは家のホームベーカリーで焼いている。14-15年前の製品である。一度も故障することもなく使ってきた。

 最近、焼き上がりのパンをホームベーカリーから取出すときなかなか出てこなくなって四苦八苦することが多くなっていた。パンがホームベーカリーの窯(パンケースというらしい)や、パンケースについている攪拌のためのハネにしっかりこびりついて離れず、取出しにくくなっていた。

 そこで、早速メーカーの「お客様ご相談センター」に電話した。過去にもそこの会社(P社)に別の製品の件で電話をかけて、何度も嫌な思いをしたことがある。今回もそれを覚悟をして電話をしてみた。症状を言ったらすぐに「フッ素コートがだめになっているので、パンケースとハネを交換する必要があります。電気屋さんに言って部品を購入してください」とのことで、かなりいい感じで応対していただいた。ただし、こちらは、「故障なので修理に出す必要があろう」と思っていたのに、「部品を入手して部品を交換してください」という話には驚いた。しかも、もうひとつ部品「主軸受け」というものがあって、パンケースにそれがネジ止めされているらしい。なにしろ、パン焼き作業は家内が15年間やっていて、私は一度もやったことがない。そういう人間が電話で話をするのであるから、時々理解困難なことが出てくる。どうやら主軸受けは大丈夫のようなので、交換の必要な無いが、新規のパンケースに従来の主軸受けをこちらでセットしてくださいとのこと。ネジ止めだけらしいが、なにしろ15年間使い続けてきたのもで、うまくネジが外れて、新しいパンケースに取り付けできるかどうか不安であった。

 だめもとで、パンケース、ハネを注文し、今日入手した。

 早速交換を開始した。パンケースに主軸受けを取り付けようとしたが、主軸受けについているパッキンはいつつぶれるかわからないようなぼろぼろの状態になっているように見えた。しかし、なんとか取り付けが終わった。

 さて、セットされたパンケースをホームベーカリーにセットしようとしたが入らない。どうしたことか。よくみるとわずかに取り付けがずれていた。同封されていたマニュアルらしき小さな紙をよんでみると「パンケースのネジ穴はタップ(ネジ山)は切られていません。(同梱のネジが、ネジ山をきります)」との記載があった。こういう内容は電気製品ではあまり見たことがなくてびっくり。ネジを垂直に締め付けることが必要だったらしい。改めてしっかりと締め直すとなんとかホームベーカリーにセットできた。

 これで大丈夫かと思ったが、主軸受けのパッキンが古かったのでパンケースから水でも漏れたら困るので、もれないことの確認のため、水を入れてみた。そうすると、なんと、パンケースの主軸受けのところから水がわずかながらもれ出ているではないか。パッキンがだめで、ホームセンターで買わなければということを考えていた。

 そのとき、黙って、取り扱い説明書を読んでいた家内が、「もれるのが当然で、取り扱い説明書にもそうかいてある」といいだした。そういう馬鹿なことが、と思ったが、15年前の取り扱い説明書を読んでみると「ご使用に伴い、パンケースの排出口から少量の生地が出てきます。これは、回転部の中に入った生地が回転を妨げように排出させているためで、異常ではありません」とか。なんとややこしや、ややこしや。

 一応これでよし、ということで早速最初の食パンを焼いた。

 単にパンケースとハネを交換しただけであるが、出来上がったパンはふっくら、もちもちとしていて、いままで食べたことない感触のおいしいパンになってきた。なぜだろうか。大成功であった。

 15年前の製品で交換部品がもう置いてないかなとも心配したが、結構15年前のP社の初代の型の部品がその後も共通に使われているので今回部品交換できる、という話であった。ホームベーカリーは長寿の製品のようである。

| | コメント (0)

2009年5月19日 (火)

マダケの筍料理をしてもらった

 今に家に引越してきて4年になる。引越してきたときから、隣家(Aさん)の竹が我が家に侵入しているらしく、どうしたものかと思い悩んでいた。別のお隣さんもAさんの竹が侵入し、Aさんに伐採の依頼の連絡したこともあるとか。

 我が家の場合はどうしようか思っていて、引越してからは、とりあえず、竹が頭を出してくる頃を狙って、伐採してきた。頭を出してくる初めの頃は手で倒せば簡単に根元から歩キッと折れるのでそれで処理してきた。

 しかし、我が家とAさんとの境界付近の場合は困っていて、それがほっておかれると背丈が高い竹になり、困った個とに、冬場積もった雪で竹が折れて、我が家の敷地に倒れこんでくる、ということがしばしば起こってきた。それでもAさんに連絡するとちゃんと処理をやってもらえるので助かっている。

 今年もその竹が伸びだす時期になってきた。孟宗竹の筍が一般的に八百屋さん、スーパーにおいてあるものであるが、それとは時期が1-2ヶ月ずれていて、特に、雨の後は、竹が伸びだすものである。

 今年は、我が家の敷地内に植えてあるクレマチス・モンタナの区画の手入れということでその区画に関しては畑の土を購入して以前よりはましな区画にしていた。この2-3日雨が降ったが、そのあとで、クレマチスモンタナの区画に行ったところ、あろうことか、隣のAさんのところ由来とおもわれる竹がその区画を狙ったかのごとく2個頭を出しているではないか。雨後の筍、というものである。例年ならば、筍の頭を折って廃棄物処理するはずである、なぜか今年は、食べてみようということになった。家内も以前から食べてみたら、と言っていて、食べられるかどうか分からないが、試しにと言ったところ、早速、家内はそれを生のまま口にした。当然渋みはあったらしいが、どうやら死ぬことも救急車でかつぎこまれることもなく「毒見」としては、オーケーであった。

 次の問題は味である。これは調理してみなければ分からない。そこで、孟宗竹の筍と同じようように糠で処理したものが下の写真である。

Sr0011160edit1

これを材料に料理してもらったのが、下の写真である。

Sr00111661

 今晩の夕食のひとつに出てきた。結構、美味な料理になったものでした。

 3-4年前からこの事実を知っていたら、3-4年前からこの季節の味が楽しめたものに、知らなかったため捨ててばかり出来たことが残念である。

 この竹の正体は、どうやら、一般的な「マダケ(真竹)」のようである。はじめは「破竹」かともオも他が、Wiki などの記載を見てみて、皮の色具合から、破竹ではなくマダケと今は思っている。

 もう少し残っているので、明日は、木の芽和えでもしようかな、という話になっている。その木の芽も我が家の敷地内にあるもので、マダケの出てきたところの近くに植えているものである。

 

 

| | コメント (0)

2008年7月25日 (金)

緑のカラーピーマン(幼果)の料理

 カラーピーマンを今年の家庭菜園で試しに栽培している。もともとカラーピーマン(パプリカ)を栽培してみようと言うことになったのは、サラダのいろどりとしてパプリカが時々食卓に上っていたのがきっかけである。

 しかし、いざカラーピーマンの種蒔をしたあとでその栽培が難しいことが判明。未熟果の時の緑から色が赤色や黄色に変わっていくのに時間(1ッ月か?)がかかりその間にトラブルに見舞われるらしい(→まだ未経験なので定かではない)。

 そこで、種苗メーカーから勧められているのは、緑のままで収穫することである。家庭菜園を楽しんでいる分にはそれでもよいか、と思っていたが、問題は、緑の未熟カラーピーマンが美味しいかどうかである。もし美味しかったら別に色が付かなくても未熟果のままでよいことになろう。

 先日からわずかばかり(種苗メーカーから勧めに従い)緑のカラーピーマンを収穫している。収穫したものをどのように調理するかであるが、今日、ピーマンの肉詰めで、ピーマンの代わりにカラーピーマンをつかったもの、カラーピーマンの肉詰め、が食卓に出てきた。結構美味しいものになっていた。カラーピーマンは緑色とはいえ肉厚で柔らかいので、ピーマンの肉詰めよりかはずっと美味しいと思った。この分ならば肉詰め以外の料理にも十分使えるだろうと思う。緑の未熟カラーピーマンとして商品としてもやっていけるのではなかろうかと、一ユーザーとしては思ったものである。しかし、商品となると「(実際の味とは無関係の誰かが勝手に決めた)規格がどうとかああとか」うるさいのでしょうね。

 今のところ何とか無事にいてくれているカラーピーマンであるが、今後完熟するまであと約1ッ月。無事でいてくれるかどうか。今日も京都地方は37.7℃。我が家の最高気温は38.2℃(気象台よりは1-2℃低いのが普通であるのであるが今日は違った)。6苗あったカラーピーマンのうちの1苗は昨日この暑さのせいかつぶれてしまった。とはいえ、緑のカラーピーマンでよいのであれば、来年もピーマン代わりにカラーピーマンを栽培してみたい気になってきたところである(過去にピーマン自体を栽培してみようと思ったことは無かったが)。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

一個残った使い道の無い花梨の実

Dsc_00151

 今年の春は我が家に庭の花梨の花がたくさん咲き、花梨の実の収穫時は大変になるだろうと思っていた。100個以上実がつきそうな感じであった。

 そのうち、実がまだ小さいころからぼろぽろと落ち始め、初秋時分には20個程度になっていた。それでも、この実が大きくなる頃はどう処分したものかの頭が痛かった。昨年は、初めてのことだったので花梨酒にしたが、結局あまり飲まないで廃棄処分になってしまった。

 11月になってきて、大きくなった実が、風などが強く吹けばれば次々に落ちてくるようになった。しかし、ことしは、花梨酒にする気はないので、奥さんに頼んで、花梨ジャムにしてもらった。ところが、りんごジャム、あんずジャムなどとくらべ、あまり食の進まないものでしかなく、続けて食べるのはしんどい、ということになった。

 仕方ないので残った落ちた実はそのまま置いていたが、段々腐ってきて多くのものが廃棄処分となった。枝についている実も次第に残り少なくなり、いま、一個だけになった(写真参考)。この実は花梨の枝にぶら下がっているのではなく、花梨の枝に座っているようなので落ちにくいのだろうと思う。重さは測っていないがおそらく700-800gはあるものと思われる。しかし使い道が無い。そのうち落ちるだろう。落ちたら廃棄処分の運命か。何か良い利用の仕方は無いものですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

花梨の落果('07-Oct20)

Dsc_00181  昨日は久しぶりで一日中雨であった。結構降った様で、朝、庭木の下を見ると、花梨の実が7個程度落ちていた。

 今年は花梨が4月にたくさんの花を咲かせ、また実もたくさんついた。細い木に50~100個程度ついたようである。これが秋になって全部ソフトボール大になっていくと枝がバリバリに折れるであろうと言う心配があったが、大きくならないうちにぽろぽろと落ちだしていって、この調子だと残るのわずかであろうが昨年の数個よりは多いだろうと思っていた。そのうち、落ちるのも止まって実も段々と大きくなっていて、11月の収穫時にはそこそこの数になるであろうと思っていた矢先、昨日の雨で7個落ちてしまった。残った実を数えたら11個程度になっていた。あわせて18個になりそうである。

 昨日早い目に落ちたものも置いておけば熟成が進むかもしれないのでしばらくは室内で保存である。しかし、困るのは、花梨の実は使い道である。昨年は花梨酒にしたが、あっさりして美味しいのは美味しいのであるが、飽きがくる。砂糖も入れすぎたようで、あまり飲まないでそのままの状態である(今年も一部砂糖を減らして作ってみようかな)。

 残る道は、ジャムにして食べるという方法である。どんなものになるか食べたことがないので分からない。今年は挑戦と行くか。赤福の餅の成分が砂糖半分以上で驚いたが、ジャムも砂糖半分以上であまり体にはよさそうにない。特に、男性の半分以上がメタボと診断されるような変な基準を設けている国においては、赤福もジャムも食べない方がよさそうであるが、今年は例外として挑戦してみるかな(作るのは奥さんだけども)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

近所のス-パーでも偽装表示今日発覚-予想通りであるが何を信じればよいのか

 ミートホープ事件が発覚する少し前に、我が家の近くのスーパーで、「自社製コロッケ」と証して販売しているものを買ったことがある。和牛、北海道産男爵を使用している、と大きく書いてあるので、何十年も前のころの子供の頃の美味しかったコロッケを想像しながら購入したことがある。その店は上品さを売り物にしたスーパーで、単なる安売りを看板にしたスーパーとは違って商品価格の高いのスーパーである。

 期待に反して、そのコロッケは全然味も何もなかった。まずかった。高いだけで損したものだと思っていた。

 そうしているうちにミートホープ事件が起こった。しかし、相変わらすそのスーパーでは、和牛、北海道産男爵を看板にコロッケを売っていた(ミートホープ事件があって、その看板が大きくなったような気もした)。コロッケがまずかったもので、ミートホープのようにいろんなものを混ぜた方が美味しいのに、と思いながら、販売されているコロッケの前を通りすぎていくことも何回かあった。偽装はあるかどうか知らないが、その店のコロッケも結構疑わしいよ、という思いは変わらなかったが、指摘するだけの証拠がなくて、残念に思っていた。

 二度とそのコロッケも買わないし、そのスーパー自体に足を運ぶことも減っていたが、今日(2007/8/10)の報道で、「偽装表示」が発覚した。和牛とはホルスタイン種の牛ミンチのことで、北海道産男爵とは米国産マッシュポテトのことであった。冗談を言えば、米国が北海道の一地域であることが判明したことになる。

 上品さを売り物にしているスーパーでもいかがわしいことは間違いがなかったことになる。本当に、何を信じてよいか、全くの詐欺商法が、国を初めとして(社保庁などのこと)、この世の中にはびこっている事実は恐ろしいことである(その反省の色の感じられない政権が日本にあるのが嘆かわしい)。昨日も、回転寿司で5皿食べたけれど、そのうち何皿が中国産ではかかろうか、と思っただけで、食べるのが恐ろしくなってくる状態である。

 明日以降このスーパーに行ったとしても過去の代金の返還には応じないと思う。例によって、社保庁ずらをして「領収書をみせろ」というに違いない。また、そのスーパーも新聞情報では「単純ミス」ということばを使っている。いつもの手だ。嘆かわしいこと限りなしで、ブログにも書きたくなかったが、近くのスーパーのことだったのであえて紹介した。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

夏の収穫 毎日、ゴーヤとインゲンの料理

 家庭菜園の現状は、夏の野菜類の収穫でにぎわっている。関東地方もやっと梅雨明けたそうである夏本番である。京都の我が家の家庭菜園は、この梅雨時分にどうなるかと心配していたが、葉物野菜はダメだったけどもその他は何とか生育してくれている。

 今年始めて収穫があって60歳近い人生で始めて味わったゴーヤであるが、その後、順調に収穫があり、毎日ゴーヤ料理である。家内も始めてのゴーヤ料理に挑戦するのであるが、いろいろとネット情報を集めて毎日違う料理を作ってくれている。ゴーヤは3株しか植えなかったが今まで10個近くは収穫しているし、今大きくなりつつあるものも10個程度はありそうである。毎日がゴーヤ料理、というのももうしばらくは続くようである。

 7月はまた、インゲンが良く取れて、これも毎日がインゲンの料理、という日が続いた。流石にインゲンの収穫も終わりそうで下火にはなってきた。「ゴーヤ+インゲン」の毎日というのがこのところ続いていた。

 野菜が多かったおかげで、メタボも解消するかという感じであるが、メタボの方はなかなか手ごわく、そうは簡単にいきそうにない。

 インゲンは、豊作に気を良くして、別の畝に種蒔したので今年は今後もまだ楽しめそうである。それ以外では、夏本番のオクラがこれからは食卓に上がってきている。

 トマトも結構収穫できているたが、今年は、お店のトマトがかなり高いので、結構家計にとっては助かっているみたいである。

 家庭菜園を始めて2年目であるが、何とか、収穫が出てきたというところである。

 ところで、今年は2株ほど小玉スイカを植えたのであるが、なかなか着果しなかった。やっと今日の時点で5個ほどの着果を認めた。そうなると鳥害などが心配になる。防鳥ネットも結構高い。そこで思い立って、スイカの区画(非常に狭いものであるが)を麻紐で覆った。鳥が来ようとすると紐に当たるので、鳥が嫌がるというものである。NHKの趣味の園芸に載っていた話である。多分これで大丈夫と思う。心配なのは我が家には猿が出没するという噂があることである(私は見たことがないが)。しかし麻紐で囲ってまずは一安心である。

 そろそろ秋のための種蒔などを考えなければいけない時期になったきた。また大変だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月 1日 (月)

料理教室での成果の伝授-博多蒸し

 3ヶ月間の料理教室の基礎コースを終了したばかりである。この間に作った料理の中でまだ、我が家では(家内が)トライしたことがないメニューがいくつかある。この週末にその一つにチャレンジした。博多蒸しである。家内もこのメニューには挑戦していなくて一度作りたいとは思っていたようであるが、我流ではなかなか手が出なかったようである。

 白菜、ニンジン・椎茸、豚肉、を順番に、そして繰り返して重ねていく、という料理である。白菜や豚肉の下味のつけ方が我流では分かりにくいものらしい。基本的には教わったとおりやるだけのことである。材料を重ねて行って最後に蒸すという作業になる。

 この蒸すときに器として「流し缶」というものを教室では使用していた。家にはそんなものはないし、わざわざ買い求める、という気にはならないものである。いざ作業を始めてみて、さてどうしようかと困った。家内に相談しても彼女は初めてでどんなものが良いか皆目分からない。オーブン皿でもよいかと思ったが、形がどうも整わない。四角っぽい皿で、上が開いたような(斜めになっている)皿が候補に上ったが、やはりどこか、流し缶のようには整形は出来そうもない。

 そうこうしているうちに、真四角な皿の器がでてきた。上も開いていない、斜めになっていない、真四角である。これでよい!ということで決めた。しかし、陶器の器にしたら、流し缶の内側のもの(どういう呼び方がよいかは知らないので、ここでは「内缶」と呼ばせてもらう)がない。それがないと、蒸しているときの汁(後であんづくりに使用する)を集めるのが大変だ。これもいろいろ考えて、アルミフォイルを二重にして内缶用のものを作成した。万々歳である。

 こうやって、博多蒸し(下の写真。見てくれは必ずしも良くないが)が完成した。奥様にとっては始めての料理である。料理屋でも出てきたことはない。美味であっさりしていて、非常に良いものであった。料理教室で勉強したものを無事に我が家の料理として移行できて一安心である。料理屋でほとんど出てこないのも、少々手間と時間がかかるという理由であろう、と勝手に思ってしまう。もし今度料理屋で出てきたら食べ較べてみよう。

R0010082e21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月30日 (日)

旧型ホームベーカリーに天然酵母を使ってみた

 我が家では長年ナショナルのホームベーカリーを使用している。型番がSD-BT5というものだから、初期のものである。パン屋さんの食パンはどれもこれも口に合わない。高いパンはバターが多すぎて美味しくない。安いパンの方がより美味しいと思うが、やはり食べ続けることはしんどい。そういうときに、初期の頃のナショナルのホームベーカリーを購入した。今から10数年前と思う。

 20年も前になるであろうか、ナショナルがホームベーカリーを初めて発売したときはマスコミ的には評判になった。電気屋さんで試食させてもらったときは美味しいとは思わなくてその後下火になっていった。しかし、ナショナルでは、地道にホームベーカリーの条件検討を続けたらしい。そして、出たのが私が購入したホームベーカリーであった。その機種の発売のときはそんなに宣伝もしていなかったようである。あるとき新聞記事をみた。その内容は、「宣伝もないのにその機種が結構人気が出ている、ナショナルが捲土重来的に開発したものだ」、ということであった。どこを工夫したのかという説明があって、それを一応信じて購入し使い始めたものだった。また、パンミックス(パン粉)もナショナルが途切れることなく供給していることも知って安心して使い始めた。

 SD-BT5はドライイーストのみ使用できる機種であり、また、ドライイーストも、夏場の暑いときはうまく行かなかったりして、かなり焼き失敗もした。しかし、味はなんとか納得いくものであり、時々パン屋の食パンを購入してみるもののホームベーカリーの食パンにまたもどってしまう、ということを繰り返してきた。

 今になって少々時間的にもゆとりが出来てきたし、いま作っている食パンももっと美味しくならないものか、という遊び心を最近持っていた。そういうときにある食料品店(スーパー?)にいったとき、「天然酵母」というのが目に入った。家にあるホームベーカリーはドライイーストしかつかえない、ということをすっかり忘れてしまっていた。試みに使ってみるには少々高かったが、もし、美味しいものができれば、ということ思いで、だめもとで少し購入した。

 さて家に帰ってパンを焼こうとしたときに取扱説明書をひも解くと、ドライイーストしかダメのようであることが書いてあってどうしようかと思った。せっかく購入したのだからパンミックスがだめになっても何とかしてパンを焼いたらという気になって、とりあえず、従来のドライイーストは使用し、それに天然酵母を追加して焼いてみることにした。

 4時間後に焼きあがった。早速取り出してみて、香りをかいで見ると今までのものとは違う良いものがする。そして、熱いながらパン包丁で切ってみる。今までだとなかなか切れなかったのが、軽く切れる。食べてみる。やはり今までとは違う。昔、カナダのケベック市を旅行したことがある。30年近く前のことである。そのとき市内遊覧観光バスにのってみた。観光地でもないある田舎の道端でバスは止まる。パンを焼いているおばあさんのパンの釜の前で止まったのだった。焼きたてのパン、釜から出したばかりのパンをみんなしていただいた。そのときのパンの美味しかったこと。二度とそんなパンにはありつけないと思ったものだが、今回焼きあがったものはそれに近いとはいえないかもしれないが、一歩も二歩もそれに近づいていた。

 購入した天然酵母がホシノ天然酵母であることを後で知った。そして、私の購入したホームベーカリーSD-BT5の後継機種以降は全部天然酵母対応となっているのを始めて知った。しかも「ホシノ天然酵母」対応であった。ホシノ天然酵母の使い方としては、まず、生種を作ってそのあとでホームベーカリーで7時間で焼いていく(ドライイーストは4時間)ということであることも知った。今回、生種も作ることを知らずにドライイーストの設定で、また、焼く時間も異なっていて、無茶苦茶焼いて、よくもレベルアップした食パンが出来たものだと、後になって感心してしまった。

 こうして、ドライイースト用のホームベーカリーでも天然酵母を無理やり使って美味しく食パンが焼けることを体験した。ホシノ天然酵母対応のホームベーカリーで焼いたらどういう味だろう。もっともっと美味しいのだろうと思う。しかし、頑丈なホームベーカリーがつぶれない限り、新規購入するのははばかれる、というのが我が家の大蔵省(財務省か?)の言い分だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)