« 2012年12月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の1件の記事

2013年4月 5日 (金)

今日サルの出没。今年もサル被害が痛い。

 わが家の敷地内に家庭菜園が出来る場所を作り、そこで、野菜を栽培している。

 しかし、この数年、サルの被害が増してきた。そして、今年は、トマト、ナスの栽培を止めた。サツマイモも止めることにした。そういうことを考えていた3月ごろ、散歩で近くの寺院を歩いていた時、サルが3匹ぐらい悠々と歩いているのを目撃した。襲われては困るので早々と退散した。

 その後、散髪屋さんでもはぐれ猿が目撃されている話を聞いた。幸いわが家には現れていないので安心しきっていた。

 今朝、窓をあけると、隣の家の駐車場のワゴン車の上にわが家の所有物が散らかしてあるのを発見。そのものとは、家の木々に鳥が来るのでひまわりの種でもやろうと思い、ひまわりの種を入れておいた容器である。その容器がワゴン車の上にあり、中のひまわりの種もワゴン車の上に散らかっていた。早速掃除をさせてもらったが、問題は、犯人である。まず、人間ではありえない。カラスか、と思ったが、カラスがプラスチックの容器を食わえるのは難しかろう。となると、サルか。まさかと思ったが、木につけていた鳥の巣箱も何者かが触った形跡があった。やはりサルか。しかし、証拠がない。

 昼になった時、家内がサルが叫んだ。鳥の巣箱の近くにサルがいた。追い払おうかと思ったものの家に入ってこられたら困るので、そのままにした。そして、サルはどうするのか見ていたら、朝、片付けたひまわりの種入の容器を大事そうに抱えてもっていったらしい。家内がその様子を見ていたが、私は写真を取るのに一生懸命だったのでそのシーンは見ていない。

 下に犯人猿の写真を載せておいた。画像は網戸越しの写真なのでぼやけています。これがわが家の敷地内での実態なのですよ。カメラからほんの3mぐらいしか離れていない。

Sshukusendsc_0843nx2

Sshukusendsc_0850nx2

 ひまわりの種なら何年も同じ所においていて、サルも家庭菜園の畑には出没しているのであるが、ひまわりの種を容器ごと持っていかれたことは初めてだった。サルも餌がなくなってきたのかと同情はするものののこんなことでわが家に来られたら、野菜のシーズンにはどうなることか。今年は昨年、一昨年以上に悩ましい年になりそうだ。

 先日も交番から警察の人が来たが、サルが出没したら電話して下さい、私が来ますから、ということだった。そんなゆうちょなこともできない。また警官が来ても逮捕できるわけでもなし。

 先日散歩をしている時に畑をやっている人(定年退職者)に聞いたが、「サル被害のため実のなるものはつくらない、葉物ばっかりだ」ということだった。葉物といっても限りがあるし困ったものだが、今年は家庭菜園にとって正念場になるかもしれない。

[後日後記:4/7]サルは3日やってくるというらしいが、今朝もひまわりの種の容器があるか物色に来た。あるはずがない。そのまま帰っていった。鳥達は地面に落ちたひまわりの種を食べているが、このサルはなぜか食べない。不思議。

 

 

 

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年5月 »