« 6年目にして初めてプルーンの実が1個できました | トップページ | なんとかならんか、ココログの表示の遅さ »

2011年9月 5日 (月)

台風12号(その2):京都の予報と実際の降雨量

 台風が過ぎ去りました。残念なことに紀伊半島には大変な被害をもたらしました。

 京都地方でも、降雨予報(京都の天気予報、Yahoo天気情報)があまりにも多かったのでまずはびっくりしました。

 台風が過ぎましたので、予報と実際の雨量をまとめてみました。9/4の予報については台風一過なので雨はそんなに降らないだろうともって予報の雨量を記録していませんでした。しかし、台風がのろのろ通過したため実際は雨量が多くなりました。

9/2 予報  96mm  → 実際 18mm
9/3 予報 312mm  → 実際 23mm
9/4 予報 未記載 → 実際 93mm

合計 予報 408mm以上 → 実際 134mm

 結果は、予報の1/3程度でした。

 予報が当たったのか外れたのか、今回はあまりにもひどい被害がでたところが多かったので何とも言えません。

 東日本震災でもあんなに大きな津波が来るとは予報すらできなかったし、予報が正確だったとしても、短時間では対応が出来たかどうか。

 今回も紀伊半島では予想を超えた記録的な雨量で(びっくりするような予報はテレビでも言っていましたが)予想しなかったような山崩れなどが起きているようです。

|

« 6年目にして初めてプルーンの実が1個できました | トップページ | なんとかならんか、ココログの表示の遅さ »

天気・気象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6年目にして初めてプルーンの実が1個できました | トップページ | なんとかならんか、ココログの表示の遅さ »