« やっとペチュニアが花いっぱい | トップページ | 大震災17:平泉で大文字送り火が行われた »

2011年8月15日 (月)

民主党はまず「党内大連立」が必要なのでは

 8月下旬に予想される民主党代表選挙を控え、小鳩一派以外の立候補予定者、実力(?)者がいろいろ発言している。「自公との大連立」が必要とか、いやそれは難しい、とか。しかし、「党内大連立」を目指すとして公言いる人は一人もいない。

 国民から見て、自公との大連立も難しいが、党内大連立のほうがはるかに難しそうだ。自公との大連立問題、マニフェスト問題で、民主党内の差はあまりにも大きすぎ、一つの党とは言いがたいものがある。

 民主党代表選挙の結果はどうなろうとも、(自公より意見の差の大きい)党内野党が生まれ、たとえ自公との大連立が出来ても、党内もまとまらなくて、国民生活、外交は一つもよくはならない。与野党のねじれだけではなく、与与党のねじれも絡んで、解決のしようがない。

 また、候補者の実力から見て、以上の問題を目の前にして、代表選挙には何一つ期待できない、という情けない事態になっている。鳩山首相以来のうっぷんのマグマがますます溜まってくるしかない。こうして、先行き不安な時代へ、お先真っ暗な時代へどんどん突入していくのかと思わざるを得ない。

 民主党が党内大連立ができないのであれば、もう、党が割れて総選挙をやってくれたほうが、まだ期待が持てる。しかし、そういう元気のある政治家は与野党通じていないようである。このまま国会議員の任期一杯までの2年間政治は渋滞したままで、ますます、衰退していく日本になっていくだろうと思われる。残念な国になってしまったものである。

 

 

|

« やっとペチュニアが花いっぱい | トップページ | 大震災17:平泉で大文字送り火が行われた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっとペチュニアが花いっぱい | トップページ | 大震災17:平泉で大文字送り火が行われた »