« 4年目にして初めてアーモンドの実が1個出来た | トップページ | 糊のついたハサミの復活 »

2011年8月22日 (月)

Firefox6になってURLバーがすでに2回も消えた-我慢の限界か

 Firefoxを愛用しているが、Firefox6が8/17(日本時間)にリリースされ、すぐにバージョンアップした。

 そして、今日8/22までまだ5日しかたっていないが2回も、URLバー(アドレスバー)が消失するという運命に見舞われた。どういう操作をしているとそうなるのか、という症状がつかめない。ただ突然無くなってしまうという状況。しかも2回は全く違う状況で消失している。わけがわからない、という狐につまされた状況。こんなのはこのところ経験したことがない。パソコンの初期のころの「質の悪いソフト」を髣髴とさせる症状だ。6週間ごとにバージョンアップするらしいので、この状態で、あと少なくとも5-6週間は我慢しろ、ということのようだ(途中でバグフィックスがあることは期待できそうもない)。

 その都度『Firefoxのアドレスバーが消えた場合の対処方法』にお世話になった。Firefoxがこんな不安定なブラウザとは思わなかった。

 このブログのアクセス記録を見ていると、思いなしか、Firefoxを使ってアクセスしている人が減っているのに気付いた。スマートフォン、Chrome、Safariが増えており、それらとあまり変わらないようだ。

 また6週間おきにバージョンアップ(?)があるようなので、次に何が起こるかもしれない。

 結構長い間Firefoxとはいらいらしながら付き合ってきたが、もうそろそろ我慢の限界か。GoogleToolbarはとっくの昔にFirefoxから手を引いている。

 移行するとしてもいろいろ問題がある。Chromeではブックマークのサイドバーが出てこないし、nifty cocologの編集がHTLMになっていたり。Safariはインターフェースが慣れていないし。

 当面は、複数のブラウザを使い分けるのが良いのかな。とりあえずFirefoxとChromeは常時立ち上げることにした。

[後記] どうやら、「ツールバー」を「カスタマイズ」すると障害が起こるようです。「カスタマイズ」すると必ず起こるのではなく、何らかの拍子に起こるようです。その時は、メニューバーも死んでいます。厄介なもんです。

[以上は2011-8-22現在のFirefox6の症状で、その後はどうなっているかわかりません、あしからず。]

「後記2011-9-3」8月30-31日にFirefox6.0.1にバージョンアップされてから数日ですが、上記の症状は起きていません。改善したのかもしれません。

|

« 4年目にして初めてアーモンドの実が1個出来た | トップページ | 糊のついたハサミの復活 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4年目にして初めてアーモンドの実が1個出来た | トップページ | 糊のついたハサミの復活 »