« テレビに「KAN(菅)フィルター」をつけてほしい | トップページ | 老醜 »

2011年6月24日 (金)

大震災15:関電自身が15%節電をどうするのか2週間たって聞いたことがない。

 2週間前に関電は15%節電を要請した。それから各自治体、各社、15%までとはいかないがそれぞれの数字を出してきている。

 けしからんのは関電自体がどう節電するか一言も聞こえない。他人には根拠のない15%という数字をいいながら、みずからはゼロ回答だ。

 変な会社だ。東電もおかしいとこれがあると思ったが、関電はそれ以上。もし原発事故が想定外にせよ起こったら、関電の対応の悪さからせて、フクシマ以上のものが起きてしまう、と心配して当然だろう。

 そしていまだに、オール電化の取り下げもしていない。片方で電気を使うようにもっていきながら片方で節電。オール電化で増えたものを、我々は負担する気は一切無い。

 原発は安全、とまた変な大臣が言っている。問題は原発が安全かどうか、とうことではなく、想定外にせよ、一旦事故が起こったら手におえない、というのが問題なのは当然でしょう。40年前にはそういう議論があったはずで、いつしか自民党政府はそれを封じ込んできて、フクシマが心配通り起こった。全部の原発を今止めて、福島のひとが自宅に戻れるようになって初めて原発を再稼働するのもひとつの方法かもしれないが、フクシマにひとが永久に自宅に戻れることがない、という心配が最近出つつある。

 「ぬるま湯のカエル」状態の関電という会社には、何も考える姿勢すら見えてこない。原発に浸りこんでいる。関電にとってフクシマは他人事、という雰囲気すら受ける。安全というなら、まず、社員が原発所在地(5km以内)に住むべきと思う。

|

« テレビに「KAN(菅)フィルター」をつけてほしい | トップページ | 老醜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テレビに「KAN(菅)フィルター」をつけてほしい | トップページ | 老醜 »