« 大震災13-雑感-情報公開についての政府首脳の変節ぶり | トップページ | ビンラディン掃討作戦でのビンラディンの暗号は人種差別を感ずる »

2011年5月 1日 (日)

京都春の古本まつりにいってきた-2011-5-1

 今年も京都恒例の春の古本まつりが今日から開催された。早速雨の天気予報のなか自転車で出かけた。

 2時間近く回りわずかではあったが図録1冊と古書4冊をゲットした。

 4冊の古書の(初版)出版年は、1961年、1964年、1970年、1977年で、本当に古い本ぱっかりとなった。しかも4冊のうち3冊が函入り本であった。あたらしい本よりこういう本のほうが我々には読みやすい。

 今回は、古本まつりに行く前から予め、ズバリこの本、とか、こんな分野の本、とか、こんな感じの本、とか考えて行った。

 目的の8冊(或いは8分野)のうち3冊見つかった。それらの本を見つけたときは興奮してしまった。なぜ、Amazon Marketplace などにないのものがここにはあるのだろうか、こんな本がこんな価格で良いのだろうか、とかいろいろ変なことを考えてしまう。

 何回か古本まつりには行っているが、こういうことは殆ど無かったので、次が楽しみになってきた。次は納涼古本まつりで8月だ。いや5月5日まで古本まつりはやっているのでもう一回いこうかな。

(以上5月1日の分)

[後日後記5月4日]

 古本まつりの最終日の前日の今日、また古本まつりに行ってきた。何故か今年は、もう一度行きたくなったので。毎回古本まつりは初日に行くことをモットーにしていた。めぼしい本がなくなったらと心配するためである。今日行ったところなんとかなり空いていて、初日とは違い、人にぶつけられることもなくゆっくり参加できた(お店の方も、多かったのは初日だけ、ということだった)。人とぶつかってもお互いに、すみません、と言葉を交わせるだけのいい意味での余裕があった。初日にはそんな余裕は全く無く、ギスギスした日本の会社社会を反映した雰囲気であり、また変な爺さんがなんのためか粘って頑として場所を譲らなかったり、残念であった。

 最終日に近いのでめぼしい本が無いだろうと思っていたが、なんと、めぼしい本が見つかってほっとした。全部で3冊購入しただけであるが内容的には今回も充実していた。

 これでゴールデンウィークは終わりそうである。






 


 

|

« 大震災13-雑感-情報公開についての政府首脳の変節ぶり | トップページ | ビンラディン掃討作戦でのビンラディンの暗号は人種差別を感ずる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大震災13-雑感-情報公開についての政府首脳の変節ぶり | トップページ | ビンラディン掃討作戦でのビンラディンの暗号は人種差別を感ずる »