« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の7件の記事

2011年4月22日 (金)

大震災13-雑感-情報公開についての政府首脳の変節ぶり

 なにもかもあほらしくてあまり書く気もしないが、一言。

 政府首脳が若かりしときに某大臣だった。その時に薬害事件があり、担当省に乗り込んでいき、情報公開を求める物理的行動に出た。

 その政府首脳が、偉くなったら、連日高価な晩食を食べたり、原発事故関連ではとてもじゃないが、情報を公開しているとは言えない姿勢を貫き通している。

 人間って、そんなに変われるものなのか。厚生大臣だったあの時の行動はどう理解すればよいのか。不可解!単にパーフォマンスだったのか。カイワレ大根を食べたり、中途半端なお遍路さんをやったり、政治家がパーフォマンスだけで生きていってよいのか。類稀なる政治家とは思わなかった。人間としての質を疑う。お遍路さんをやるのと首相をやるのと同じ感覚でやっているのではないか、と疑ってしまう。それが政治だと思っているふしが感じられる。

 世の中で生きていくのはそういう変節が必須なのだろうか。人生も末期になってこんなことを考えなければならないとは。「人間」というものが情けない。また、今は、大震災で「連帯、絆」と言っているが、万事治まれば、また元の木阿弥。阪神震災の時もそうだった。地震当時は社員同士の連帯的なものが感じられたが、治まってしまえば、もとの喧嘩状態に。そして日常的に延々と続く喧嘩状態に簡単に戻った。数ヶ月で元に戻った感がある。あのときに連帯とはなんだったのだろうか、と16年たった今でも思っている。

[後日後記4/28]報道によると、『武村正義元官房長官は「首相には期待していたが、こんなにポストに固執する人間だとは思わなかった」と酷評』したとか。首相にとっては、すべてが、権力にすり寄るため、権力にしがみつくためのパーフォマンスだったようです。そういう人とは思わなかった。

| | コメント (0)

2011年4月18日 (月)

昨年失敗したイチゴ栽培だが今年は開花した-及びその他の花々

 家庭菜園を初めて6年ぐらいたつが、イチゴについては栽培していなかった。近所の人に聞いて栽培したイチゴはおいしいとかで、一昨年からランナーの作成をして、昨年春、開花を待った。しかし、待てど暮らせど葉っぱは伸びるものの蕾はつかなかった。

 もうやめようかとも思ったが、わずかばかりをプランターに植えて、もう一度チャレンジすることにした。

 待望の蕾は今年4月10日頃出来た。そして、今日最初の花が咲いた。

Sdsc_1485nefedit

 蕾はたくさんあるのでこれから次々咲いていくものと思う。

 昨年失敗し、今年は成功した原因は明らかではない。イチゴは、ランナーから「太郎、次郎、三郎、四郎、、、」などができるが、病気を避けるために太郎は捨てたほうがよい、というのが頭にあった。

 そこで、一昨年はたくさん苗が出来たので、太郎だけでなく、たくさんの次郎を捨てたような記憶がある。若い株だけ定植した記憶がある。

 昨年秋の定植時は苗が少なかったこともあって、ほとんどを次郎を植え、わずかに三郎を植えた。これがよかったのかもしれない。実際わずかに植えた三郎には半分程度しか蕾が付いていないのだ。

 また昨年から今年にかけて、プランター栽培のため、液肥を欠かさなかったのもよかったのかもしれない。

 とにかく花は咲くのであとは、実がトリたちに取られないようにするのが大事だ。我が家にはアーモンド、グミなどがあるが、全部トリかムシに食べられてしまい、アーモンドの実などおいしそうにできているのであるが食べたことがない。イチゴもそうならないように。また、サルも時々出没する。サルはイチゴを食べるのか?(←多分食べると思う)。

 イチゴ以外にもいろんな花が咲いているので写真に撮りました。

Sdsc_1478

↑アーモンドの花

Sdsc_1487

イタリアンパセリの花
ではなく、イタリアンパセリの近くの雑草の花でした。

Sdsc_1492

↑パンジーの花

| | コメント (2)

2011年4月17日 (日)

大震災12-ぼやき なぜか私には空しく聞こえる 『東電 事故収束工程表』

 事故収束工程表の発表があったようだ。

 事故の経緯、事故の原因、など、隠し隠しておいて、いまさら「収束」とは、何?唐突である。なぜそういう感覚になるのか、なぜそういう「収束への工程表」が書けるのか。

 昨日、今日と、新たなトラブルが見つかりました、とか、圧力容器の温度が上昇しています、ドレインの水が上昇しています、などなどの報道があったばかりだ。

 そもそも「収束」に向かっているの?工程表は、国民に事故は収束に向かっていますと教唆するためのものなのか。工程表通り事態が運ばなかった場合はまた「想定外のことが起こったから」とでもいうつもりなのか。

 具体的な情報が聞けない私にはなにもわからない。『大本営発表、春の大芝居「事故収束工程表」』という感じでしか聞けない。

 今の内閣が何を言おうとも、また今の内閣があってもなくてもいてもいなくても一緒。無いに等しい。国会議員の方、どうぞ「政争(民-民、民-○、民-○、・・・、などなどたくさん)」を続けておいてください、国民は私たちで立ち上がるから、と言いたくなるもんだ。

[後記]工程表発表後、すこし前進、との信じられない発言が内閣のトップから。発表前後で事故は何一つ前進していないではないか。やっぱり、国民をたぶらかすものだったのか。(最近は国民も賢いので騙されない)。

 

 

| | コメント (0)

2011年4月16日 (土)

大震災11-ぼやき 今さら 『「原発ほぼ制御不能の所まで行った」某補佐官』とか

 原発事故(3/11)以来、1っか月以上たって(4/16)  『「原発はどん底までいった。ほとんど制御不能のところまでいった」細野補佐官』とか。

 今さら言われても。

 どん底まで、とはどういう状況だったのか、補佐官が説明はしたのかしていないのかは不明だが(もし言っていないのであれば疑心暗鬼に拍車をかけることになる)。

 この一言を持って、いかに首相が1ヶ月以上にわたって隠ぺい工作をしてきたかがわかる。はたして「制御不能」になった場合に、どう公表していたであろうか。おそらく隠ぺいに隠ぺいを重ねただろう。そして「現時点では安全」と繰り返しただろう。

 「原発ほぼ制御不能の所まで行った」以外に隠ぺいしているものは無いのだろうか。世の中は疑心暗鬼だ。こんな隠ぺい状態では「風評」が出てくるのも当たり前で、すべて首相の責任だ。

 政局的には、小沢氏寄りの細野補佐官の発言は、菅退陣を叫んでいるような発言にしか聞こない。

 最近、枝野氏の『大本営発表』会見よりも、外国がどう反応し、どう行動しているのか、を見るほうが、真実に近い感じがしている。日本国民には真実を言わなくても外国には真実をいっているような感じがする。残念なことに外国にどう説明しているのかすら日本国民には分からない。しかし、状況判断するとこの一か月外国がどう反応し、どう行動しているのか、を見るほうが、真実に近かった感じがしている。

 外国の報道では過去に「東電の50人の勇士たちを日本人はなぜほめたたえないのか」という話があったと思う。日本人は何に知らされていないのに「なぜほめたたえなければならないのか」といいたくなる。しかし、「ほぼ制御不能の所」まで行っていたとすれば、外国の報道も若干は理解はできよう。しかし、なにしろ、いまだに「ほぼ制御不能」と聞くだけで、何が起こっていたのか、勇士たちは何をしていたのか、首相は国民には「見ざせない、聞かせない、言わせない」の一本やりでさっぱりわからない。しかし、外国は「勇士」であることが分かっていたわけで外国には何かを言っているのであろう。国民の非常事態のおいてすら、このように「非民主的」な政権(「民主」党というらしいが)には早急に退陣してもらいたいものだ。事故そのものも恐ろしいものであったと同じように政権に恐ろしさを感じてきた。

| | コメント (0)

2011年4月12日 (火)

大震災10-ぼやき またしても原発関係者の嘘が明らかに。「保安院 レベル7に引き上げる」

 福島原発事故以来、原発関係者・政府・会社があれだけ「チェルノブイリとは本質的に違うのだ。レベル7には行かない」と言っていたが、1か月嘘をつきとおした挙句が「レベル7、すなわちチェルノブイリ並み」だとか。

 事故発生時原子炉が臨界状態であったかどうかではなく、我々に対する被害がどんなものか、という予測ができていたのか、あえて嘘を言ってきたのか。

 政府関係者はもとより、難しい勉強をしてきた原発関係者の学問的能力・人間的本性を問いたい。大学の原発関係者にはそういう嘘が平気で言える人間とは思われない人間しかなれないのか。そういうのが大学の実態なのか。大学一般にそういう輩ばっかり生き残る。

 定年まで、大学、会社と排除され続けてきた私であるが、私のほうがまともだと、言いたくなるのが、この1ヵ月間通じた思いである。

 また政府のほうは、「日光のサル」よろしく、「見ざる、言わざる、聞かざる」を決め込んでいて何もしない。今はなんとか、些末なことのみ聞いて大本営発表よろしく、「今は、心配ない」とだけ言っているように聞こえる。しかし、知らず知らずに国民のほうは集団自決するしかない方向へいく、という「原発のアッツ島作戦」のようなことをやっているのかよという印象を持ってしまう。

 今さらレベル7と聞いても、我々としてはじゃあどおしたらよいの、というだけでどうしようもない。レベル7でも「さしあたってなにも心配ない」といいたいげ、だ。そのうち、国民全体に避難命令がでるのかよ。避難しようがないので・・・・・、とアッツ島もどきになるのか、そうならないことのみ願うしかない、というい我々は哀れな国民です。







 

| | コメント (0)

2011年4月 7日 (木)

素焼き粘土像の練習3-舞妓さん

 粘土で舞妓さんを作り、素焼きして、着色してみました。20cm程度の高さの作品です。塗りのほうは淡彩色風にと思って塗り始めましたが、極彩色風になってしまいました。

Sdsc_1433nefedit

| | コメント (0)

2011年4月 3日 (日)

ジョウビタキ雌の訪問がなくなった

 昨年末から3-4か月毎日何回も顔出してくれたジョウビタキ雌が昨日(4/2)からプッツンと顔を出さなくなった。今年の北帰行は4月2日となったようです。

  京都の年末の大雪の時にも顔出していました。もう一度写真を載せます。

R0010457_s

 3-4か月ですがまた今年の年末までさようならです。

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »