« 大震災3-公共広告機構の反復CMはやめてほしい | トップページ | 大震災5-圧力容器損傷-われわれはなんていう国にすんでいるのか »

2011年3月25日 (金)

大震災4-第3号機原子炉損傷の可能性-今後どうするんだ、が聞けない国民の悲しさ

 2011/3/25現在、第3号機原子炉損傷の可能性、とか。今回の原子炉事故発生の当初から、外国の人に指摘されていたものが現実化してきたようだ。指摘通りにならないように願ってきたが。

 原子炉事故の対策が、途中から使用後燃料対策になっていて、原子炉本体の対策はどうなっているのか、全く情報がなかった。原子炉本体内に早く水が流せることを目標にしていたのかもしれない。その間に、原子炉本体が損傷しているかどうか調査したとも聞いていない。

 そして、昨日の作業員の大量被ばくでもって、第3号機原子炉損傷の可能性という真実をやっと喋り始めた。しかも、第3原子炉損傷の可能性がある、ということだけを。そういうとんでもない話をお役人が『冷静に』、馬鹿みたいに『冷静に』、テレビでしゃべっている。

 国民は、『今後どうなるんだ、どうするんだ』、が聞けない悲しさ。やはり、情報は遮断されている。そして、最悪の事態に備えた対策があるのか、が聞けない悲しさ。原発をコンクリートで封じ込めるのかどうか、が聞けない悲しさ。

 だんだん大東亜戦争の「大本営発表」に似てきた。都合の悪いことは、見ざる、聞かざる、しゃべらざる。それに加えて、考えざる、だ。

 そのうち「日本沈没」「日本脱出」になるのだろうか。原発20-30kmは「避難命令」に近づいてきた。これも遅すぎるはず。正確には、いまだに政府は避難命令は出していない。

|

« 大震災3-公共広告機構の反復CMはやめてほしい | トップページ | 大震災5-圧力容器損傷-われわれはなんていう国にすんでいるのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大震災3-公共広告機構の反復CMはやめてほしい | トップページ | 大震災5-圧力容器損傷-われわれはなんていう国にすんでいるのか »