« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の7件の記事

2010年10月20日 (水)

絵画教室の展示会めぐり

 昨日、市内中心部にあるいくつかのギャラリーの展示会をいくつか巡ってきた。

 そもそも退職後の趣味として彫刻的なこと(木彫、粘土塑像、仏像彫刻)をやっているが、外がも出来れば良いかもしれないと思い、デッサン等にも顔を出したが、どこかの芸術系大学の公開講座で馬鹿にされてあえなく撃沈した(以前報告済み)。

 どこかよさそうな教室はないかと思いいくつかの展示会をめぐることにし、昨日6つカルチャー(絵画)教室の展示会に行ってきた。どれも頑張って描いておられる様子はわかったが、途中から変なことに気が付いてきた。それぞれの教室で、どの絵も描き方が同じであることである。人は本来個性が強いものであるから、それぞれに自己主張的なものがあってもよさそうなものである。しかし、どの絵も「似ている」のである。例えば水彩画でもいろんな描き方ができると思うが、ある教室ではどの絵も同じような構造(?)で、同じような絵の具の使い方をしていて、コピーした作品がいくつも並んでいるのでないかと錯覚するような印象を持った。改めて、他の教室もそういう目で見ると確かにどれも「似ていた」。そして、「私はこれをこう描きたかったのだ」というのが見て取れないのが残念であった。教室にはいろんなレベルのスキルの人がいるとは思うが、技量の差を感じさせることもないのはどうしてなのか、不思議で仕方なかった。多分、先生と称する人が「介入」しすぎなのであろう、と想像した。どこかの公開講座で馬鹿にされた私がそんなことを言うのはおこがましいかもしれないのであるが下手でも釈然としないのであった。

 その帰り際に、どこかの大学(偏差値の高い大学)の同好会の新人展をやっていたので、立ち寄ってきた。その大学には美術系の学科はないので、みなさん全くの趣味でやっているはずである(卒業後も「絵」の方向に進み人はいないとか)。彼らの絵を見てホッとした。今までのもやもやが晴れてきた。彼らの絵はみんなそれぞれ画風(?)が違うし、それぞれの絵で何を書きたかったのか読み取れそうな絵ばかりであった。どこかの教室の「総コピー展示会」とはまるきり違うものであった。技量そのものは芸術系大学の学生とは違うと思うがそういうものを感じさせないものになっていた。偏差値の高い大学だけに「絵画は頭で描くもの」なのかなと思った。どこかの芸術系大学の公開講座で私を馬鹿した先生は某有名芸術系大学出身のものであるが、明らかに人間的には劣った人と思わざるをえない(教える資格なし)し、そういう人に人をひきつける絵がかけるわけがない、と思わざるをえなかった。

 結局、昨日の展示会巡りでは、私のふさわしい教室は無かった、ということになろう。そういう「カルチャー教室」に参加した場合、私は揉め事を起こしそうである。残念なことである。趣味として彫刻的なこと(木彫、粘土塑像、など)をやっているが、それらもカルチャー教室かそれに近い感じの教室でやっている。しかし、そこでの作品はみんなばらばらで個性があるのである。絵画と彫刻ではなぜそんなに違うのか不思議で仕方ない。

 

| | コメント (0)

2010年10月16日 (土)

我が家の庭にキノコ-カラカサタケ

Sdsc_1046edit  今の家に住みだして5年経たちますが、この秋初めて大きなキノコが生えました。25cmの大きさです。名前はよくはわからないのですが、ネット検索の結果「カラカサタケ」としました。多分間違いないでしょう。

 2-3日前から「幼菌」という状態で、傘を開くのかどうか心配でしたが、今朝傘を開きました。

  多分食べられるのではないかと思うのですが、間違って食べて新聞にのるような事態になったら恥なのでやめます。しかし、食べてみたいです。

[後日後記]『キノコ豊作、毒に注意! 行楽の秋迎え呼び掛け』という記事がでました。「春先の長雨、猛暑、秋口の急激な冷え込みによりキノコが各地で豊作となり、毒キノコが原因の食中毒が多発している。」ということだそうです。カラカサタケも食べたいのはやまやまですが、我慢しときます。

| | コメント (0)

2010年10月15日 (金)

Windows7への移行-その11:地上/BS TVチューナーのB-CAS登録でのトラブル

 パソコン用のデジタルTVチューナーをWindows7機に取り付けたことは以前に報告した。その後いくつかの不満は解消されないまま我慢して使っている。購入後1ヶ月は経過した。

 TVチューナーにBSはついているものの殆どチャンネルを合わせることがなかったが、昨日NHK BShにチャンネルを合わせると、B-CASカードの登録してください、というメッセージが出ているのを発見。B-CASカードの登録は葉書ですでにしているのであるが、NHKにその情報を渡す、というところに「はい」をチェックしたものの全く無視されている。以前にも同じことがおこり、怒りの電話をしたものであるが電話の窓口やNHKに怒っても仕方ない。B-CAS関係はユーザーには多大なことを要求しているが、自らはいい加減であるというありふれたひどい「組織」の一つだ。仕方ないので、改めて、電話でNHKの登録した。

 しばらくして、B-CASカードの登録してください、というメッセージの一つが消去された。しかし、メッセージは実は2つあり、もう一つが消去されない。画面を見ると、「リモコン青ボタン」を押してください、とのこと。購入したデジタルTVチューナーにはリモコンはついていない、別に数千円払って購入しなければいけない。NHKの窓口に再び電話したが、購入したデジタルTVチューナーについての情報は入手していない、とのこと。メーカー(以下A社とする)に電話してくださいとのこと。他社のチューナーの場合には「リモコン」の代わりにキーボードのキーがわかるのですが、とのこと。

 A社に電話しなければいけないのか、仕方ないな、と思いながら、昨日は電話窓口が終了していた。長年A社の製品を使っているが、A社には電話したくない、のが本音。今は知らないが昔は電話窓口で親切に応対してもらったという印象がない。

 デジタルTVチューナーのマニュアルはほとんど、何も書いていない。広げると一枚もののマニュアルが有るだけで、リモコンがない場合の対応なんかなんにも書いていない。

 明日電話するまでに時間があるので、ネットでも調べようとしたが、当然A社のHPには書いてない。こういう会社だ。しかし、それからたどってたどっていくと、やっと発見!リモコンの青、赤、緑、黄に対応するキーボードボタンが記載されているサイトがやっと。こんなものはマニュアルか自社のHPに書いておくべきなのにと思いながら操作すると、めでたく、B-CASカード登録時のメッセージが出てこなくなった。やっと完了か、厄介なチューナーであること。

 余談:以上の作業の間にマニュアル中の片隅に制限事項があることを発見。BDやDVDへ書き込み可能なのは初回出荷後5年、という制限があること。こんなことは、購入時は知らなかったよ。本当にどうなっている会社だ。

 

| | コメント (3)

2010年10月13日 (水)

退職後初めての大阪-マン・レイ展へ

 普通は大阪まで展覧会を観に行くことはないが、今大阪の国立国際美術館でやっているマン・レイ展の招待券が手に入ったので、退職後5年で初めて以前勤務していた大阪の地に足を入れた。

 招待券が手に入ったもののマン・レイ自体は名前はかすかに聞いたことがある、という程度で、たしか写真家だったような、しかしどういう人であったか思い出せなかった。只だったので勉強の一つとして行くことにした。

 たくさんの展示物があり、結構時間はつぶれた。しかし、とくにここで印象をコメントするほどのものはなかった(これは多分私の感性の低さのためでしょう)。

 マン・レイ展より気になったことは、久しぶり、5年ぶりの大阪であるが、大阪の空気がなぜか息詰まるような感じで、若干うつっぽいような、PTSDっぽいような(大阪での昔の悪夢を思い出すような)気分になり、なんとも言えなかった。

 それと同時に、大阪がますます下品になっているのではなかろうかと思えるような現象にも遭遇した。ちょうど昼時間だったのでまずどこかのハンバーガーを食べ展示場へ行くことにした。食後展示場へ向かっている間いくつかのお食事処などの前を通ったが、中之島という一等地にもかかわらず、お店はおしゃれであっても、店員の若い女性の客引きの声はいただけなかった。文言そのものは「○○はどうですか」という普通のものであるが、そのトーンと言ったら、通りがかりの人みんなに訴えている感じではなく、個別の客に対して客引きをしているような雰囲気の言い方で、「もう食べたわ、ほっといてくれ」といいたくなるような感じになった。店員の女性は普通の感じではあるが、なんか、飲み屋のポン引きにでも出会ったような感じになった。不景気にせいか大阪もここまで落ちぶれたかとおもってしまった。退職で大阪から早く撤退してよかった、と感じたものであった。

| | コメント (0)

2010年10月 8日 (金)

「名曲ベストヒット歌謡」-前野曜子を偲んで

 昨日、テレビ大阪で「一挙3時間全75曲 名曲ベストヒット歌謡”魅惑の昭和40年代”」とする3時間番組があった。今のシーズンはTVは特番ばかり放送していて、そうでなくても面白くないTVがますます面白くなくなっているので、またナツメロかと思いつつも「名曲ベストヒット歌謡」の番組をつけていた。

 そのとき、ペドロアンドカプリシャス「別れの朝」がかかってきた(番組ガイドには記載はなかったが)。映像はなし。曲だけ流した(←映像もあったそうです。ながら仕事をしていたので見落としていました)。どうせ高橋マリが歌っているのだろうと思っていたが、それが終わったあと司会の竹下景子(以下、敬称略)が、かわいい「前野曜子」さんでした、と紹介した。はっと思った。前野曜子、って誰だったか。すぐには思い出せないなかった。

 世の中にYouTubeが出てきてもあまり動画の方は殆ど見ていなかったのだが(私の場合のパソコンは「静画」中心)、「前野曜子」でネット検索すると、なんと彼女の映像まで出てきた。そして、前野曜子とその他有名歌手の「別れの朝」の映像もたくさん出てきた。

 しばらくは前野曜子がピントこなかったが、YouTubeで見ているうちにだんだんと記憶を取り戻してきた。あの小悪魔的で、男集団に混じったミステリアスでキュートなかわいい女の子か、ということが。そして、「別れの朝」は前野曜子の歌だったことが。

 そして、いままでなんどもナツメロ番組を見ているが、前野曜子が歌うのは今回が初めて取り上げられたような感じであることも。

 そして、他のうまい歌手(彼女らもほんとうにうまいが)と比べて、違ったウマさ、雰囲気があることをYouTubeの動画で再確認した。

 しかし、いろんなトラブルを起こし早世しただけに、心痛む気持ちも強く、番組が終わっても何回も前野曜子を聴き、いろんな思いからなかなか寝付かれなかった。生まれ年が私と同じでまたびっくりした。私と同じ青春時代を生きていたのだと。今生きているとしたら還暦を超えている。還暦を過ぎても生きている私も結構トラブルだらけの人生を歩んできたので人ごととは思えなかった。ただ、彼女の場合は疾走しすぎたけども。

 こういう上手くて雰囲気のある歌手がその後病気で活躍できずなくなってしまったことが、残念でたまらない。よき昭和40年代の一幕を、よき思い出を作ってくれてありがとう。

[後日後記] このブログを書いている時も前野曜子とは、いまいち記憶がピンとしていないところがありましたが、その後どんどん鮮明になってきました。あのアフロヘアーで、男集団の中で、ミステリアスで、ちょっと浮いた感じで魅力ある歌の上手い子だった、ということが(そういう雰囲気がとてもよかったのですが)。どういう正体の子なんだろう、といつも思っていましたが、タカラヅカ時代があったとまでは知りませんでした。

[後日後記2] コメントくださった方、誤って削除しました。すみません。コメント読んでいますので。

[後日後記3] 前野曜子の記憶がさらに鮮明になってきました。あの当時、ポット出のような感じの無名の子がどうしてこんなに歌が上手いのか、音痴の私は不思議に思っていました(その当時はタカラヅカ経歴まであるとは思いもよりませんでした)。ペトロアンドカプリシャスとしてはどうやってこういう子を探してきてボーカルにしたんだろうかとも。そういう意味で「ミステリアス」だったのでした。しかし、ほとんど一発屋的で、マスコミからも消えていって、その後40年近く忘れていました。別れの朝以後ほとんど活躍できず本当に残念な「歌姫」でした。

| | コメント (1)

2010年10月 2日 (土)

庭に来るシジュウガラの水浴び

 毎年冬はピラカンサなどの実を食べに鳥どもが庭にやってくる。しかし、まだ秋の初めであるが、何をしに来るのかわからないが、鳥どもがやってきている。

 そこで、庭に、園芸用の素焼きの皿に水を入れておいたら、ヤマガラがやってきて水を飲んで行き、そのあとで、シジュウガラがやってきて、盛大に水浴びをしていった。

Ssdsc_1027 Ssdsc_1032 Ssdsc_1024 Ssdsc_1029

| | コメント (0)

2010年10月 1日 (金)

Windows7への移行-その10:困ること(スリープが勝手に復帰)

 Windows7機を購入してほぼ1ヶ月経つ。Windows7機に移行して便利なことが多くXP機にはもう戻れないと思っているが、若干のソフトに「完全互換性」がないのが今だにすっきりしない。また、地デジチューナーのソフトがコピーペースト機能を禁止していることは困りものだ。

 Windows7機の問題はそれくらいかなと思っていたが、この1ヶ月間で何度か「スリープ」状態が勝手に復帰するという現象に見舞われた。一度は真夜中で時間は特定できない。それより回数として多いのは午後8時台で数回見舞われた。

 誰かがパソコンに触ったがために復帰したのかと思ったが、なんども起こるので変であった。そこでgoogle検索したところ「Windows Media Center の更新機能のスケジュール設定」、しかも[mcupdate_scheduled] の設定に問題があるということはわかったものの、毎日「スリープ→復帰」が起こっているわけでもない。いくつかのサイトでアドバイスとしていろいろ記載があり、[mcupdate_scheduled]の設定変更を薦めてくれるところが多い。しかし、そもそも「Windows Media Center の更新機能のスケジュール設定」が何をしているものかわからないため、アドバイスどおりの[mcupdate_scheduled]設定変更をして良いものかどうかわからない(アドバイスは[mcupdate_scheduled]を無効にする、というもの)。

 しばらくそのままにしておいたが、今日Micorsoftのサイトにこの件についての情報(←ここをクリック) があるのを発見した。2010年8月5日の日付のものである(あまりにも最近過ぎる公開ではなかろうか)。 

 いずれにしても、Microsoftのお墨付きがあるので安心して設定変更できる。

 もう一つの症状である真夜中にスリープから復帰した件については未解決のままである。地デジチューナーのソフトが絡んでいるものと思われる。

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »