« Windows7への移行-その7:移行してよかった点 | トップページ | Windows7への移行-その9:便利なところ »

2010年9月23日 (木)

Windows7への移行-その8:地デジTVチューナーを取り付けたものの・・・

 今回のWindows7機への移行に際して一番頭を悩ませたものの一つがTV、地デジのことである。

 今までのXP機では、アナログ放送用のTVキャプチャーボードを買っておいてそれでTVを見るし、録画もし、また、編集後DVDに焼いたりしてきた。

 同じようなことがWindows7機で出来るかどうか。資料を調べてもなかなかはっきりしない。やりたいことは、地デジ(およびBS)放送を見て、録画して、編集後Blu-rayに焼いて、他のBlu-rayレコーダーでも見る、などなど、いろいろあった。

 しかし、Blu-rayのトライブについて、あるパソコンのBTOのショップでは、「読み取りのみ」という制限が付いているところがある。別のところでは、Blu-rayで「読み書き」できる、というところもある。なぜBTOのショップでそういう違いがあるのか、調べれば調べるほどBlu-rayの世界は厄介そうだ、という疑念が募ってくるのみであった。

 一番お目当てにしていたパソコンは、拡張スロットが少ないので、はじめからいろいろ揃えていたらすぐにスロットが一杯になるので、需要に高いものに絞ろうと考えた。

 果たしてパソコンでTVを見るのかどうか、録画するかどうか(番組を持ち運びするかどうか)、編集するかどうか、などなどについて検討した。

 その結果、パソコンでTVはみる。録画することもあるかもしれない。しかし、Blu-rayレコーダーは半年前に購入したばかりなので、パソコンで録画する頻度は少なかろう。編集などはすることもないだろう、あるとすれば、アナログ放送の録画を再編集してBDに焼き直すくらい(しかし、TV放送のスナップショットはしたい、という気持ちはある)。

 ということで、パソコンではTVを見るだけにして、録画するとすればとりあえずはDVDにして、我慢できなくなればBlu-rayのドライブを追加購入しよう、ということにした。

 そこで、地デジ(BS)チューナーとして、外付けのUSBタイプのものを買った。購入後2週間ぐらい経つが、録画してみようという気は一切起こってきていない。それよりもチューナー自体に不満だらけ、今まで使っていたXP機のアナログ放送用のTVキャプチャーボードと比較しても不満だらけ、という現状である。(以下、私個人の感想です。あしからず)。まず添付のソフトでTVをみるのであるが、そのソフトの使いにくいこと。操作的にいろいろ不満だらけ。チャンネルの切替もおそいのはたまらない。番組情報の取り込みに時間がかかりすぎる(アナログ放送用のもののほうがずっと速かった)、メニューの配置などに統一性がない、設定変更を保存してくれない、その他もろもろ。

 チューナー自体の問題ではないが、著作権保護のためか、チューナー用のソフトを動作させると、その瞬間から、Excelのセルコピーができなくなってしまう。パソコンでTVをというときは、パソコンで作業しているときに「ながら」的にTVを見る、ということであるが、Excelのセルコピーを伴なう作業をするときにはTVを切らなければいけない。全くの想定外であった。

(後日追加:Excelのセルコピーだけでなく、PhotoshopElementsのコピーも出来ないのに遭遇しました。こういうことは仕様の中に記載しておくべきだと思う。仕様といえども記載していないのは、会社のモラル、品位が問われてもおかしくないのではないでしょうか)

 もうひとつ問題がある。それはTVの放送内容がますますつまらなくなってきていて、時間帯によっては視聴するに耐えなくなってきている。これでは、パソコンでTVを、という本来の目的が叶えられないことになる。

 というもろもろの理由から、TV以外に、と思っているときに、関西地方ではradikoというものが最近できて、6社のラジオ番組がパソコンで(ネットで)聞けるようになった。これはありがたい、ということで聞いてはいるが、どうも納得できない。私の聞きたいのは、αステーション、NHK-FMである。この2つはradikoでは聞けない。

 TVも今ひとつ、radikoも今ひとつ。ということで、古いラジオをひっぱりだして、パソコンのそばにおいてみたが、どうも場所的に収まりが悪い。操作もパソコンとラジオという2つになり不便である。

 そこで、5-6年前にレアモノのショップでUSB Radioなるものを買ったが使っていなかったものを引っ張り出してきた。これでラジオが聞けるかどうか。まずは、Windows7にインストールできるかどうか、であったが、簡単にインストールはできた。しかし、音が一切はいらない。マニュアルも親切には書いてない。Windows7ではインストールはできても動作はしないのだろうと思いアンインストールした。しかしまた思い立って再インストールし、また動かないのでアンインストールした。

 こういう事を数回繰り返し、やっと今日、USB Radioが音をだしてくれるようになった。今までなにが悪かったのかわからないが突然出るようになった。

 しかし、電波状態は悪くて(補助アンテナもない)、なんとか聞けるのはαステーションだけである。しかしそれでも大満足である。

 Windows7機への移行の目玉のひとつが、地デジ放送であったが、それに満足できなくて、アンテナなしのUSBタイプのラジオにまで引っ張り出してきた、という意外な結末である。

|

« Windows7への移行-その7:移行してよかった点 | トップページ | Windows7への移行-その9:便利なところ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Windows7への移行-その7:移行してよかった点 | トップページ | Windows7への移行-その9:便利なところ »