« Windows7への移行-その2:古い古い機種の処分 | トップページ | Windows7への移行-その4:新機種のセットアップ開始 »

2010年9月10日 (金)

Windows7への移行-その3:いよいよ新機種へ

 「Windows7への移行-その1」に書いたように、いろいろ検討してきた。その間、ネットショップのサイトで電話を何回も掛けた。3-4回は掛けたと思う。

 『SSDは壊れませんか。』

 『グラッフィックボードは、何がよろしいのでしょうか。CAD用のものか、そうでない(ゲームなど)ものか。』

 『アホなことであるが、ディスプレイのアナログ-デジタルの切り替えはどうなっているのか。』

 『光ディスクドライブの制約が多いのはなぜでしょうか。』(地デジ化、Blu-Rayディスクの登場に伴い、著作権保護でガチガチの固めているので、なぜそういうスペックになっているのかわからないことが多い。そのため、買う方としてはなぜそういう制約になっているのか、何がどこまで使えるのか、どこまで使えることが許されているのか、どうに使うようにしたらよいか、を予め知っておく必要である。結果として、Blu-rayドライブは諦めた)

 などなど。

 なぜだか、Windows7自体については質問しなかった。

 それらやネットで調べたものをもとにカスタマイズしていって、大体の線が出てきた。

 ひとつは、ソフト類は従来のものが利用出来るのであればできるだけ利用する、どうしても困ることが出てきた場合にはその時必要なもののみ買う。

 もうひとつは、プチ贅沢をして、(a) SSDを買う、(b) 画像処理ソフト用にグラッフィックボードを少し高めのものにする、ということである。

 ある一定の線ができてからは数日間はカスタマイズも変更がなくなっていた。

 そろそろ、買いどきかな、という状況になってきたが、昔みたいに闇雲に欲しくなる、という感じではない。それは年取ってきたせいか、なになのだろうか。

 いろいろなサイトでカスタマイズの比較もやってみた。3-4箇所で見積りしてみた。1箇所は1990年代に良く買っていたBTOサイトで、いろんなトラブルや、製品にも満足しなかったので、見積だけはした。安かったがやめにした。

 他の2-3箇所は大体同じような感じのスペックで同じような金額になった。

 もう1箇所は特にこの10年間よく買っているサイトで、トラブルもあったがなんとか使えている商品なのでそういやなところがない。サポートもよさそうだし。ただ、他のBTOと比べて確かに割高である。しかし、この10年間の信頼性のため買うのならそこしか手が出なかった。

 あとは、決断のみ、発注だけ、という日が数日続いて、ある日、気づいたら、パソコンに向かって発注していた。

 (Windows7への移行-その4」へ続く)

|

« Windows7への移行-その2:古い古い機種の処分 | トップページ | Windows7への移行-その4:新機種のセットアップ開始 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Windows7への移行-その2:古い古い機種の処分 | トップページ | Windows7への移行-その4:新機種のセットアップ開始 »