« Windows7への移行-その6:気に入ったところ | トップページ | Windows7への移行-その8:地デジTVチューナーを取り付けたものの・・・ »

2010年9月20日 (月)

Windows7への移行-その7:移行してよかった点

 旧XP機はCPUがペンティアムIVで今度のWindows7機はcore i7である。グラッフィックボードは今はHD5770を載せている。

 画像処理等が速くなったことはPhotoshopElementsの処理が超速になったことでわかるが、いままで、我慢していたことは、スキャナーの取り込みが遅いことであった。取り込みの枚数が増えるにつれて取り込み時間がどんどん増えてきて、1枚の取り込みに10分以上になることも普通であった。

 それが、今回のWindows7機への移行でどうなったか。

 今日、4-5枚A4一杯の画像を取り込んだが、いずれも1分以内の取り込み。10分以上かかっていたことを思うと10倍以上速度が上がったことになる。大満足である。その後の画像処理も高速になったので早々と作業が終わった、のである。スキャナーの取り込みが遅いのはスキャナーの性能だと思っていて何年か前にも買い替えも考えたことがあるが、実はパソコンの性能が低かったのですね。

|

« Windows7への移行-その6:気に入ったところ | トップページ | Windows7への移行-その8:地デジTVチューナーを取り付けたものの・・・ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Windows7への移行-その6:気に入ったところ | トップページ | Windows7への移行-その8:地デジTVチューナーを取り付けたものの・・・ »