« マダケの筍料理をしてもらった | トップページ | ついに京都市にもN1H1インフル感染者発生 »

2009年5月20日 (水)

鳥インフルのヒト・ヒト感染時は国民は果たして大丈夫だろうか

 新型豚インフルの「水際」作戦が失敗し、拡大しつつある。そもそも、この豚インフルは感染性は弱いものの、強毒性の鳥インフルがヒト・ヒト感染をするように変異した場合の対応のテスト・ケースととらえていた面もあるはずだ。確か新型豚インフルが出現した当初は政府側はそう言っていたように思う。某知事は「いよいよ来るべきものが来たか」というような発言まで行なっていた。

 その「水際」作戦が見事に(予想通り)失敗し、完成経路特定不明のまま感染が広がっているし、また、神戸・大阪の学校閉鎖にも関わらず、生徒たちは、町中をうろるろしている。

 昨日用事があって1時ごろ京都三条京阪の駅で降りたところ、高校生でスポーツクラブのグループとおぼしき集団に遭遇した。毎日が日曜日のものにとっては一瞬まだ春休みだったのか、と思ったが、すぐにそうではない、と考え直しても、京都の高中学校は閉鎖していないはずなので片だなと思った。よく考えてみると、神戸・大阪の閉鎖された学校の生徒たちが集団で京都に来ているのだと分かった(一応想像である、確認は取っていない)。神戸・大阪の学校閉鎖は感染拡大の防止のためにあるのであって、神戸・大阪から京都まで集団で移動することは、閉鎖の主旨が全く分かっていない。このような状態では、閉鎖解除した方がマシである、とも思えるような情けない話になっている。こういう行政側の対応も全く当を得ていない。

 今は、弱毒性のインフルであるからこれでよいのだ、という意見もかなりある。しかし、強毒性の鳥インフル・ヒト・ヒト感染が出てきた場合のテストケースであったことを思い起こせば、弱毒性なのでこれでよかったのだ、という主張は全く意味がない。鳥インフルの場合は今の豚インフルの場合と違う対応が果たしてあるのだろうか、何も見えてこない。今の対応を見ていると強毒性の場合の感染を抑え込む対応が出来ると想像するのは困難と思うようになってきた。

 強毒性の鳥インフル・ヒト・ヒト感染が起こった場合は、今の政府・行政の対応では、国民は「冷静に対応するように」といわれながら『座して死を待つ』しかないのかもしれない。

|

« マダケの筍料理をしてもらった | トップページ | ついに京都市にもN1H1インフル感染者発生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マダケの筍料理をしてもらった | トップページ | ついに京都市にもN1H1インフル感染者発生 »