« 鳥インフルのヒト・ヒト感染時は国民は果たして大丈夫だろうか | トップページ | 4年間名称不詳の庭木に花が咲いた-「クマノミズキ」 »

2009年5月21日 (木)

ついに京都市にもN1H1インフル感染者発生

  ついに京都市にもN1H1インフル感染者発生。最悪なことに、渡航歴なし、感染経路不明。

 いつかはこういう日が来ると思って、今日もマスクをして外出していたけれど、マスクの効果は無いという「偉い先生」もいる。しかし、我々に出来る少ない対応はマスクだ。いずれ手持ちのマスクも払底する。それでいて「冷静な対応を」というバカげたフレーズが昨日あたりからCMにまで出てきた。それを言っている人間が意地悪爺さんに見えてくる。我々の出来る少ない予防策の一つであるマスクが買えないで何が「冷静な対応を」だ。CMで出てくるまでに、CM代金をマスク代にあててはどうか(設備増強とか、手持ちのマスクの放出とか)。選挙対策のようなこのCMも私には逆効果であった。

 もう性善説は取りにくい。感染経路が不明なだけに、さぞかし京都市内中ウイルスはそこら中にはびこっていることだろう。



 

 

 

 

 

|

« 鳥インフルのヒト・ヒト感染時は国民は果たして大丈夫だろうか | トップページ | 4年間名称不詳の庭木に花が咲いた-「クマノミズキ」 »

日々の戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥インフルのヒト・ヒト感染時は国民は果たして大丈夫だろうか | トップページ | 4年間名称不詳の庭木に花が咲いた-「クマノミズキ」 »