« 本人確認用に住基カードの入手-その過程で不愉快な思い | トップページ | ミョウガの発芽-茗荷竹 »

2009年4月29日 (水)

ゴーヤが寒さでやられたようだ

 一週間前ゴーヤの苗を4つほど購入して定植した。

 ここ2年間は5月4日に苗を買ってきて定植していたが、何度も自転車で園芸店に行くのも面倒なので、今年は4月22日に購入して定植した。

 夏野菜の中でもゴーヤ、キュウリなどは特に遅霜に弱いし、ゴールデンウィークまでは、遅霜の影響もあるから、定植はしない方が良いのであろうが、このところ、暖かだったし、天気予報もそんなに寒くはないような予報(これは誤報です!)を出していたので、4月22日に購入して定植した。

 ところが、京都市のこの3日間の最低気温は、27日が7.0度、28日が5.4度、そして今日の29日が5.9度で、連続して低い気温となり、とうとう購入した4つの苗のうち3つか元気がなくなった。1つは虫の息、といったところである。

 家庭菜園を始めて3年経つが、ここまで酷かった年は無かった。気を許したのが悪かった。うそだらけの天気予報を信用しないで、夏野菜はゴールデンウィークを過ぎてから植えるように、という昔からの教訓のほうが為になる。言い訳になるが、園芸店では4月早々と苗を売り始めるので、こちらの感覚も狂ってしまう。

 今、新型インフルエンザ発生で大騒ぎであり、「冷静に対処を」といって、何をどう冷静に対処したらよいのか分からないまま「冷静に対処を」というばかげた繰り返しをやっている。研究者・コメンテーター等も気象庁の予報官と一緒でどこまで信用できるか。結局は自らを守るしかない、これを自己責任という「無責任」。園芸店の早まった販売戦略に乗せられないのと同じように、新型インフルエンザでも研究者・コメンテーター等の「うそ情報」にも惑わされないのが大切だ。

 ゴーヤの今回の事件に懲りて、来年からは、ちゃんとやらなければ。そして、追加の定植もゴールデンウィーク中に考えなければ。縁起を担いで5月4日に再定植するかな。

|

« 本人確認用に住基カードの入手-その過程で不愉快な思い | トップページ | ミョウガの発芽-茗荷竹 »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本人確認用に住基カードの入手-その過程で不愉快な思い | トップページ | ミョウガの発芽-茗荷竹 »