« 還暦後にクレジットカードを申請してみた | トップページ | 家庭菜園-キヌサヤの手入れ(2009冬) »

2009年1月18日 (日)

テレビで最近やけに目立つこと

 昨年後半からテレビでやけに目立つのは、時局のテレビ番組のスポット予告である。何回も何回も同じ予告をスポットで流して、いざ当日になるとみるのも嫌になっていることが多いし、番組自体もそんなに面白くも何もない。

 以前はこういう時局のテレビ番組の予告はNHKがよくやっていて、それで視聴率向上に貢献した、という評価があったが、最近の民放の時局のテレビ番組の予告は、なぜかみているとむなしくなる。CMがとれなくてその空き時間にテレビ番組の予告を流しているとしか思えない感じがするのである。

 そもそも、数年前に家を新築したときは将来的には定年後生活になるので、デジタル放送も完備したしデジタルBSも完備した。しかし、そういう準備はしたものの番組の質の悪さはその後数年間で次第に低下していて、最近は制作費が出ないのかまだまだ低下の一方であり、テレビ局の負のスパイラル(スポンサーがつかない→番組が面白くない→視聴率が低くなる)を繰り返しているような印象がもろに出てきている。デジタルBSに至っては再放送、再々放送を繰り返しやっていて、放送ライセンスを返上したらどうですかと言いたくなる。

 こういう状況下で、ブルーレイレコーダーを買おうかと思ってこの数ヶ月思案したが結局は「録画するに足る番組がない」ということでしばらく棚上げということになった。同じ思いの人も大勢いると思うのでブルーレイレコーダーの売り上げも落ちるのではなかろうか。

 そういうことで、長年テレビ好きで通してきた私も最近テレビ離れが進んでいる。予想外の展開になっている。この調子だと2年半後のアナログ放送停止も総務省の目論見どおりになるかどうか怪しいと見ている。

|

« 還暦後にクレジットカードを申請してみた | トップページ | 家庭菜園-キヌサヤの手入れ(2009冬) »

定年後」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/43780649

この記事へのトラックバック一覧です: テレビで最近やけに目立つこと:

» ファミリー/愛の肖像 [アメリカ テレビ映画・テレビドラマ ふぉーえばー]
1970年代後期のある弁護士一家の平凡な日常生活に起こる数々の出来事を描くヒューマンドラマ [続きを読む]

受信: 2009年1月19日 (月) 00:18

« 還暦後にクレジットカードを申請してみた | トップページ | 家庭菜園-キヌサヤの手入れ(2009冬) »