« 自家製タマネギ苗の定植 | トップページ | 今冬の飛来はシジュウカラから »

2008年11月27日 (木)

蛍光灯型電球の耐衝撃性に疑問

 世の中は裸電球追放の動きがある。エジソン発明の裸電球がエコに反しており、かつ、電気代も含めて割高になるという理由で、蛍光灯型電球の使用を進めている。

 我が家でも、裸電球タイプの電気スタンド(30年以上の前のもの)が1つあり、それを有効利用しようと思い、裸電球の変わりにエコだという蛍光灯型電球を備え付けた。60Wタイプの電気スタンドであったがそれでは少々暗いので、100W相当の蛍光灯型電球をつけた。価格は購入当時1000円をはるかに超えるものであった。

 その電気スタンドを、必要なときに食卓において、用が済めば片付ける、ということを繰り返していた。いつか電気スタンドの電気コードを誰かが足で引っ掛けるとトラブルになるであろうとは想定していたが、そうならないことを願っていた。

 しかし、最近のある日、案の定、誰かが電気スタンドの電気コードを引っ掛けて、電気スタンドはフロア(カーペットを敷いてあるフロア)に落下した。電気スタンド自体は無事であったし、蛍光灯型電球は破損(電球ガラスの破損その他)はなかった。しかし、電球が「オシャカ」になっていて二度と明かりを灯さなくなった。食卓からの落下で、電気スタンド自体は無事で、蛍光灯型電球のガラスも無事なのに、なぜか、蛍光灯型電球が逝かれてしまった。

 どこが逝かれたのか分からないが、蛍光灯型電球は、裸電球とちがって、電気回路が組み込んでいるので、回路のどこかが切れたとしか思えないような状況だった。

 そんなことが起こるのが当たり前かどうか(蛍光灯型電球の対衝撃性はいかほどもものか)、蛍光灯型電球を販売しているメーカー(ビッグなメーカーである)のお客様相談室に電話した。答えはそんな状況に対応するデータは取っていないとのこと。即ち、お客の使用状況に対するデータなしで商品を販売していることになる。

 また、どうしてそういうことが起こりうるかといった私の質問にもその相談者は何も答えることなく(原因の可能性の話をすることもなく)、ただ単に交換品をおくるから故障品送ってほしい、という一点張りであった。私としては、こちらの不注意でのトラブルなので、どうしてそんなことが起こるのかを知りたかっただけであるが、変な「クレーマー」と思われたらしい。どういう状況でトラブルが起こったのかを言ってあるので、資金のある会社の方でいろいろ耐衝撃性の実験してはいかがですか、と言って電話を切った。なんとも後味の悪いメーカーであった。ビッグなメーカーがこんな対応では日本の技術力も悲しいものだ。本当に使う者のことを考えているのか疑ってしまうようなマニュアル的な対応であった。

 「蛍光灯型電球が、裸電球より、購入時価格は高いが、使い込むとはるかにお得」という蛍光灯型電球うたい文句は、少なくとも、今回の経験(一例ではあるが)では衝撃に弱かったことからうそになった感じがする。簡単に壊れる電球であればかなり損ということになる。ただ、衝撃を受けるような状況はそんなにないからほとんど問題は無いかもしれないが、そうおもっていうると、うっかり、馬鹿らしい目にあう、ということ。

 耐衝撃性のことはともかく、蛍光灯型電球は点灯直後は暗く実用的で無い。従って、これは一時的で、将来的には別のタイプの電球(ELタイプ?)が本命になると思う。はやく開発してもらいたいものだ。

 

|

« 自家製タマネギ苗の定植 | トップページ | 今冬の飛来はシジュウカラから »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とんぼナックさん
 コメントいただきうれしいです。今日はパソコンから来ましたのでURL表示が出来ますm(_ _)m。

 良い製品もいっぱいあるので、がんばってほしいものです。付けたり消したりの多い場所には向かないと書いてあるのですが、我が自宅(関連住宅)には暗くてもOKな場所が見つからない。夏は夜になると虫が入ります。メインとサブの照明は唯一、居間と洗面所なので暗いのは難しい。

 階段にも付けましたが色が怖すぎて明るいものに交換しています。2個セットの電球の使い道を思案していますが、洗面所はまだ使用しています。しかし鏡に付いている二つの電球が先になくなりそうです。(ここに使えるかなあ?)もちがいいが待っても暗いを付けると考える(T_T)。

 最近、新しくした明かりは二つとも昔に比べ少し暗いけれど困るものではないです。ただ、女性でも交換出来るメーカーにして下さいとお願いしました。洗濯機も2台ありますが、使いがってのいいものがメインです。エコも大切ですが、みんなが使わずに捨ててしまうことがないものを作ってほしいです。

 すっかり長くなってすいませんm(_ _)m。削除OK
のコメントです。気持ちはスッキリしました。

投稿: みお | 2009年2月17日 (火) 01:56

みおさんへ。
 最近、蛍光灯型電球は、はたして「商品」か、という疑いを持っています。点灯後しばらく暗い、とか、衝撃性は良いのかのデータがない、とか、いろいろ考えてみると、「未完成品」、「開発途中のもの」を「商品」として売っている様な気がしてなりません。こんなものは一過的なものであってほしいものです。

投稿: とんぼナック | 2009年2月15日 (日) 16:19

前の記事にコメントさせてもらいました。発想の転換期ではと思います。日本は暗い電球になれていないので、明るい鏡の電球をつけてしまい、反対にストレスを感じています。目が疲れるなどもあり、やや他のメーカーに期待している感じです。なので、お気持ちがとてもよくわかります。

投稿: みお | 2009年2月15日 (日) 02:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/43233926

この記事へのトラックバック一覧です: 蛍光灯型電球の耐衝撃性に疑問:

« 自家製タマネギ苗の定植 | トップページ | 今冬の飛来はシジュウカラから »