« ジョウビタキの再飛来 | トップページ | 自家製タマネギ苗の定植 »

2008年11月10日 (月)

初冬の家庭菜園の現状(2008)

 2008年も、立冬の日を過ぎてて少々寒くなってきた。我が家の家庭菜園の現状を箇条書きにする。

(1) タマネギ苗の定植を昨日行なった。自家製の苗を育てているが、最近生育が怪しくなってきた(昨年はじめて、これで2年連続して失敗か)、苗の購入を考えていたら、ついつい昨年と同じ50本買ってしまい、すぐに定植した。昨年、今年とタマネギは大きくならなかったので、今度のは再々チャレンジで、肥料をしっかりやって見ようという気持ちだ。もし自家製の苗が定植するに足りる大きさになったらたとえ数本でも定植す予定だ。

(2) キャベツは、ヨトウムシ、アオムシに食い荒らされて早々と収穫済。茎ブロッコリーもヨトウムシ、アオムシと格闘している間に大きくなって、花が咲きかかったので一部収穫した。カリフラワーがやっと白い蕾(?)を露出してくれるようになったところである。ヨトウムシ、アオムシの問題を除いて生育は良好である。

(3) キヌサヤの種蒔、定植を完了。

(4) ダイコンは昨年と同様に順調。昨年は1月にサルにやられたので今年は早い目に種蒔し、少々早く収穫できそうである。

(5) 万願寺唐辛子、シシトウはそろそろ終了。今年もたくさん実(?)をつけてくれてありがとう。

(6) カブも初めてであったが、なんとか、カブの形が出来つつある。他の野菜(万願寺唐辛子、シシトウ)の陰になって日当たりが悪かったので心配していたがなんとかここまで来たのでもう一歩である。

(7) 葉物では、コマツナ、チンゲンサイが生育中である。少々生育が悪いので心配である。ミズナを初めて植えているが(プランターで)、なんとか大きくなっている。プランターなので少ししか穫れそうにない。

(8) 失敗したのはシュンギクである。理由は不明。発芽はしたが、その後生育しなくて、潰れたのか、なくなってしまった。

 今年も、冬の栽培として、ホウレンソウの種蒔をすれば終了となりそうである。

|

« ジョウビタキの再飛来 | トップページ | 自家製タマネギ苗の定植 »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/43071306

この記事へのトラックバック一覧です: 初冬の家庭菜園の現状(2008):

» 家庭菜園のこと [WEBの情報缶!]
楽天から検索された商品【新品・試運転済み】家庭菜園用 ホンダ耕運機 FG201-J プチな耕運機 耕耘機 耕うん機なら…¥ 57,000オススメ度:★★★★ホンダ耕運機では、一番小型タイプのミニ耕運機です。とっても軽くて小さいけどパワフル、家庭菜園にぴったりの働き者...... [続きを読む]

受信: 2008年11月11日 (火) 11:07

« ジョウビタキの再飛来 | トップページ | 自家製タマネギ苗の定植 »