« カラーピーマンがやっと色づき始めた | トップページ | ついにカラーピーマンの初収穫 »

2008年9月 5日 (金)

石膏塑像(頭像)の着色

 以前、ある大学の公開講座へ行って塑像作り(石膏像)をしたことを報告した(「初めての塑像(頭部のみ)づくり」)。制作したものは実物大よりは少し大きい感じのサイズである。そのときは石膏像は着色していなかった。そのときの写真を参考のために再び掲載してみる。

Dsc_0027ed1

 その後、着色した方がよかろうと思いながらもどういう方法があるか素人なので分からず、教えてもらえる人もいないので困っていたが、「さびカラー」という商品があることを知り、それを用いて着色することにした。石膏像そのままであればよかったのであるが、ニスを塗ってしまっていたので、マニュアル通りやってもうまく行かず(マニュアルも理解できていなかった)、苦労したが、なんとか着色した。買い求めたものは、赤銅色で黒さび、と言うものであったが、出来上がった感じは、「真鍮色でこげ茶さび」という変な感じになってしまった。それでもとても石膏像とは思えないメタリックな感じは出ているのでとりあえずはこれでよしとすることにした。着色像は以下の写真である。

Sdsc_0041edit1

Sdsc_0042edit1

 とりあえずはこれでよしとしたが、本当にこれでよかったのかどうか、微妙なところがあり、どうしようかと思っているところである。別の色に塗りなおそうかなどとも考えてみるのであるが、素人なので着色方法をほとんど知らず思考が止まったままである。

|

« カラーピーマンがやっと色づき始めた | トップページ | ついにカラーピーマンの初収穫 »

粘土像」カテゴリの記事

芸術」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/42385651

この記事へのトラックバック一覧です: 石膏塑像(頭像)の着色:

« カラーピーマンがやっと色づき始めた | トップページ | ついにカラーピーマンの初収穫 »