« 何回やってもダメなタマネギの育苗 | トップページ | 還暦前の今の読書志向 »

2008年9月25日 (木)

K元首相の引退に思う

 いま入ってきたニュース。K元首相は引退.とか。あほらしくてあまり言いたくは無いが、以下、一言。

 自民党をぶっ潰す、といって首相になったが、自民党はぶっ潰せず(潰れたとするのならば、もともと潰れていた、といいたい)、結局潰したのは「国」、「国民生活」ではなかろうか。

 そして、残したのは世襲制のセレブ議員ではなかろうか、といいたくもなる(新首相の組閣を見ての感想)。

 在任中に、やったことには死ぬまで責任を取ってもらいたいもので、「敵前逃亡」の感もする。

|

« 何回やってもダメなタマネギの育苗 | トップページ | 還暦前の今の読書志向 »

政治」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とんぼさんへ。
 ソ連が崩壊したとき、ある住民が「スターリンの時代は良かった。今でもスターリンは正しかったと思っている」とインタビューで言っているのをみて唖然としたのを思い出します。国民の何割かはそのように思っていたようです。今回のK元首相の場合でも似たような考えの人が少なからずいるような感じがし、残念でたまりません。

投稿: とんぼナック | 2008年9月26日 (金) 20:02

やりたいほうだいやって、はいさようならですね。彼を支持した人はみんな泣いているのではないでしょうか。罪な人です。次男を後継にとか、おやおや、おふざけにしては度が過ぎて笑っちゃいます。

投稿: とんぼ | 2008年9月26日 (金) 19:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/42591810

この記事へのトラックバック一覧です: K元首相の引退に思う:

« 何回やってもダメなタマネギの育苗 | トップページ | 還暦前の今の読書志向 »