« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の6件の記事

2008年9月25日 (木)

K元首相の引退に思う

 いま入ってきたニュース。K元首相は引退.とか。あほらしくてあまり言いたくは無いが、以下、一言。

 自民党をぶっ潰す、といって首相になったが、自民党はぶっ潰せず(潰れたとするのならば、もともと潰れていた、といいたい)、結局潰したのは「国」、「国民生活」ではなかろうか。

 そして、残したのは世襲制のセレブ議員ではなかろうか、といいたくもなる(新首相の組閣を見ての感想)。

 在任中に、やったことには死ぬまで責任を取ってもらいたいもので、「敵前逃亡」の感もする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

何回やってもダメなタマネギの育苗

 家庭菜園を始めて3年経ち、タマネギについても素人として2年間やってきた。その出来具合の悪いことは以前にもブログに書いた(「素人のタマネギ栽培の失敗談」)。

 一昨年の最初のタマネギ栽培がうまく行なかったので(うまく行かなかった原因はKホームセンターで購入した苗の品質の悪さ、ということにしている)、昨年は種から育てようとしてみた。

 畑のなけなしの一角をタマネギ育苗の区画としてやっと確保し、200個以上種まきし、ほとんど発芽したが、その後、なぜか知らないが、そのうち、ぽろぽろと芽がつぶれていって、タマネギの苗植えの時期には数本しか残らなかった。それでもその苗を、購入した苗とともに植えてみたら、同じように、タマネギが取れたので、苗としては合格であったのであろうと思う(タマネギとして大きくならなかった。その経緯は上記ブログに記載済み。原因は、肥料不足のせいと今は考えている)。

 今年は苗をちゃんと育てようと思ったが、畑の片隅も確保できなかったので、プランターでの育苗を試みた。それが、9月の11日で、その後、18日ごろ芽が出揃って、良い調子だと思っていた。ところが、「今年の異常気象」である「ゲリラ豪雨」に近いものが、我が町にもやってきた。9月21日である。天気予報では、一日でせいぜい5mm程度の降雨ということで、雨が降っても大したことは無かろうと、あの社保庁、農水省と並んで信用できない気象庁の予報(正確には「誤報」)で安心したのが悪かった。21日は朝から、一時間の降雨が20mm以上の時間帯が4つもあるような断続的な豪雨となってしまい、最近では例の無い1日で100mm以上の降雨となった。誤報を信じていたので雨を避けることもしていなかったので、とうとう、結果的に、発芽したばっかりの芽がほとんどやられてしまった。今年も200個以上種蒔しほとんど発芽していたものが、なんとか生き延びた芽が10個程度、ということになってしまった。それから2-3日経つが回復する気配も無いので、つぶれたままであろう。

 豪雨の前の日に種蒔したコマツナは、以前、激しい夕立のため、種が流された経験があるので、たとえ5mm程度の降雨であっても、と思って、新聞紙で覆っていた。それが結果的によかったのか、ちゃんと発芽して来た。ちょっとした心遣いでこうも違うのか、タマネギには申し訳ない気持ちで一杯である。

 結局、タマネギの種蒔をもう一度やり直した(まだ発芽はしていない)。いろいろとトラブル続きなので、2ヵ月後にはどうなっているか分からない。もしダメならあきらめて苗を買うしかないが、なんとか、3度目の正直(種蒔としては3度目になる)で、うまく行ってほしいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

仏像彫刻のお勉強6-わらべ地蔵の練習

 仏像彫刻の教室に通っているが、いろいろと先生の対応に疑問を持つことが多くなっており、あまり、やる気がしなくなってきて制作のペースも落ち、このところブログに載せることも無くなっている。

 NHKの趣味悠々で一年前に「仏のこころを彫る」(2007年9-10月)とう講座があり、そのなかに、わらべ地蔵の制作があった。このNHKの講座自体は見ていないのであるが(録画はしているが)、いずれ作ることもあろうかと思って素材だけは購入していた(素材の販売は短期間で終わるので、予定が無くても買っておかなければいけないこともある)。

 素材購入後もわらべ地蔵の制作には取りかかっていなかったのであるが、数ヶ月前から気の向いたときに少しずつ家で彫りだした。そして、今日ほぼ完成した。高さ10cm程の地蔵さんである。

Dsc_00291

 NHK趣味悠々での写真と比べて少々趣きの異なったものになってしまった。「わらべ」地蔵であるが、結構大人びた地蔵さんになったものである。「合掌地蔵」と名前を変えたほうがよいかもしれない。

 仏像彫刻というような伝統工芸では形が決まっていて、その通りにしなければ、彼らに言う「造形美(=形式美)」にならないそうだ。その辺の理解が仏像教室の先生と違っているところで、どうしても自分の思い通りに彫ってしまう。そうすると、勝手にやりよって、と面と向かって言われる。それならそれで、伝統工芸のいう形式美の講義でもあったらよさそうなものであるが、その辺はほったらかして、教科書を見てやれ、というやり方。教科書の写真を見てやったつもりでも、伝統工芸のいう形式美と違う、おかしい、と言われる。それなら単に、先生自身の造形美に従え、というになろう。従うためには子供みたいにいちいちお伺いを立てなければならない。なんとも変わった教室である。

 今回のわらべ地蔵は、教室で作っているのではないので勝手にやれたのであるが、やはり、形としては変なところが多々ある。特に手が小さくなってしまった。また。顔つきもNHK趣味悠々での写真とは違っているが、それはNHK趣味悠々の先生の例題が好きではないことにもよる。

 思ったよりも結構時間がかかって終了したが、こういう小さいものでも大変なのだということを改めて認識した。大きいものの方が楽な面もあるような感じもあった。しかし、まだまだ技術的には未熟なので、伝統工芸の形式美をモットーとする教室ではあるが、もっともっと勉強が必要のようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

シソの花が咲きました

Dsc_0026edit11_3  今年も植わっていたシソの花が咲きました。というと変な言い回しですが、今年の春、菜園にシソの種を蒔いて栽培しようと思ったのですが、栽培が下手なせいか、あるいは種が悪かったせいか、あるいはその他の理由からか、発芽してきませんでした。

 そうしてあきらめていて、春・夏の野菜の種蒔、定植などをしていると、畑の(畝の)あちこちから、シソらしきものの芽が出てきました。種蒔したものではなく、身に覚えの無いところからシソらしきものが育ってきました。

 初めのうちは、半信半疑で、こんなものは雑草ではなかろうか、食するには大丈夫か、と思っていましたが、段々とシソの形をしてくるので安心してきました。育ってきている場所は他の野菜の植わっているところなので邪魔になるので、そのうち、間引くなり、移植するなりして、それなりの場所で大きくなるようにしていきました。

 問題は種を蒔いたことがないところからたくさんの芽が出たことです。なぜだろうと思い、よくよく思い出してみると、昨年シソを種から育ててなんとか最後まで行ったのを思い出しました。結構秋深くなるまでそのままにしておいたもので、そのうち、花が咲き、種が出来て、その種が飛んでいったのだろうという結論に至りました。それにしても、別の野菜を栽培しようとして耕して土作りをした畝からもたくさんのシソの芽が出てきたことは驚きでした。

 そうして育ち、重宝したシソが、今年も花をつけました。また、秋深くなるまでそのままにしておいたら来年も芽を出してくれるのを期待して、種を飛びやすくしてやりたいものです。種から育てるのを失敗したものとしては、ホームセンターで苗を買うよりずっと安上がりであるし、連作障害もシソにはなさそうなので、来年もよろしく、とお願いしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

ついにカラーピーマンの初収穫

 はじめての栽培のカラーピーマンが8月27日から黄変を初めた。「カラーピーマンがやっと色づき始めた」という記事で第一報は報告した。その後順調に黄色が増して行ったが結構かかるもので、今日やっと99%黄色に変わったので収穫した。

Dsc_00451

 もう少し収穫を待とうかと思ったが、片方のカラーピーマン(左側)が一部変色してきた感もあり、ここらで収穫を決めた。あと4個黄変中である。天候が不順なので毎日心配であるが、なんとかここまで持ちこたえている。あとしばらくだ。

 合計6個収穫したら、今年の「試験栽培」は終了となる。ただし、現在も着果中のものがあるが、それらば完熟(黄変)するのはいつのことになるか分からないので、それらは緑色のまま収穫予定である。

 来年はどうなるか分からないが、今の考えでは継続となりそうである。ただし、栽培量は今年よりは少なくなる(半減で2-3株か)と思われる。やはり、栽培、収穫に時間がかかりすぎで、同時に栽培しているシシトウ、万願寺などのほうがずっと実用的なので。最近の物価高(ただし野菜は今のところ安いが)を思えば少しでも年金生活者の家計の足しになったほうがよい、と思うのも自然であろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

石膏塑像(頭像)の着色

 以前、ある大学の公開講座へ行って塑像作り(石膏像)をしたことを報告した(「初めての塑像(頭部のみ)づくり」)。制作したものは実物大よりは少し大きい感じのサイズである。そのときは石膏像は着色していなかった。そのときの写真を参考のために再び掲載してみる。

Dsc_0027ed1

 その後、着色した方がよかろうと思いながらもどういう方法があるか素人なので分からず、教えてもらえる人もいないので困っていたが、「さびカラー」という商品があることを知り、それを用いて着色することにした。石膏像そのままであればよかったのであるが、ニスを塗ってしまっていたので、マニュアル通りやってもうまく行かず(マニュアルも理解できていなかった)、苦労したが、なんとか着色した。買い求めたものは、赤銅色で黒さび、と言うものであったが、出来上がった感じは、「真鍮色でこげ茶さび」という変な感じになってしまった。それでもとても石膏像とは思えないメタリックな感じは出ているのでとりあえずはこれでよしとすることにした。着色像は以下の写真である。

Sdsc_0041edit1

Sdsc_0042edit1

 とりあえずはこれでよしとしたが、本当にこれでよかったのかどうか、微妙なところがあり、どうしようかと思っているところである。別の色に塗りなおそうかなどとも考えてみるのであるが、素人なので着色方法をほとんど知らず思考が止まったままである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »