« 夏野菜から秋冬野菜へー2008年 | トップページ | カラーピーマンがやっと色づき始めた »

2008年8月22日 (金)

家庭菜園での「種まき用メジャー」らしきものを作ってみた

 家庭菜園での種蒔で、特に、葉物野菜の種蒔の場合、例えば、「間隔1-2cmで深さ1cmのところに条蒔きします]という表現を良く見ることがある。出来るだけ指示に従って蒔こうとするのであるがそんなに私の手は正確ではない。狭い区画であってもどうしても厚蒔きになってしまう。そして、深さ1cmという指示もいい加減になってしまう。あとから、間引きをすればよいと言っても、素人にとってなかなか間引きをするのは抵抗がある。

 年々、そうした不正確さが嫌になってきて、しかも神経は少々使うので、この際、「種蒔き用のメジャー」らしきもを作ろうと思って、以下の写真のようなものを作ってしまった。

Dsc_00261 Dsc_00271

 板に、2cm間隔で1cmの出っ張りの丸棒(6mmφ)を取り付けただけのものである。最初の写真の状態のもので整地をして、その後ひっくり返して(次の写真がひっくり返している途中)、畑に1cmの穴を開けるのである。その穴に、適宜間隔で播種していく。2cm間隔にしたので、1cm間隔にしたければ、ずらして2回穴を開ければよい。色が白いのは防水用にスプレーで塗ったのであるが、白色しかなかったので白になっている(特に理由は無い)。

 これを用いて、ラディッシュの種蒔を早速やったが、以前と比べて気楽なことこの上なし、であった。大きな区画での種蒔ではもっとすばらしい兵器があるのであろうが、限界家族用のミニミニ菜園にとってはこれで十分である。

 ちなみに、一箇所に数個、15cm間隔で、と言うような種蒔の指示に対しては、以下のようなものを作った。円盤の直径は6cmのものしか売っていなかったのでそれにした。

Dsc_00311

 これについては試していないが、便利であることは間違い無し、と思っている。

|

« 夏野菜から秋冬野菜へー2008年 | トップページ | カラーピーマンがやっと色づき始めた »

園芸」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

とんぼさんへ。今日の「メジャー」はふと思い立ったものです。元々宅地だったところを開墾して菜園にしているので元々土が良くなく、種蒔きのときは、市販の種蒔き用の土を使っていたのですが、別に方法が無いか、というところからふと思い立ったものです。問題が発生しなくて永く使えればと願っているところです。

投稿: とんぼナック | 2008年8月22日 (金) 18:45

いろいろと工夫されていますね。なかなか便利そうです。私などは間隔はともかく深さは適当です(笑)。

投稿: とんぼ | 2008年8月22日 (金) 17:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/42238031

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭菜園での「種まき用メジャー」らしきものを作ってみた:

» バイオシェルヤフオクで特価販売中!!! [植物観察日記]
Yahooオークションで特価販売中↓ ↓ ↓http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/kai392jpバイオシェル(バイオニーム・ワサブベース)500ml 送料込特価 950円バイオシェル(バイオニーム・ワサビベース)1.5L特価 1,380円バイオシェル(バイオニーム・ワサビベース)2.0L特価 1,850円...... [続きを読む]

受信: 2008年8月23日 (土) 22:56

« 夏野菜から秋冬野菜へー2008年 | トップページ | カラーピーマンがやっと色づき始めた »