« 初めてのカラーピーマン-やっとピーマンの形に | トップページ | ゼラニュウムの挿し木-今年の挿し木の決算 »

2008年7月16日 (水)

不可解な「梅雨明け宣言」-近畿地方

 今日近畿地方は梅雨が明けたそうな。

 毎年、梅雨明け宣言日についてはクエスチョンが付くことが多いが、今年ほどわけの分からないのは珍しいのではなかろうか。戻り梅雨が来たわけでもないのに梅雨明け宣言しなくて1-2週間以上ほったらかしにするとは。

 今年の天気図を例題に気象予報士の資格取得の試験をやった場合、今日が梅雨明けという「正解」を出せる人は何パーセントいるだろう。気象予報士になった人でもはたして何パーセントの人が「正解」を出せるだろう。多分「正解」率ゼロ点何パーセントかと思う(「正解」者はずるをして情報?を得た人だけかもしれない)。

 梅雨が明けたと思われた最初の頃(2週間程度前)は、教科書的な梅雨明け天気図になるのを待って、梅雨明け宣言をしたいのであろう、と思っていた。そして、今朝も天気図を見て、いくら早くて3-4日後かなと思っていた矢先に、梅雨明け宣言が出てしまった。教科書的な梅雨明け天気図でもないのに梅雨明け宣言をしてしまった。それならば、2週間前から梅雨明け宣言も出来たであろうに。

 唯一理解するのは、梅雨明け宣言の日を暦にあわせたと思われることである。平均で7月19日頃だそうで、3日違いでしかない。暦にあわせるのであれば、気象庁の存在意義はなくなっている。実際梅雨明け宣言してもしなくても、暑いのは暑いのであるから一緒である。もうこういう役所はいらない。社保庁の場合はお金が直接絡むから大変だが、気象庁も解体をするくらいの建て直しがいるのではなかろうか。天気予報は、その日の天気ですら当たらないことが最近頻繁に起こっているから。

 梅雨明け三日という言葉があるそうであるが、暦に従って梅雨明け宣言をしたような感じなので、梅雨明け三日の晴天は今年は望むべくもない。

 関東地方の梅雨明け宣言は果たしてどういう状況になるか、クレージーな宣言をするかどうか、かえって楽しみが増えた。

|

« 初めてのカラーピーマン-やっとピーマンの形に | トップページ | ゼラニュウムの挿し木-今年の挿し木の決算 »

天気・気象」カテゴリの記事

日々の戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/41850885

この記事へのトラックバック一覧です: 不可解な「梅雨明け宣言」-近畿地方:

« 初めてのカラーピーマン-やっとピーマンの形に | トップページ | ゼラニュウムの挿し木-今年の挿し木の決算 »