« 仏像彫刻のお勉強5-聖観音菩薩立像の練習 | トップページ | 桔梗の花の開花-種蒔後丸2年目 »

2008年6月20日 (金)

大輪の八重咲きのペチュニアの開花

 ペチュニアはこの何年間ホームセンターで苗を買ってきて植えている。昨年は種から育てようとし、小さい種を蒔いて何とかうまく行き、秋遅くまで咲いてくれた。

 今年は、面白い種を買って育てようと思い、大輪の八重咲きのペチュニアの種を通販で購入して蒔いた。それがそろそろ咲きそろってきた。下の3枚の写真がそれである(クリックで拡大)。実に大輪の豪華なペチュニアの花であり、これが本当にペチュニアなのかと間違うほどの見事な花が咲いてくれた。

Sdsc_0030sm1_2 Sdsc_0032sm1_2 Sdsc_0036sm1_2

 以前ドレスアップという花苗が綺麗だったので園芸店で購入して植えたが、花壇の土が悪かったのかうまく生育しなくて早々と枯れてしまった。かなり高価な苗で結構損をした感じであるが、今回はそれを取り戻した感じである。良く調べてみると、今回の大輪の八重咲きのペチュニアのドレスアップも同じメーカーの似たような感じの植物で、ドレスアップでの失敗を今回挽回した感じである。

 下の写真(クリックで拡大)は、花壇に植えている大輪の八重咲きのペチュニアであるが、猫被害を防止するためにペットポトルに絵具液をいれ逆さに差し込んでおいたものである。八重咲きのペチュニアの花と大して違和感がなくなってきていてほっとしているところである。

Sdsc_0038edit1_2

 ついでながら、下の写真(クリックで拡大)は、大輪のマリーゴールドの花である。マリーゴールドも昨年から植え始めたが、花が貧弱だったため、今年は出来るだけの大輪のものの種を購入して育てているものである。写真のように本当に大輪の花が咲いてくれました。マリーゴールドは家庭菜園でもコンパニオンプランツになるので、家庭菜園のところどころに植えている。そのため、いつもは結構殺風景な家庭菜園が今年は少し華やかか感じに変貌している。

Sdsc_0031sm1_2

|

« 仏像彫刻のお勉強5-聖観音菩薩立像の練習 | トップページ | 桔梗の花の開花-種蒔後丸2年目 »

園芸」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

とんぼさん、こんにちは。次の良寛さん作品の題名は「大の字」です。今(再)着色中です。
 仏像の方は長く楽しめる教室を、と思っていたのですが、徒弟制のもとで育った先生と、自由奔放の私とはいろんな点で違ってきています。どうやら勝手に楽しむということが受け入れられない人のようで、今回は突き放されるところまで行ってしまって困ります(教室に通う意味が無くなりますので)。今後どうするか今年一杯考えようと思っています。

投稿: とんぼナック | 2008年6月21日 (土) 11:15

 ご無沙汰しています。
 良寛さんはいつ見ても和みますね。
 聖観音菩薩立像は指導のタイミングを失って残念でしたね。でも、ご自身まんざらでもないとのことで楽しみ物ですからよろしいのでは。私などブログでアップするぐらいで強いて人に見てもらうわけでもありませんし作っている過程も含めて勝手に楽しんでいます。
 マリーゴールド、畑で栽培したことがあります。咲きそろうと綺麗です。
 

投稿: とんぼ | 2008年6月21日 (土) 10:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/41587172

この記事へのトラックバック一覧です: 大輪の八重咲きのペチュニアの開花:

« 仏像彫刻のお勉強5-聖観音菩薩立像の練習 | トップページ | 桔梗の花の開花-種蒔後丸2年目 »