« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の11件の記事

2008年6月27日 (金)

桔梗の花の開花-種蒔後丸2年目

 2年前に、花壇の一部(1平方m弱)に桔梗をたくさん咲かせたいと思い、種(小さい小さい種)を買って来て栽培することにした。種袋の記載では、秋に種蒔し、春に根を掘り起こして植替えすればよい、とののことであったが、結構長く時間がかかるな、大変だな、と思いながらも、長い工程の栽培に着手した。

 一年経った昨年の今頃が、最初の開花の時期であった。しかし、桔梗の茎は細く、風雨で、茎が倒れてしまい(復帰もしなくて曲がったままで)、花も思ったようなものではなかった。青紫の花と白の花の混合種であったが、白は桔梗とは思えないような白、幽霊のような白(?)であり、こんなことであれば、全部が青紫の花の種を蒔けばよかったと後悔したものである。また、我が家での栽培はこんなものかとあきらめた。

 丸2年目の今年の桔梗も昨年並みであろうと期待しないでいた。春先から芽が出始め、段々茎が伸びていった。その様子を見ていて、前年よりも茎は太く、また、シュンとしていて、風雨があってもそんなに倒れない状態になっていた。念のために支柱もしたが、それも不要な感じであった。

 そのうち、蕾も大きくなってきたが、花が咲く前になっても、どうせ昨年並みであろうという思い込みは抜けなかった。

 いよいよ、桔梗が一昨日(25日)咲いた。その姿、昨年とは全く趣きを異にしていた。これころ桔梗、という花になってくれていた。蕾のときは膨らんできていても花軸(?)はまっすぐに上を向いているのであるが、花が咲く直前になって、90度曲がり、良く知られた桔梗の花になってくれていた。青紫の色も綺麗で、全体の姿が凛としていて、すがすがしいものになってくれたのであった。下の写真参考(クリックで拡大)。

Sdsc_00291 Sdsc_00361

 写真には白色の花は写っていない(蕾が膨らみかかっているのは見える)が、白色の花も、昨年の幽霊のような白色ではなく、ほんのりと青紫の色を帯びた白色になっている。特に、花弁には花脈(?)が何本か走っているが、その花脈の色は特に青紫の色が強く、白の中の青紫色ということで、実に趣きのある花の色になっていた。

 桔梗は敷地の南側に植えてあり、南側はコンクリート塀になっている。残念なことに桔梗は南側、即ち、コンクリート塀の方を向いて咲いている。従って、写真を撮るのに苦労し、成功したとは言えないが、参考までに上の写真を載せました。この桔梗の植わってるところに先日へびがうろうろしていて、おっかなびっくりで写真を撮っています。

 家庭菜園、草花・庭木の栽培など初めて、2-3年になるが、桔梗に場合にも時間が経てば立派なものになってくれるのがわかった。これを「石の上にも三年」というのであろうか。時間がかかるものであるが、やはりうまく咲けばうれしいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

大輪の八重咲きのペチュニアの開花

 ペチュニアはこの何年間ホームセンターで苗を買ってきて植えている。昨年は種から育てようとし、小さい種を蒔いて何とかうまく行き、秋遅くまで咲いてくれた。

 今年は、面白い種を買って育てようと思い、大輪の八重咲きのペチュニアの種を通販で購入して蒔いた。それがそろそろ咲きそろってきた。下の3枚の写真がそれである(クリックで拡大)。実に大輪の豪華なペチュニアの花であり、これが本当にペチュニアなのかと間違うほどの見事な花が咲いてくれた。

Sdsc_0030sm1_2 Sdsc_0032sm1_2 Sdsc_0036sm1_2

 以前ドレスアップという花苗が綺麗だったので園芸店で購入して植えたが、花壇の土が悪かったのかうまく生育しなくて早々と枯れてしまった。かなり高価な苗で結構損をした感じであるが、今回はそれを取り戻した感じである。良く調べてみると、今回の大輪の八重咲きのペチュニアのドレスアップも同じメーカーの似たような感じの植物で、ドレスアップでの失敗を今回挽回した感じである。

 下の写真(クリックで拡大)は、花壇に植えている大輪の八重咲きのペチュニアであるが、猫被害を防止するためにペットポトルに絵具液をいれ逆さに差し込んでおいたものである。八重咲きのペチュニアの花と大して違和感がなくなってきていてほっとしているところである。

Sdsc_0038edit1_2

 ついでながら、下の写真(クリックで拡大)は、大輪のマリーゴールドの花である。マリーゴールドも昨年から植え始めたが、花が貧弱だったため、今年は出来るだけの大輪のものの種を購入して育てているものである。写真のように本当に大輪の花が咲いてくれました。マリーゴールドは家庭菜園でもコンパニオンプランツになるので、家庭菜園のところどころに植えている。そのため、いつもは結構殺風景な家庭菜園が今年は少し華やかか感じに変貌している。

Sdsc_0031sm1_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

仏像彫刻のお勉強5-聖観音菩薩立像の練習

  この一年間仏像彫刻のお勉強をやって来た。今までやってきたことを以前「仏像彫刻のお勉強-聖観音菩薩仏頭の練習」、「仏像彫刻のお勉強2-救世観音の練習」、「仏像彫刻のお勉強3-地蔵菩薩立像の練習」、「仏像彫刻のお勉強4-釈迦如来坐像の練習」などで報告した。

 今回は、聖観音菩薩立像の練習が 終了したので写真を載せた(写真はクリックで拡大)。約4ヶ月かかって完成したことになる。高さが約18cm程度の像になっている。上からの角度での写真なので少々身長が短く見えるようだ。

Sdsc_00291 Sdsc_00301 Sdsc_00331  

 約4ヶ月かかって完成したが、その間参考書を片手に教室の先生の指導を受けながらの実施したつもりである。しかし聖観音菩薩立像は私にとって結構複雑だったので必死にやっていたら先生に見てもらうチャンスをほとんど逃してしまった(それでも初期の段階で1-2回はみてもらっている)。最後に私としては更に改善するための添削してもらうつもりで先生に持っていったら、「完成したものを持ってきても指導することは出来ない。いままで『ひとりで勝手に』やってきたものに対してどうこういうわけにはいかない」、ということで添削してもらえなかった(教室代金はちゃんと払っているのだから言い方もあろうとは思うが)。会社勤めをしていたときでも上司をコントロールするのが下手なものだったのであるが、退職後もこのような事例で教室の先生の機嫌を損ねるとは思わなかった。

 以上のように、どこまで出来たのか先生に批評してもらうこともできなかったので残念だが、私としてはうまく出来た仏像と思うので写真つきで投稿したわけである。写真ではお見せしにくいのであるが、暗いところでこの仏像をこっそりと見ると、(上の写真のような明るいところでみるのと違って)、なかなか良い雰囲気が出るのが不思議である。そして、ほっとする。

 今後もあまり先生に相手にされそうにないが、相談の結果、次の練習としては阿弥陀如来立像を行なうことにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私もfirefox3をダウンロードしました

 噂にはなっていたfirefox3を早速昨日ダウンロードした。我が家には複数台パソコンがあるがどれにも早速ダウンロード→installした。

 使用してみて噂どおりに速くなっている。バージョンアップのたびに重くなっていった過去のブラウザ(特にInternet Explorer)を考えると革命的と思う。firefox2は印刷のところが少々弱かったが、今度のfirefox3ではどうなっているか、まだ検証していないのでなんともいえない。

 今日の報道によればfirefox3は24時間で800万ダウンロードとか。ギネス審査中とか。Internet Explorer全盛期から見たら想像できないような事態になっていると思うし、Internet Explorerをいまだに使っている人がいるのも理解できない。

 当面は軽くなったブラウザを楽しませてもらうが、その分パソコンが軽くなったと錯覚してしまって、他のソフト(アプリケーション)の相変わらずの遅さは変わらないので、そのギャップが変な感じで迫ってくるのはいかんともしがたいものである。ウィルスバスターをはずせばよいのだが、そうは行かないので、アプリケーションも高速化を測ってもらえばと思うが、この希望は夢のまた夢であろう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年6月18日 (水)

良寛像 粘土制作(その3)「子供と一緒」

 現在、粘土いじりの教室で良寛さんの像を幾つか作ってきた。1作目は『良寛さん像の制作-坐像(粘土いじりの教室)』の記事、2作目は『良寛像 粘土制作(その2)「かくれんぼ」』の記事で紹介した。

 今回の3作目は、子供と遊ぶ良寛さんの姿を作って見た。まだ彩色は完全ではないが雰囲気的にはこんなものになる(以下の写真)。

Sdsc_00281 Sdsc_00391

 2作目の「かくれんぼ」については私の想像で作ったものであるが、今回のものは、亀田鵬斉という良寛さんの友達が書いた絵(スケッチ)を基に作ってみたのである。現実味のあるものに近いとは思うが、子供の姿が絵とはかなり違ったものになってしまった。教室での時間が少なし、手もあまり動かないので、結局ばたばた作ってしまうのが問題のようである。

 袖の下の部分が膨れているが、手鞠を数個いつも入れていた、という話があるので、膨らませたものである。今後の予定としてはあと1-2作を作るつもりである(もっと作りたいが事情があって難かしくなっている)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

素人のタマネギ栽培の失敗談

 我が家の家庭菜園を狭い敷地内で始めてきて3年になるが、試行錯誤しながらも、作付け量としては「限界家族」として最小限の量のものを作ってきた。

 2年前ほど前からタマネギにも手を出した。全くの素人がどんなものか分からないまま、あるホームセンター(A社でもK社、M社でもよいが今は仮にK社にしておく)で、何日もたって萎れている苗を買ってきた。タマネギの苗は萎れていても育つのか、と不思議に思いながらも手を出してしまった。

 参考書を片手に定植を行なったが、50本あった苗も早々とつぶれて姿を消していき、翌年の春には半分以下になってしまった。その後元気になってくれるものと思いながらも全然元気にならず、ゴールデンウィークの時には早々と全部枯れてしまい、タマネギの姿すらしないものになってしまった。それでも、ミニミニミニタマネギ(エシャロットを小さくしたようなタマネギ)としては料理に出来るので何とかわずかながら食べた。この苗を売っていたK社に対しては販売者としての誠意(良いものを売っているといえるかどうか)について疑ってしまうし、二度と買うものかと決意した。

 そこで、昨年の秋は別の園芸店でタマネギ苗を買って植えた。この園芸店ではタマネギ苗は週2日入荷とのことであり予約販売されていたので、予約してフレッシュな苗を買った。

 一応黒マルチもして栽培した。1-2月には屋根の雪が苗にもろに落ちてきて、苗がつぶれたかと思ったが大丈夫であった。強いものである。また2月にはサルに襲われて、サルが茎を引き抜いてかじったのかどうか、定かではないが、いずれにしても、何本かの苗が地面から抜かれていた。一瞬惨めになったが、再び根を埋め戻してやったら生き延びてくれた。

 そうして、6月に収穫の時期を迎えた。しかし、サイズは思ったように大きくはなってくれていなかった。残念!。それでも何とか収穫し平均100gのものが収穫できた。こんな収量では元手が取れないからと思っていたが、そんな私の心配は省みることなく、収穫第一号は、洋画(水彩画)のモチーフに困っている家内のモチーフになってしまった。下の写真は家内が写生用に配置したタマネギである。

Dsc_00281

 次期(秋から来年春)のタマネギ栽培はもうやめようとほとんど決心をしていた。どこが悪るくて大きくならなかったのか分からない。このままでは次期もスモールサイズ以下のものしか収穫できないだろうと思う。

 今日、ある種苗メーカーのカタログを見ていると、ある大玉のタマネギ(カタログでは600gとか)の種が人気であることを知り、今日注文してしまった。大きいのが取れるという希望が持てるのであれば、もう一度やってみよう、と言う気になったのである。話半分でも一玉300gで、期待できるぞというところである。また騙されるのかもしれないが。

 ところで、モチーフのタマネギであるが、家内の水彩画は以下の写真のようになったようです(完成ではありません。いつ完成するかはわかりません)。

Dsc_00291_2

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

雨除け後のトマト、ナスの状態

 家庭菜園を始めて2年目になる。今年、トマト栽培は、トマトには雨よけが良い、というご指導を受け、早速、家庭菜園のトマトの場所にビニールシートの雨よけをした。すでに、一番花は咲いた後であったが、二番花以降は花は雨除けに守られた状態である。現在のトマトの状態は、以下の写真の通りである。

Sdsc_00171 Sdsc_00201

 プロの方からしたら生育はいまいちかもしれないが(付いている実の数が少ないかもしれないが)、私の家庭菜園としては順調である、という部類に入る感じである。この状態は、過去2年と比べて大して変わりはないと思っていた。昨年は7月頃からトマトの状態が悪くなってきたので、雨よけの効果もその頃に分かるであろうと思っていた。

 最近、ある日、過去の簡単な記録(Wordのファイル)を見てみた。2年前には一言「生育がよくない。花は咲くが、落下する。」という記録が6/16にある。そこで確かに、着実率が良くなくて苦労していたのを思い出した。そこで、その後、トマトトーンを購入して花に撒き始めた記憶がある。しかし、着実率が上昇したという記憶はない。昨年もトマトトーンを使ったが、着実率が良くなかったのを思い出した。

 そこで、今年は、というと、一番花が咲いた頃は雨水に当たっていて、二番花以降は当たっていない。着実率を見ると今年も一番花で実を付けたのはわずか(例年並)で、雨除けをかけた二番花以降は上の写真のように我が家の菜園としては目覚しい着実率であることを新たに認識するに到った。既に雨よけの効果が出てきているということである。いままでに見たことがない状態として、一つの房(?)に幾つかの花が咲くが、以前だったらこの幾つかの黄色い花がしおれてしまって、跡形もなくなったときに実が付く、という感じであった。しかし、今年は雨除けをした後は、いつまでも黄色い花が咲いていて、花が黄色いままで、段々と実が付いていく、という現象が見られている。プロの方にとっては当たり前なかもしれないが、あまり我流でのやり方が当たり前と思っていたものにとっては初めての認識である。

 トマトについては毎年5-8苗を植えてきたが、ナスについては毎年2苗位を植えてきて、我が家での収穫は一つの苗から数個、2-3個という人にも話せない状態であった。今年はこれに懲りて、我が家ではナスは育たない、と決め込んで苗を買わないつもりでいた。しかし、雨除けを設置したので、ナスを雨除けの中に入れたらどうなるかと実験(?)したくなって、苗を一つだけ買ってきて植えた。以下の写真は(珍しくもないが)そのナスの一番花が実っている状態である。

Sdsc_00321

 以前にもこの写真のような姿は見たことがあるが、記録によると、2年前は一番成りを7/2に収穫しているが、昨年は落実している。2年前もその後、テントウムシダマシの発生もあって、収穫が進んだ記憶はない。昨年も少ない。今年は、なぜか今のところ雰囲気がよさそうである。

 以上、トマト、ナスの現状であり、この後、悲惨な状態を迎える場合もあるのかもしれないが、今は安心しているところである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

ピンホール写真_京都植物園「エキウム・ウィルドプレティ」

 先月(2008年5月)下旬に京都府立植物園の「エキウム・ウィルドプレティ」のピンホール写真を撮りに行った。

 昨年春にも行ったが、そのときのピンホールカメラは「大人の科学」という雑誌の付録のカメラであり、フィルムが35mmで満足いくものではなかった。昨年秋にブローニーフィルム用のピンホールカメラを自作し、今年こそは、と意気込んでいった。この辺の話は以前ブログにも書いた(京都府立植物園の「エキウム・ウィルドプレティー」)。フィルムを現像(及びプリント)に写真屋さんに出していたのがやっと出来上がったので早速、プリントをスキャナーで取り込んだものを紹介したい。

 以下2枚が「エキウム・ウィルドプレティ」のピンホール写真(ブローニー 6x7)である。

S_ekium2S_ekium1

 参考のために、コンデジ(GR Digital)で撮った写真が下の2枚である。

S_grd_ekium1S_grd_ekium2

 ピンホール写真とコンデジの写真と比較すれば、ピンホール写真のなんともいえない雰囲気のよさも出てきていると思う。

 下の写真、これもピンホール写真であるが、京都府立植物園のある場所を撮ったものである。京都府立植物園にこんな場所があったのか、と思うような面白い雰囲気が出ている写真になったと喜んでいる。

S_hanazono1

 全体として、昨年のピンホール写真と比べかなりうまく取れた。さすが、ブローニーフィルムであると満足である。現像が出来上がってくるまでかなり心配もあったが、それを全部吹き飛ばしてしまうほどの出来上がりとなったと思っている。5-6枚ほど六切りに引き伸ばしを依頼する予定である(出費がかさむけど)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

良寛像 粘土制作(その2)「かくれんぼ」

 粘土いじりの教室で良寛像を制作している。今までに第1作目として座像を作りこのblogにも載せた(「良寛さん像の制作-坐像(粘土いじりの教室)」)。良寛像の第2作「かくれんぼ」を作成した。以下の写真は、角度を変え背景を変えて写したものである(写真はクリックで拡大)。

Sdsc_00261 Sdsc_00301 Sdsc_00331 Sdsc_00431

 粘土で作ったものを素焼きした後、釉薬をつけて焼いたものである。その後、足りない部分は絵具で描き足した。顔だけ見えるのが良寛さんのつもりである。 

 かくれんぼについての良寛さんの逸話については、良寛さんが子供たちとあるときかくれんぼをした。麦わらの山があったのでそこに隠れた。子供たちは良寛さんを探したが見つからない。そのうち、良寛さんは寝てしまった。暗くなったので、子供たちも家に帰った。良寛さんはそのまま朝まで寝てしまった、という話があるそうである。この話の中の麦わらの山の中に隠れているシーンを想像して粘土にしてみたものが上の写真である。

 粘土での良寛さんについてはこれが2作目であるが、もう少し(2-3作)作っているところなので出来次第blogに載せていきます。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビックリグミがわずかに実りました

 3年近く前にビックリグミの苗木を購入した。我々の年代(60歳前後)の者にとっては、昔のことが懐かしく、庭木としてはこういうものとかユスラウメなどになぜか惹かれるような心理がある。

 ビックリグミは一本だけでは実らない、という話を後で知って、しかも実らせるためにはビックリグミ以外の別のグミを植えなければいけないということも知った。

 昨年開花して少したったころ、ジベレリンを散布すればよいらしいことをネットで知った。しかし、若干時期を逸してしまったようで、かろうじて、1個実ったかどうか、というところであった。

 今年も花が咲いたのを見てあわててジベレリン散布用の液を調製して、たくさんあった花に散布した。今年はたくさん実ることを期待して。

 その後、あれだけあった花ではあったが、その後実が付きそうなのは8個程度になってきた。思ったよりははるかに少なくなりそうであった。これでジベレリンの効果があったのか疑ってしまう。

 しかし、少ないながらも何とか最後まで赤くなって欲しいと思っていたところ何とか色づいてきてくれたのが下の写真(クリックで拡大)である。

Dsc_0028e1

 今日までに2個ほど頂いた。甘さをおさえた甘酸っぱい実で、50年以上前を思い出す実であった。

 今の時代は果物が品種改良されてどれもこれも甘いのが多いが、50年前はイチゴでも夏みかんでもすっぱくて砂糖をかけなければ食べにくいものであった。そういう時代においてはグミの実は結構甘いほうの代表格であったのかな。

 よその家に植わっているものを取って食べるのであまりいいことではなく、たくさん食べた覚えはないが、楽しい思い出を呼び戻してくれたことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これでも猫対策のつもり-花壇

 今の家を3年前に新築し引越してくるまでに約2ヶ月間が開いた。その間に侵入者が既に出てきたいた。それが猫である。外構工事としてわずかなスペース(プランター2個分程度)を花壇としてつくったその花壇が砂地だったためか早速猫に荒らされてしまった。その後、何回も猫の被害に会ってきた。そんなに深刻なものではないのでまだ良いのであろうが、やはり猫に荒らされると気に入らない。その後家庭菜園も設けているが、これも時々猫にやられる。

 猫荒らしの状況を良く見ると、植わっている野菜や草花自体は避けているようである。問題は、野菜の場合は、発芽して間もないものについては荒らしている。猫は発芽して間もない野菜を荒らしているつもりはなくて砂かきをやっているのかもしれないが、こちらにとってはなけなしのスペースをあらされるので困る。

 花壇にしても、大きく育ったものは荒らさないが、まだ小さいもの、草花の植わっていない場所については、砂かきのようなことをやってしまう。

 猫被害の有効な対策はないし、猫ストッパーという天然物の臭い散布剤を蒔いていも効き目がない。その他、いろいろ聞いても良い方法がない。だめもとで、ペットボトルを置いてみた。これがなぜ有効とされているのか分からない。多分、きらきらするためと思う。しかし、そうだとすると夜間にはペットボトルは有効ではなかろう。また、ペットボトルをおくと猫の所有者に文句を言っている感じで近所づきあいとしても印象が良くない。

 我が家の場合猫荒らしは空いたスペースがあればやられるので、出来るだけ、苗と苗の間の空間をペットボトルで埋めることを考えた。しかし、草花とペットボトルとではどうも違和感がある。草花が台無しになる。特に、ペットボトルの先端部分が人工的な形態をしている。そこで、ペットボトルの先端部分を下にして埋め込んでみた。少しはましになったが、それでもまだ人工的なので、中身の水の変わりに薄い絵具液を入れてみた。そうして作ったのが、下の写真(クリックで拡大)を花壇である。草花は種から育てているペチュニアでまだ開花していない(花芽は付いている)。 

Dsc_00311

 これで効果があるかどうか分からないし、そのうち嫌になってしまうかもしれない。しかし当面はこのままで、そのうち花が咲いてからどういう雰囲気になるかをみて、この状態を継続するか、撤収するか、判断したい。 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »