« ビックリグミがわずかに実りました | トップページ | ピンホール写真_京都植物園「エキウム・ウィルドプレティ」 »

2008年6月 1日 (日)

良寛像 粘土制作(その2)「かくれんぼ」

 粘土いじりの教室で良寛像を制作している。今までに第1作目として座像を作りこのblogにも載せた(「良寛さん像の制作-坐像(粘土いじりの教室)」)。良寛像の第2作「かくれんぼ」を作成した。以下の写真は、角度を変え背景を変えて写したものである(写真はクリックで拡大)。

Sdsc_00261 Sdsc_00301 Sdsc_00331 Sdsc_00431

 粘土で作ったものを素焼きした後、釉薬をつけて焼いたものである。その後、足りない部分は絵具で描き足した。顔だけ見えるのが良寛さんのつもりである。 

 かくれんぼについての良寛さんの逸話については、良寛さんが子供たちとあるときかくれんぼをした。麦わらの山があったのでそこに隠れた。子供たちは良寛さんを探したが見つからない。そのうち、良寛さんは寝てしまった。暗くなったので、子供たちも家に帰った。良寛さんはそのまま朝まで寝てしまった、という話があるそうである。この話の中の麦わらの山の中に隠れているシーンを想像して粘土にしてみたものが上の写真である。

 粘土での良寛さんについてはこれが2作目であるが、もう少し(2-3作)作っているところなので出来次第blogに載せていきます。

 

|

« ビックリグミがわずかに実りました | トップページ | ピンホール写真_京都植物園「エキウム・ウィルドプレティ」 »

粘土像」カテゴリの記事

コメント

とんぼさん、おはようございます。良寛さんには共感するところがあるので、いろんな逸話をもとに今のところ全部で4-5体出来る予定です。教室では2時間で作る感じでばたばたしていてもっとゆっくり作りたいなと思うところがあります。なかなか思ったように手が動かないので。
 残念なことに今行っている粘土いじりの教室は先生の意向であと3-4回で閉鎖するとか。良寛さんシリーズは作り終わっているのであと3つぐらいのアイデアで終わりです。粘土のその後については残念ながら予定が立っていません。窯を買って自宅でもやれば出来るのでしょうがそこまではというところです)。

投稿: とんぼナック | 2008年6月 4日 (水) 10:31

おはようございます。この話は私も知っています。面白い良寛さんの像が出来たのではないでしょうか。色々自分の手で作り上げるのはその過程も楽しいし思ったように出来上がると嬉しいものですね。プロの方は必ずしも楽しくないかな(笑)。

投稿: とんぼ | 2008年6月 4日 (水) 08:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/41394036

この記事へのトラックバック一覧です: 良寛像 粘土制作(その2)「かくれんぼ」:

« ビックリグミがわずかに実りました | トップページ | ピンホール写真_京都植物園「エキウム・ウィルドプレティ」 »