« 初めてのそら豆の初収穫 | トップページ | これでも猫対策のつもり-花壇 »

2008年5月27日 (火)

京都府立植物園の「エキウム・ウィルドプレティー」

 昨年の今頃、京都府植物園の珍しい「エキウム・ウィルドプレティー」を見に行きました。

エキウム・ウィルドプレッティーとは。
 アフリカ西海岸のカナリア諸島の原産で、「宝石の塔」と呼ばれる。見上げるほどの高さまで小さな赤紫色の花が大量につく。花は7、8ミリと小さいが、1株に1万5000-2万個咲くといわれる。

 エキウム・ウィルドプレティーのピンホール写真も取ったのですが、残念なことに邪魔物(私の指)が写っていました。

 今年は、もういいやと思っていましたが、さすが、新聞などで報道され花の写真を見ると、ピンホール写真の再チャレンジをしようと思ってしまいました。昨年は35mmのフィルム用のピンホールカメラを使ったのですが、昨年秋ブローニーフィルムでのピンホールカメラを自作したのでそれで取ってみたい、という気持ちになったしまいました。

 そこで、今日、京都府植物園に行ってピンホール写真を撮ってきました。写真屋に出すので現像が出来てくるまで時間がかかります。もし出来きがましであれば後日uploadしたいと思います(だめならuploadしません)。そこで今日は露出計代わりとして使ったGR Digitalで写した写真を載せておきます(下の写真。クリックで拡大)。

R00109001

 エキウム・ウィルドプレッティー以外で私の目に留まったのは、アリウム・ギガンチュームでした(下の写真。クリックで拡大)。

R00109051

 アリウム・ギガンチューの花壇一帯は、おじさんの団体(定年退職後のおじさん団体と思われる)がカメラ・三脚の抱えてうろうろしていて、なかなか写真を取りにくい場所でした。おじさんたちは望遠レンズで花に近寄って花だけを写しているので良いのですが、私の場合はピンホールカメラが広角なのでおじさんたちが写ってしまいます。移動してくれればいいのになかなか動いてくれません。時間が余りすぎているせいでしょうか。花は確かに綺麗でよかったのですが、ああいう集団に紛れ込んだのが間違いでした。

[後日記載] エキウム・ウィルドプレッティーのピンホール写真(ブローニーの6x7)を次のブログにuploadしています→『ピンホール写真_京都植物園「エキウム・ウィルドプレティ」

|

« 初めてのそら豆の初収穫 | トップページ | これでも猫対策のつもり-花壇 »

カメラ」カテゴリの記事

園芸」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

とんぼさんへ。おはようございます。過去何回か5月に植物園に行っていますが、この季節の植物園はいつも良いですね。紹介した花以外にも、今年は源氏物語千年紀ということで、チラシには関係ある花々を紹介しているのですが、いつもながらばたばたと通り過ぎるので見落としてしまいました。もっとゆっくりしないといけませんね。
 ピンホール写真はいつも自信がありません。どう写ってくれているかわからないので。未熟な失敗も多々やらかすので。しかし、少しは期待はしているのですが、どうでしょうかね。

投稿: とんぼナック | 2008年5月28日 (水) 10:12

おはようございます。「エキウム・ウィルドプレティー」と「アリウム・ギガンチューム」、写真を見るとCGのようで何か異次元世界ですね。不思議な感じがします。ピンホールカメラで撮った写真を楽しみにしていますよ。

投稿: とんぼ | 2008年5月28日 (水) 08:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/41341416

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府立植物園の「エキウム・ウィルドプレティー」:

« 初めてのそら豆の初収穫 | トップページ | これでも猫対策のつもり-花壇 »