« 『桜の園』-京都府立植物園の桜(2008年) | トップページ | 木蓮の花、満開 »

2008年4月 4日 (金)

ヒノキ花粉飛散本格的開始(2008April4)

 長年の花粉症持ちの人間であるが、この1週間程度スギ花粉の飛散がわずかになっていいて、過ごしやすかった。

 花粉の飛散情報は、いつも、環境省のHP「はなこさん」から入手している。そろそろヒノキの飛散が始まるのでは、と思いながらも飛散情報はなかった。

 昨日は「はなこさん」によると京都地方も結構花粉量が多かった。多い中をおして、府立植物園に花見・写真撮影に出かけたわけである。植物園にいるときは薬で抑えていたのか、夕方になってじわじわと症状が出てきていた。「はなこさん」で使用している機器では、スギとヒノキの花粉が区別できないそうで、トータルとして、昨日は久々の大量飛散になったようである。

 花粉症持ちの人間としては、スギとヒノキの花粉が区別して欲しいわけであるが、それには、別の情報源であるKisseiの「スギ花粉飛散情報」のHPを頼るしかない。ここでは、スギはスギ、ヒノキはヒノキで分別した情報を流している。しかし困ったことに情報がリアルタイムではなく1-3日遅れるのである。今日の午後やっと昨日の花粉飛散情報が入った。その結果、ヒノキ花粉の大量飛散が始まったことが確認できた。

 とうとう、ヒノキ花粉のシーズンがやってきた。スギ花粉ほど強烈ではなく、じわじわとした症状が続いて、トータルとしてはまあまあのしんどさになる。これから1-2週間もう少しの辛抱が要る。

|

« 『桜の園』-京都府立植物園の桜(2008年) | トップページ | 木蓮の花、満開 »

天気・気象」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花粉症」カテゴリの記事

コメント

とんぼさんへ
「冬来たりなば春遠からじ」という心境で花粉シーズンが終わるのを待っています。ところで、環境省の「はなこさん」の情報では関東地方は関西よりも数十倍も多い花粉が飛散していますが、患者さんはどう凌いでおられるのでしょうかね。花粉量と花粉症状の程度とには直線関係は無いかもしれませんが。

投稿: とんぼナック | 2008年4月 5日 (土) 11:30

おはようございます。後1,2週間ですか、スギ、ヒノキと大変ですね。人によって反応する花粉が色々と違うようで、同じ花粉症といっても一筋縄ではいかないようですね。お大事にしてください。

投稿: とんぼ | 2008年4月 5日 (土) 09:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/40761148

この記事へのトラックバック一覧です: ヒノキ花粉飛散本格的開始(2008April4):

« 『桜の園』-京都府立植物園の桜(2008年) | トップページ | 木蓮の花、満開 »