« 木蓮の花、満開 | トップページ | これも桜?-ウワミズザクラ(上溝桜) »

2008年4月 9日 (水)

桜(2008)-ピンホール写真

 4月2-3日にピンホールカメラで桜を撮ってきたのが今日(9日)やっと現像、プリントが出来てきて、早速、ネガフィルムをスキャナーで取り込みました。Photoshop Elementsで編集しましたが、なかなか思ったような感じには再現できず、ある程度のところで終了にしたものをuploadしました(写真はクリックで拡大)。

 ブローニーフィルムで撮影していますが、手持ちのスキャナーがブローニーフィルムに対応していないのにもかかわらず強引に取り込みをしていますので、少し欠いて取り込まれます。しかしかけるのはわずかなので、適当にトリミングもしてuplaodしています。

 下2枚は、京都の高野川堤の桜です(高野川は賀茂川と合流する川です。合流後は鴨川と呼ばれています)。 5分咲きというところでちょっと早かった時期です。通常のカメラでの写真と比較できると良いのですが、対応する写真を撮っていませんでした。何しろピンホールカメラに慣れていないのでまともに取ることばかり気にしていたので。桜はピンホールカメラでどう撮ったらよいかなかなかイメージできなくて何とかとった中の2枚です。

Blogsakuratakanogawa11

Blogsakuratakanogawa21

 次の2枚は、京都府立植物園の桜です。これも通常のカメラでの写真と比較はできませんが、同じ日に撮った京都府立植物園の桜は先日のブログ「『桜の園』-京都府立植物園の桜(2008年)」にuploadしていますので、雰囲気は比較できると思います。通常のカメラでの写真とはかなり違った雰囲気にはなっているのは明らかと思います。全体に天気が悪かったのが残念です。

Blogbotanygarden11

Blogbotanygarden21

 以上ですが、桜がどんな感じでブローニーフィルムでのピンホール写真になるのか分からなかったので今回の写真は来年のための参考資料といった感じでしょうか。 

 最後に、京都府立植物園の噴水です。これもブローニーフィルムのピンホール写真で写したらどうなるか、と言う興味から撮りました。通常のカメラでの写真と比較すると差が分かると思います。

Blogbotanygarden3_v21_2
(↑ピンホール写真)

R00108421_2
(↑通常のコンデジでの写真。GR Digital)

 今年もあまりぱっとしない感じで桜のピンホールカメラ撮影が終わりましたが、いろいろ視点を変えて、撮っていこうと言うところです。ブローニーフィルムのピンホール写真なら、35mmフィルムのピンホール写真(昨年撮った経験有り)よりもずっとましなので、その確認は桜でもできたようです。

|

« 木蓮の花、満開 | トップページ | これも桜?-ウワミズザクラ(上溝桜) »

カメラ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

とんぼさんへ
 なかなか、これはっ!という写真は撮れないのですが、なかなか捨てがたい映像になるのがピンホール写真のようです。しかし、いつもどこか不完全燃焼気味になります。そういうところから一歩抜け出たいといつも思っているのですが、なかなか行動が伴いません。また何かテーマでも考えてチャレンジです。

投稿: とんぼナック | 2008年4月 9日 (水) 18:59

今晩は。なるほど、きれいに撮れるもんですね。ほのぼのとした柔らかで優しい感じですね。やっぱりなんともいえない独特な映像が出来ますね。比較写真を見るとそれが良く分かります。時々見せてください。楽しみです。

投稿: とんぼ | 2008年4月 9日 (水) 17:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/40824510

この記事へのトラックバック一覧です: 桜(2008)-ピンホール写真:

« 木蓮の花、満開 | トップページ | これも桜?-ウワミズザクラ(上溝桜) »