« 京都・東寺の春の特別公開(2008) | トップページ | 3年目のネメシア・メロウ-開花とさし芽 »

2008年4月30日 (水)

我が家の家庭菜園の状況-2008年4月終わり

 2008年4月終わりの家庭菜園の状況である。

(1) 2月下旬に種蒔したコマツナ、ラディッシュは収穫中。

(2) タマネギ、ニンジン、ジャガイモは生育中。ジャガイモは芽欠きも完了。

(3) ソラマメは初めての栽培で、どういう具合に生育していくのか分からなかった。花が3月には咲き始めたのにもかかわらず、実がなかなか見えなかったが、1ヶ月以上経ってやっと実が認識できるようになった。現在も生育中である。名前の通り、実は「空に」向いている。

(4) キヌサヤは今週から収穫できるようになった。キヌサヤの花は白であるが、一昨年秋はじめて苗を買って栽培したときには紫色の花であった。そのため菜園がはんなりしていたが、今年は白なので殺風景である。来期(今年の秋)はどうしようか思案中である。

(5) チンゲンサイの種蒔を実施。生育中。

(6) トマト(品種はサターン)、万願寺唐辛子の苗を4月中旬に購入し定植済み。昨年はトマトはそのまま放置して収量が少なかったので、今年は、まじめに脇芽を欠きとっている。

(7) 種から育てているシシトウとカラーピーマンであるが、3月初めに種蒔し、1ヶ月かかってやっと発芽し、更に1ヶ月近くたって本葉が出てきたところ。早く定植したいのであるがまだ無理だと思う。結構栽培期間が長いので気長にやろうか。

(8) インゲン、オクラは種蒔が終わったところ。

 家庭菜園の状況は以上であるが、ゴーヤについては近々苗を買ってきて定植する予定。なお、ナスは我が家でトライしたがうまく行かないので今年はやめることにした。なぜうまく行かないのか。菜園全体に日当たりが悪いのは悪いのであるが。

 春の植付のシーズンはこれで終わりのようで、頭の中は既に7-8月に種蒔するものを考え始めている。ダイコン、カリフラワー、スティックブロッコリーなどのなると思う。

 草花については、これからの季節は挿し木であろう。いま、ゼラニウム、ネメシアの挿し木をやっているが、うまく付くかどうか。あと、モンタナ・エリザベス(クレマチス)、リンドウ、キキョウなどが候補である。キキョウは株分けでもよさそうであるが一度チャレンジ。

 

|

« 京都・東寺の春の特別公開(2008) | トップページ | 3年目のネメシア・メロウ-開花とさし芽 »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

とんぼさん、おはようございます。種蒔したシシトウ、ピーマンは今年はテスト栽培で行きますが、リスクもあるかもしれないので苗も少し買ってきて定植しようと思います。

投稿: とんぼナック | 2008年5月 1日 (木) 09:19

おはようございます。野菜も色々作っていますね。収穫が楽しみでしょう。ピーマン、シシトウの類は生育が遅いですよね。ハウス温床育苗でも2月に蒔きます。それでこの時期定植ですから。

投稿: とんぼ | 2008年5月 1日 (木) 09:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/41041431

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の家庭菜園の状況-2008年4月終わり:

« 京都・東寺の春の特別公開(2008) | トップページ | 3年目のネメシア・メロウ-開花とさし芽 »