« 良寛さん像の制作-坐像(粘土いじりの教室) | トップページ | 春です-花粉症開始とパンジー開花寸前 »

2008年3月 2日 (日)

我が家の家庭菜園の状況-2008年3月

 2008年3月初めの我が家の狭い家庭菜園の状況である。

 先月、昨年より持ち越しで1本だけ残っていた収穫直前のダイコンをサルに取られ、タマネギ苗も何本も抜かれたショックでしばらくは家庭菜園が手に付かなかった。

 しかも今年の冬は、2月になってからも寒い日が続き雪も多く、タマネギ苗などは降った雪に埋まってしまうのみならず、屋根から落ちた雪にも更に覆われてしまう、という心配な日が続いていた。しかし、タマネギ苗なんとかつぶれないでいる。

 2月も後半になった頃、そろそろ、ジャガイモの植付をしなければと思い、何とか2月中には種芋を植え終わった。

 昨年から植わっているものでは、ホウレンソウが何とか生育してくれて1月2月と収穫しているし、3月も収穫できそうである。

 キヌサヤ、ソラマメも昨秋種蒔したものが、順調に生育中である。12月に種蒔したニンジンも本葉を出して、ゆっくり成長中である(やはり冬は成長がゆっくりである)。

 新たに種蒔したものでは、先週、コマツナ、ラディッシュの種蒔が終わった。今年は寒い日が続くので、ビニールトンネルを被せておいた。

 今日は、初めての試みとして、シシトウ、カラーピーマン(パプリカ?)の種蒔をした。発芽気温は20-30℃であるので果たしてうまく行くかどうか。

 以上が家庭菜園の現状であるが、もう1-2ヶ月経つと、いよいよ、春の家庭菜園の本番になろう。

 草木では、昨年春に種蒔したペチュニアであるが、1年草と思っていたが冬を越したようである。枯れていくか、このまま新たに成長していくかは予断を許さない。

 昨年、9月に種蒔したパンジーが3月になってもまだ、花が咲かない。残念である。花芽はあるのであるが、開花しないでいる。これでは鑑賞期間が短くなってしまうのにと恨み武士になってくる。

 ウメも蕾はつけていてもまだ咲いていない。ウメ開花便りではもうどこも開花しているのに、なぜか我が家では遅い。

 しかし、ウグイスもやっと鳴き出したし、多くの庭木もたくさんの蕾、葉芽をつけていて、「はあるよこい!、はあやくこい!」と言っているようである。


 
 

|

« 良寛さん像の制作-坐像(粘土いじりの教室) | トップページ | 春です-花粉症開始とパンジー開花寸前 »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

とんぼさんへ
 今日は啓蟄のようですが、京都は雪が降っています。またちょくちょくブログ訪問をさせてください。

投稿: とんぼナック | 2008年3月 5日 (水) 14:03

おはようございます。春ですね。私もちょっぴり忙しいです。ハウスの中での育苗、畑での種蒔き、新しいことへの挑戦(板、竹彫り)etc。ブログご訪問ありがとうございました。

投稿: とんぼ | 2008年3月 5日 (水) 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/40340096

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の家庭菜園の状況-2008年3月:

« 良寛さん像の制作-坐像(粘土いじりの教室) | トップページ | 春です-花粉症開始とパンジー開花寸前 »