« 久しぶりに紅白歌合戦を見る-後半部分 | トップページ | 正月は粘土で雛人形づくり »

2008年1月 1日 (火)

正月の寒桜ー京都・赤山禅院

Noborir0010749edit1_2  今まで長年京都に住んでいて、正月はいつもは伏見稲荷大社が近くにあったのでそちらの方におまいりして、お好み焼きを買って帰るのが常であった。

 数年前に京都の北の方に引越してきたものの、あまりお参りするところも思いつかなくて、まだ行ったことがない下鴨神社に行くかと思い立って、行ってきた。特にどうということもなくて、物足りなく、別のところにも行ってみようかと思い、正月の赤山禅院に行ってきた。

 京都の七福神の一つで、京都御所から見ると表鬼門にあたり、鬼から都を守る方位の守護神として祀られてきたお寺だそうである。秋は紅葉が綺麗なので良く行くところの一つであるが、正月のお参りは始めてであった。

 境内には寒桜が咲いていて綺麗だったので写真を撮ってきた。この桜は10月~2月にかけて咲くそうであるが、今日は一段と寒い日だったので寒桜にも辛い一日であったかもしれない。

Kanzakurar00107391_2

境内のお堂、お社を巡ってお祈りするようになっているお寺であるが、その中で、石の羅漢さん(16体)、観音さん(33体)も出迎えていてくれたのにはほっとした。

Rakanr00107451_3 Kanonr00107471

 ところで、今年の正月は、気象庁は正月寒波をしきりに宣伝(?)している。京都も雪の予報であるが、一向に雪が拝められない。雪が積もればピンホールカメラで写真をと思っていたのだが。

|

« 久しぶりに紅白歌合戦を見る-後半部分 | トップページ | 正月は粘土で雛人形づくり »

カメラ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/17545811

この記事へのトラックバック一覧です: 正月の寒桜ー京都・赤山禅院:

« 久しぶりに紅白歌合戦を見る-後半部分 | トップページ | 正月は粘土で雛人形づくり »