« 久しぶりに紅白歌合戦を見る-前半部分 | トップページ | 正月の寒桜ー京都・赤山禅院 »

2007年12月31日 (月)

久しぶりに紅白歌合戦を見る-後半部分

 紅白歌合戦の後半部分は、前半部分と違ってなぜか全体に低調で、面白くなかった。鶴瓶の司会ぶりも「家族に乾杯-紅白歌合戦版」とでも行ったような雰囲気で、従来の紅白歌合戦とも趣を異にしている。赤白応援の歌合戦という看板をはずしたようではあるが、どういう「歌番組」に仕上げるかが未完成だったという感じがした。また、追悼番組的(美空ひばり、阿久悠、ZARD)でもあり、歌番組としては、番組の趣旨が違うのでは。

 また、前半と後半でディレクターが違うのかと思うぐらい出来上がりが違っていたのはなぜだろうか。後半の歌手たちが少々かわいそうであった。とにかく、後半については、これ以上特に書くことなし。ただ、天童よしみの歌だけは涙が出る。

 全体として、今年の紅白歌合戦は、「懐メロ紅白歌合戦」といった感じもし、テレビ大阪(テレビ東京)の「年忘れ!日本の歌」と被っている感じがしてならなかった。

|

« 久しぶりに紅白歌合戦を見る-前半部分 | トップページ | 正月の寒桜ー京都・赤山禅院 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/17538481

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに紅白歌合戦を見る-後半部分:

« 久しぶりに紅白歌合戦を見る-前半部分 | トップページ | 正月の寒桜ー京都・赤山禅院 »