« 正月までに間に合いそうにないパンジーの開花 | トップページ | 久しぶりに紅白歌合戦を見る-後半部分 »

2007年12月31日 (月)

久しぶりに紅白歌合戦を見る-前半部分

 今年もとうとう終わりかかっている。暮れの番組としては若いときは紅白歌合戦を良く見たが、この10年以上は通しで見たことは無い。しかし、今年は、裏番組がどれもこれも面白くないのに対し、紅白は、陣内(智則)が審査員で出るし、ムーディ勝山も出るというので、どういう演出になるか見ざるを得なかった。

 まだ途中だが、例年番組すべてが赤白の応援、であったが、今年は、そういうアナクロニズム的なものは思い切ってはずしているのが驚いている。NHKもやっと分かったのか、遅すぎたが、という印象である。そのためか、演出が広がった感じもする。

 今までのところ歌の中では、やはり、懐メロ的なものがジーンときている。前川清・クールファイブ(+ムーディ勝山)の「そして、神戸」、あみんの「待つわ」、新曲であろうが、すぎもとまさとの「吾亦紅」、寺尾聡の「ルビーの指輪」、などは涙が出そうになる。

 赤白の応援がなくなったばかりでなく、笑福亭鶴瓶の話の中で、大阪民放のテレビ局のアナウンサーの名前が出たり、民放の番組の話が出たりして、規制も緩やかなになったものである。また、楽屋シーンも出てきたいた。香取信吾が行っていたが、こういうシーンは紅白史上初めてであるとか(そう思う)。

 デジタル放送で見ているが、デジタル情報も参考になっている。しかし、「楽屋ヘッドライン」と称して、簡単ではあるが後続の出演者の「動向」を報道しているのはいただけない。不要である。

 デジタル放送で見ているので、当然投票にも参加している。3回の投票のうちいまなでで2回やった。当然「白」に投票した。

 以上が、前半である。

 

|

« 正月までに間に合いそうにないパンジーの開花 | トップページ | 久しぶりに紅白歌合戦を見る-後半部分 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/17536658

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに紅白歌合戦を見る-前半部分:

« 正月までに間に合いそうにないパンジーの開花 | トップページ | 久しぶりに紅白歌合戦を見る-後半部分 »