« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の9件の記事

2007年12月31日 (月)

久しぶりに紅白歌合戦を見る-後半部分

 紅白歌合戦の後半部分は、前半部分と違ってなぜか全体に低調で、面白くなかった。鶴瓶の司会ぶりも「家族に乾杯-紅白歌合戦版」とでも行ったような雰囲気で、従来の紅白歌合戦とも趣を異にしている。赤白応援の歌合戦という看板をはずしたようではあるが、どういう「歌番組」に仕上げるかが未完成だったという感じがした。また、追悼番組的(美空ひばり、阿久悠、ZARD)でもあり、歌番組としては、番組の趣旨が違うのでは。

 また、前半と後半でディレクターが違うのかと思うぐらい出来上がりが違っていたのはなぜだろうか。後半の歌手たちが少々かわいそうであった。とにかく、後半については、これ以上特に書くことなし。ただ、天童よしみの歌だけは涙が出る。

 全体として、今年の紅白歌合戦は、「懐メロ紅白歌合戦」といった感じもし、テレビ大阪(テレビ東京)の「年忘れ!日本の歌」と被っている感じがしてならなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに紅白歌合戦を見る-前半部分

 今年もとうとう終わりかかっている。暮れの番組としては若いときは紅白歌合戦を良く見たが、この10年以上は通しで見たことは無い。しかし、今年は、裏番組がどれもこれも面白くないのに対し、紅白は、陣内(智則)が審査員で出るし、ムーディ勝山も出るというので、どういう演出になるか見ざるを得なかった。

 まだ途中だが、例年番組すべてが赤白の応援、であったが、今年は、そういうアナクロニズム的なものは思い切ってはずしているのが驚いている。NHKもやっと分かったのか、遅すぎたが、という印象である。そのためか、演出が広がった感じもする。

 今までのところ歌の中では、やはり、懐メロ的なものがジーンときている。前川清・クールファイブ(+ムーディ勝山)の「そして、神戸」、あみんの「待つわ」、新曲であろうが、すぎもとまさとの「吾亦紅」、寺尾聡の「ルビーの指輪」、などは涙が出そうになる。

 赤白の応援がなくなったばかりでなく、笑福亭鶴瓶の話の中で、大阪民放のテレビ局のアナウンサーの名前が出たり、民放の番組の話が出たりして、規制も緩やかなになったものである。また、楽屋シーンも出てきたいた。香取信吾が行っていたが、こういうシーンは紅白史上初めてであるとか(そう思う)。

 デジタル放送で見ているが、デジタル情報も参考になっている。しかし、「楽屋ヘッドライン」と称して、簡単ではあるが後続の出演者の「動向」を報道しているのはいただけない。不要である。

 デジタル放送で見ているので、当然投票にも参加している。3回の投票のうちいまなでで2回やった。当然「白」に投票した。

 以上が、前半である。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

正月までに間に合いそうにないパンジーの開花

Dsc_001612 毎年パンジーは花の咲いている苗を購入して来た。今年は、種から育ててみようと思いたち、9月に種蒔をした。9月に種蒔をしても、年内か開花があるかどうか分からない感じであったが、何事も経験を思って種蒔をした。

 今年の9月は暑くて記録的であったと思う。そもそもパンジーの種は暑いときは発芽しないそうであるが、どういうようになるのか、状況把握のため、9月8日に種蒔した。その結果、暑かったせいかどうかは分からないが、半月後の発芽状況は約20%と惨敗であった。毎年苗を10数個買っているので、約20%の発芽では足りない。そこで9月24日にまた種を蒔いた。少しは涼しくなっているので発芽率は上がろうが、年内の開花はきたい出来なくなると思ったが、必要な苗の数はそろえなければということで24日に追加種蒔をした。追加種については半分以上が発芽した。この発芽率は多分まだ低いのであろうが、その辺の検討は来年にするとして、今年の種蒔はこれで完了した。

 その後、パンジーは少しずつ、少しずつ成長しながら、10月、11月が過ぎていった。いつ開花してくれるのか、開花するにはまだ程遠いと思いながら12月も下旬になってしまった。そして、今年もあと1週間程度になった今日の状況が上の写真である。9月の下旬に種蒔したものである。上旬に種蒔したものはこの写真よりは大きいが、これも開花はまだ先の先、という感じである。

 その間に、早々と、園芸店では、開花した苗を売っていた(当然である)。記録によると、昨年は10月下旬に苗を買っている。2ヶ月もパンジーの花を見る機会を失った計算になる。

 今年は、パンジーのほか、ペチュニア、マリーゴールドも種から育てた。これらも開花するのに時間がかかっていた。どちらもは6月上旬に開花した。多分園芸店よりは2ヶ月は遅れているであろうと思う。と言うことは、パンジーも既に2ヶ月遅れているので、そろそろ開花であろうか。ペチュニア、マリーゴールドは開花が遅れたが、長々と花が咲いている。驚く無かれ12月の下旬の今日もまだ咲いているのである。半年近く咲き続けたことになる。そうすると、種からのパンジーも長々咲いてくれるのだろうとの期待が出てくる。結果はどう出るか分からないが、来年の楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

粘土作品展示会の受付担当が終了

 今週、粘土作品の展示会をやっている(「粘土作品の展示会出展」)が、その展示会の受付担当の日が昨日で、4時間受付を担当してきた。初めの時間調整では、一人で担当するようになっていたが、行ってみると、もうひとり応援に来てくれていて、また、教室の先生もおられて、助かった。来てくれた人は思ったよりは多かったし、先生を中心に話も弾んでいたようだった。

 受付担当は基本的にはお茶を出してとか記帳をお願いするとかが役割であろうが、今回の展示会は20名強の人の出展であるものの、お互いのメンバーのバックグラウンドもほとんど知らないままであったので、客のいない時間には先生からそういう面の話も聞くことが出来て参考になった。

 展示したギャラリーの近辺にはギャラリーが多く、ギャラリーめぐりをしていると思われる人もいたようである。そういうギャラリーめぐり、というものがあることを最近出版された岩波新書「写真を愉しむ」という本のなかで知ったばかりで、著者の写真評論家の人もやっている、ということだった。そういうギャラリーめぐりも、今後いろんな趣味をやるときに、刺激を受ける、情報を得るという意味でいいものだと思ったものである。

 いままでは展示会というものもあまり行ったことも無く、行ったとしても、客もほとんどいなくて、いたとしても静かに展示を見ているという感じであったが、今回先生と一緒にいてみなさん結構いろんな話をしているのが分かった。今後、ギャラリーめぐりのコースを考えても良いかなと思っているところである。

 「写真を愉しむ」の中に展示会の出展の仕方にいろんなやり方があることを書いていて、出来ればまず個展を2-3回やったほうが良いようなことを書いていた。写真の場合は作品が比較的多く作れるので(グループ展ではなく)個展も有り、かなとは思ったが、今回の体験からして、個展でも開こうものなら、最低でも6日間、ほとんどひとりで受付をやらなければいけないのかと思うと、大変なことであると実感したものである。まあともかく展示会のことを考えるよりも作品を楽しむほうが先決かな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

粘土作品の展示会出展

 今年春から、粘土(彫刻、彫塑)の教室に通っており、以前にも、石膏レリーフ、阿修羅像頭部の石膏像などをこのブログでも記載した(「石膏レリーフの作製」、「阿修羅像(頭部)の石膏像の作製」)。

 前回の教室のときに、先生から突然、展示会をやるので、今まで作製したものを出展してください、との話があった。いきなりのことで戸惑ったが、教室のメンバーはみんな展示するとのことで、今日、京都市内のギャラリーに作品を搬入した。ずぶの素人の作品で恥ずかしいものであるが、私の顔はお客さんには分からないのでいいか、ということで持って行った。

 「○○先生と土のなかまの会展」と称して、今週6日間開かれるそうである。「○○先生と土のなかまの会」、という会があったのかどうか知らないが、顔見知りの教室のメンバーが1/3で、その他の知らない人たち(この人たちも先生の別の教室に通っているものと思われる)が2/3であった。

 最後の授業のときに作った「和み(なごみ)」とタイトルをつけたもの(下の写真)も今日焼きあがってきていた。それも展示することになった。このものは、粘土で制作し、それを素焼きにしたものに釉薬をかけて焼いたものである(素焼き、釉薬の部分は先生のお力添えによるものである)。

 R0010729edit111

 展示会に出展すれば終わりかと思っていたら、ギャラリーの受付もみんなで持ち回りでやるようになり、4時間拘束されることになった。こういう拘束は一番苦手なのであるが皆さんの作品をじっくり見ながら勉強する時間にあてようと思っている。

 ずぶの素人の作品展に出すのは恥ずかしい限りである一方で、今後の励みになりそうである。この趣味もいつまで続くか、といつも心配しつつも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

自作ピンホールカメラの試し撮り-その2

 ブローニーフィルム装着のピンホールカメラを作って(自作して)試し撮りをしている。以前に「ピンホール写真講座受講-その後3-自作ピンホールカメラの試し撮り画像」という記事で、焦点距離(ピンホールからフィルム面の距離)が50mmのものを使った試し撮りを報告した。しかし、より広角のものの試し撮りをしたくなったので、焦点距離40mmのものをセットして撮影してきた。近くの京都・曼殊院である(下の写真。クリックで拡大)。

Mansyuinnov301

 もっとモミジが鮮やかであったら雰囲気良いものになっているのであろうが、今年の紅葉はいまいちであったので仕方ない。ピンホール写真での色の再現は難しいので、この問題は今後の課題である。

 もう一つ写真を載せると、下の写真は近くの京都・鷺森神社の銀杏(と紅葉)である(クリックで拡大)。光の差し込み具合が少し気に入っている写真です。拡大してみたら銀杏の葉が落ちているのが木の幹に黄色い流れ(線)で映っているのが見つかった。面白いことです。

Sagimorinov301

 以上の写真でピンホールカメラの面白いところが出ているかなという感じなので、このまま撮影を続けていけそうである。しかし、もっと広角なものがほしいので、今日急遽、焦点距離32mmのものを作製した。また、この32mmのカメラの試し撮りに行かなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

一個残った使い道の無い花梨の実

Dsc_00151

 今年の春は我が家に庭の花梨の花がたくさん咲き、花梨の実の収穫時は大変になるだろうと思っていた。100個以上実がつきそうな感じであった。

 そのうち、実がまだ小さいころからぼろぽろと落ち始め、初秋時分には20個程度になっていた。それでも、この実が大きくなる頃はどう処分したものかの頭が痛かった。昨年は、初めてのことだったので花梨酒にしたが、結局あまり飲まないで廃棄処分になってしまった。

 11月になってきて、大きくなった実が、風などが強く吹けばれば次々に落ちてくるようになった。しかし、ことしは、花梨酒にする気はないので、奥さんに頼んで、花梨ジャムにしてもらった。ところが、りんごジャム、あんずジャムなどとくらべ、あまり食の進まないものでしかなく、続けて食べるのはしんどい、ということになった。

 仕方ないので残った落ちた実はそのまま置いていたが、段々腐ってきて多くのものが廃棄処分となった。枝についている実も次第に残り少なくなり、いま、一個だけになった(写真参考)。この実は花梨の枝にぶら下がっているのではなく、花梨の枝に座っているようなので落ちにくいのだろうと思う。重さは測っていないがおそらく700-800gはあるものと思われる。しかし使い道が無い。そのうち落ちるだろう。落ちたら廃棄処分の運命か。何か良い利用の仕方は無いものですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

ブローニーフィルム用フィルムホルダー(スキャナー用)の作製

 先日、ブローニーフィルム・マガジンを用いたピンホールカメラを作製し、やっと試し撮りを終えた。そして、現像が出来上がってきた、というところまで以前このブログに書いた。

 ブローニー・ネガフィルムの取り込みが、5年ぐらい前に購入した我が家のスキャナー(Epson GT-9300UF)で当然出来ると思っていた。しかし、よくみたら、スキャナーに付属の取り込み用のフィルムホルダーは35mmストリップフィルム(ネガ/ポジ)および35mmスライドフィルム用であり、マニュアルには、ブローニーフィルムの場合は、オプションの透過原稿ユニット(定価1万円)を購入して使えば今のスキャナーで取り込みが出来るとの記載があった。また出費がかさむ。

 どうしてもオプションの透過原稿ユニットが必要かどうかと思って、スキャナーにブローニーのネガフィルムの適当においてみて取り込み操作を行なった。その結果、なんと、GT-9300UFでも取り込んだではないか。ただ、問題点が出てきた。縦をそろえて綺麗に取り込もうと思えば結構難しいのである。やはりホルダーがないと傾いたまま取り込んでしまう。画像編集ソフトを使えばよさそうであるが、結構面倒な操作である。また、透過用ランプの幅がブローニーフィルムの幅より少しだけしか広くなく、セットしたブローニーフィルムを傾けた場合読み取られなくなる部分が出てくる。

 そういうことを考えていたらやはりオプションの透過原稿ユニットの購入のほうが楽そうであるが、ちょっとしたことに1万円も払うのは馬鹿らしい。一晩考えて、ブローニーフィルム用のホルダーを作ろうと思い立った。

 まず、35mmフィルム用のホルダーは次の写真Aのようなものであり、それをスキャナーで使うときはその次の写真Bのようにする。

35mm1_2 (写真A)

  Set_2(写真B)

 写真Aの左側は35mmストリップフィルム用であり、右側がスライドフィルム用である。写真Aのような方向でスキャナーにセットすれば(写真B)、ストリップフィルムの画像が取り込まれることになる。逆さにしてセットすれば、スライドフィルムの画像が取り込まれる。

そこで、上の写真Aを参考にブローニーフィルム用のホルダーの作製を試みた。試作品としてなのでお世辞にも綺麗なものとはいえない。それが下の写真Cである。

Bfilminit (写真C)

 早速このホルダーにブローニーフィルムをセットして取り込みを試みたが画像として取り込まない。ただ真っ黒になるだけである。フィルムだけを裸にしてポンとスキャナーに置いたときは取り込んだのにと不思議に思った。

 そこでいろいろ試行錯誤を繰り返した。写真Cの右側の半分の部分が邪魔なのかと思って切ってみたが変化無し。その他の箇所もいろいろ切り刻んでみた。そして写真Cの左側だけにしてスキャナーの真ん中においてみたがやはりダメ。変である。フィルムだけを裸にしてスキャナーに置いたときと変わらないのにと思ったが理由が分からない。

 そこで、写真Aを良く見て、一箇所変な部分があるなということに気がついた。それが下の写真Dである。赤で囲った部分がスペースとして開いている。

35mm2 (写真D)

 そこで、写真Cの左側部分のみにしたものを写真Dの左半分のようにすこしスペースを設けてスキャナーにセットしてみると、やっとうまく取り込むようになった。そして、いろいろ試行錯誤して、このスペースが大事であることが確認でき、最終的に下の写真Eのようなものを試作品として作製した。

Bfilm
(写真E)

 後で分かったことであるが、このスペースが大切であるりその部分をふさがないようにとマニュアルに書いてあった(写真F)。なぜ塞いではダメなのかの説明をもっと明確に書いて欲しかった。余談であるが、なぜそうしたらダメかをかかないで、ああしないでください、こうしないでください、ということだけを書いているマニュアルが多すぎる。結局、この部分が空白であるかどうかによって、本当にネガフィルムがセットされているのかどうかを判断している感じである。

Scannersetmemo(写真F)

 こうしてホルダーの試作は完了したが、取り込めないと思っていたブローニーフィルムでも取り込めるのであればどうしてブローニー用のホルダーを用意せずにオプションの透過原稿ユニットを売ろうとしたのか。Epsonのやり方は理解に苦しむ。何事もあきらめないのが肝心あると改めて思った次第である。

 こうして、ピンホールカメラの写真をネガからスキャナーに取り込んで画像処理したもの(まだ処理が不十分であるが)を下に載せておきます(クリックで拡大します)。京都・曼殊院の勅旨門のピンホール写真です。

Mansyuin

[後日(12/6)追記] 以上のように、ホルダーはちゃんと出来たのであるが、本日(12/6)判明したことがある。私の持っているスキャナーのGT-9300UFでブローニーフィルムのネガが取り込み可能ということでこのブログを書いてきたが、実は、このスキャナーでは4.83cmの幅のものしか読んでいないことが分かった。ブローニーフィルムのネガは幅が5.6cmぐらいなので、0.8cm程度トリムして取り込んでいるという感じになっている。これでは問題があるのでスキャナーの買い替えが必要かなと思うようになってきた(取り込み時間もかなりかかるし)。そうなると、せっかく作ったホルダーもいらなくなる、という結果になりそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BSデジタル2局開局

 今日(12/1)夕方になって、BSデジタル2局が今日開局しているのに気づいた。BS11とBS12 トゥエルビである。早速、チャンネルを設定した。

 地上波デジタル(アナログ放送)の番組が面白くなく、また、落ち着いた番組がなく、騒ぎすぎの番組ばかりなので嫌気さしていたが、BS11とBS12 トゥエルビはどういう放送をしてくれるのか、あまり期待はしていないが、せっかくの放送なので、品位あるものを期待したいものである。

 そうこうしているうちに、BS10chのスターチャンネルが映画を放送しているのに気づいた。儲けもンであると一瞬喜んだものの、インターネットで確認したところ、12/1~12/2が無料で映画を放送しているそうな(ハイビジョン化になったのでサービス放送らしい)。ぬか喜びであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »