« 一個残った使い道の無い花梨の実 | トップページ | 粘土作品の展示会出展 »

2007年12月 6日 (木)

自作ピンホールカメラの試し撮り-その2

 ブローニーフィルム装着のピンホールカメラを作って(自作して)試し撮りをしている。以前に「ピンホール写真講座受講-その後3-自作ピンホールカメラの試し撮り画像」という記事で、焦点距離(ピンホールからフィルム面の距離)が50mmのものを使った試し撮りを報告した。しかし、より広角のものの試し撮りをしたくなったので、焦点距離40mmのものをセットして撮影してきた。近くの京都・曼殊院である(下の写真。クリックで拡大)。

Mansyuinnov301

 もっとモミジが鮮やかであったら雰囲気良いものになっているのであろうが、今年の紅葉はいまいちであったので仕方ない。ピンホール写真での色の再現は難しいので、この問題は今後の課題である。

 もう一つ写真を載せると、下の写真は近くの京都・鷺森神社の銀杏(と紅葉)である(クリックで拡大)。光の差し込み具合が少し気に入っている写真です。拡大してみたら銀杏の葉が落ちているのが木の幹に黄色い流れ(線)で映っているのが見つかった。面白いことです。

Sagimorinov301

 以上の写真でピンホールカメラの面白いところが出ているかなという感じなので、このまま撮影を続けていけそうである。しかし、もっと広角なものがほしいので、今日急遽、焦点距離32mmのものを作製した。また、この32mmのカメラの試し撮りに行かなければならない。

|

« 一個残った使い道の無い花梨の実 | トップページ | 粘土作品の展示会出展 »

カメラ」カテゴリの記事

クラフト」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/17292115

この記事へのトラックバック一覧です: 自作ピンホールカメラの試し撮り-その2:

« 一個残った使い道の無い花梨の実 | トップページ | 粘土作品の展示会出展 »