« ヒイラギの開花と定植後のタマネギ | トップページ | ピンホール写真講座受講-その後3-自作ピンホールカメラの試し撮り画像 »

2007年11月26日 (月)

自作ピンホールカメラの試し撮り-京都曼殊院にて

 ピンホールカメラの講座を9月に受け、その後、ピンホールカメラを作製したことは10月11日のブログで報告済みである(「ピンホール写真講座受講-その後2-ピンホールカメラの作製」)。その後、試し撮りをしようと思いつつもしていなかった。近所のモミジもやっと見ごろになったので、やっと重い腰を上げて近所の京都曼殊院、鷺森神社などで試し撮りを行なった。

 自作ピンホールカメラはもともとブロ-ニーフィルム・マガジンの上にカメラボックスを取り付けたものであり、ブローニー・フィルムの取り扱いは始めてであった。10枚どりであったが、何とか全部撮って、先ほど現像屋さんに出してきた。ブロ-ニーフィルムの装填がどうなっているのか、撮り終わった後フィルムをどう処理したらよいのか、などなど、ビビリながらも何とかやって完了した(と思う)。現像が出来上がるまで結果はお預けである。幾つか心配な面はある。(1) 光漏れがあるのかどうか、(2)露光時間は適切であったか、(3)マミヤの交換式ブロ-ニーフィルム・マガジンであったので、交換時の安全弁の板を取り付けたまま撮影していないか、などなど挙げればきりがない。失敗していたら現像できてから考えるしかない。

 以上のように、今回は作製ピンホールカメラの試し撮りが主な目標であったので、モミジの方にはあまり気がいっていなかった。と言うよりも、モミジがいまいち綺麗ではなかったのである。綺麗でないと言ったら言い過ぎになるが、まだ、ベストの見ごろではない、と言った方が正確であろう。我が家にも数本モミジがあるが、その中の一番早く紅葉する木がやっと昨日ぐらい紅葉した。昨年は11/22に見ごろになったので、4日程度遅れている感じである。近所の鷺森神社は我が家のモミジよりも遅れて見ごろになり、昨年は12/1に見ごろになっ手いるので、今年は、鷺森神社・曼殊院は12/5~7頃見ごろになるのかもしれない。

 とはいえ、最後に、今日の段階での曼殊院(写真左)・鷺森神社(写真右)の写真を載せておこうと思う(写真はクリックで拡大)。

R0010676edit1 R00106681

 曼殊院のモミジで一本面白いものを見たのでその写真も下に載せた(写真はクリックで拡大)。1本のモミジの木で、黄色に変化しているもの、赤色に変化しているもの、が枝ごとに異なっているものがあった。どうしてこうなるのか理由を勉強しなければならない。

R0010677cut1_3

|

« ヒイラギの開花と定植後のタマネギ | トップページ | ピンホール写真講座受講-その後3-自作ピンホールカメラの試し撮り画像 »

カメラ」カテゴリの記事

クラフト」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/17195562

この記事へのトラックバック一覧です: 自作ピンホールカメラの試し撮り-京都曼殊院にて:

« ヒイラギの開花と定植後のタマネギ | トップページ | ピンホール写真講座受講-その後3-自作ピンホールカメラの試し撮り画像 »