« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の5件の記事

2007年11月30日 (金)

ピンホール写真講座受講-その後3-自作ピンホールカメラの試し撮り画像

 今年の9月にピンホール写真講座を受講し、そこで勉強したことを元に、ブローニーのフィルム・マガジンを使って、10月初めにピンホールカメラを自作した(「ピンホール写真講座受講-その後2-ピンホールカメラの作製」)。そのまま試し撮りをしていなかったが、モミジのシーズンなので、この前やっと試し撮りをした(「自作ピンホールカメラの試し撮り-京都曼殊院にて」)。現像・プリントは時間がかかるので待っていたが、今日やっと出来上がってきた。

 現像が出来上がるまでに心配は幾つかあった。(1)光漏れは無いか、(2)ブローニー・フィルムも扱いも初めてなので、フィルム・マガジンにちゃんと装填できているか、フィルムの巻き上げは大丈夫か、フィルムの終了時の取り出しは大丈夫か、(3)ブローニー・フィルムは35mmよりも画質は満足できるものか、などである。雰囲気良く取れているかどうかは気になっても二の次であった。

 7枚出来上がってきたが、そのうち2枚を以下載せます(クリックで拡大)。最初のが鷺森神社のモミジ、次が曼殊院である。プリントをスキャナーで取り込んだものである。

Pinholetest1saginomori1edit Pinholetest2mansyuin1edit

 どの写真も光漏れもなく写っていた。フィルムの装填、巻き上げ、取り出しなど初めてであったが問題は無かった。

 使用したカメラは、穴(ピンホール)からフィルム面までの距離が50mm(穴径=0.25mm, f=200)なので、広角という感じである。しかし、もっと広角のカメラほどの雰囲気は出ていないかもしれない。しかし、全体として、ピンホールカメラの柔らかさが出ている画像にはなっていると思う。曼殊院の写真の女性は偶然に写っている観光客で、たまたま長い時間(=約30秒間)じっとして動かなかったということである(ほかの観光客も多かったが動きが速いので写っていない)。

 画質についてであるが、さすがブローニー・フィルムだけあって35mmの場合よりは断然よい。私としては満足できるものである。今年前半に35mmフィルムのピンホールカメラを使ったが、どうしても満足できる画質は得にくかった。ピンホール写真講座の先生もそういう印象を述べていた。

 今回の撮影については、難を言えば露出がアンダーであった。コンデジの露出で露出時間を決めたが、ピンホール写真を撮るときは、コンデジの情報より2倍露出時間を長くするという原則(?)を無視したためである。

 今回の試し撮りで、基本的なところは大丈夫であることがわかったが、より広角なカメラで試すため、以前穴(ピンホール)からフィルム面までの距離が40mmのものもつくっていたので、早速それに交換してまた撮影した(出来上がりは5日後である)。

 本来、これらの写真は、ネガをパソコンに取り込み、プリンターでA4サイズで印刷するつもりであり、35mmフィルムの場合はそうしてきた。しかし今日分かったことには、我が家のスキャナーでは、ブローニー・ネガフィルムの取り込みができないことがわかった。スキャナーにブローニー用の透過原稿ユニットが必要なのである。早速購入する必要がある。金のかかることである。

 ともかく、一歩も二歩も前進で、あとは、ピンホール写真らしい雰囲気の良い写真をどのように撮るか、ということである。また、そのうち、さらに広角の、焦点距離30mmのカメラの作成も必要でありそうである。

[後日記載] その後、我が家のスキャナーでもブローニーフィルムの取り込みが可能であることが判明し、早速取り込みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

自作ピンホールカメラの試し撮り-京都曼殊院にて

 ピンホールカメラの講座を9月に受け、その後、ピンホールカメラを作製したことは10月11日のブログで報告済みである(「ピンホール写真講座受講-その後2-ピンホールカメラの作製」)。その後、試し撮りをしようと思いつつもしていなかった。近所のモミジもやっと見ごろになったので、やっと重い腰を上げて近所の京都曼殊院、鷺森神社などで試し撮りを行なった。

 自作ピンホールカメラはもともとブロ-ニーフィルム・マガジンの上にカメラボックスを取り付けたものであり、ブローニー・フィルムの取り扱いは始めてであった。10枚どりであったが、何とか全部撮って、先ほど現像屋さんに出してきた。ブロ-ニーフィルムの装填がどうなっているのか、撮り終わった後フィルムをどう処理したらよいのか、などなど、ビビリながらも何とかやって完了した(と思う)。現像が出来上がるまで結果はお預けである。幾つか心配な面はある。(1) 光漏れがあるのかどうか、(2)露光時間は適切であったか、(3)マミヤの交換式ブロ-ニーフィルム・マガジンであったので、交換時の安全弁の板を取り付けたまま撮影していないか、などなど挙げればきりがない。失敗していたら現像できてから考えるしかない。

 以上のように、今回は作製ピンホールカメラの試し撮りが主な目標であったので、モミジの方にはあまり気がいっていなかった。と言うよりも、モミジがいまいち綺麗ではなかったのである。綺麗でないと言ったら言い過ぎになるが、まだ、ベストの見ごろではない、と言った方が正確であろう。我が家にも数本モミジがあるが、その中の一番早く紅葉する木がやっと昨日ぐらい紅葉した。昨年は11/22に見ごろになったので、4日程度遅れている感じである。近所の鷺森神社は我が家のモミジよりも遅れて見ごろになり、昨年は12/1に見ごろになっ手いるので、今年は、鷺森神社・曼殊院は12/5~7頃見ごろになるのかもしれない。

 とはいえ、最後に、今日の段階での曼殊院(写真左)・鷺森神社(写真右)の写真を載せておこうと思う(写真はクリックで拡大)。

R0010676edit1 R00106681

 曼殊院のモミジで一本面白いものを見たのでその写真も下に載せた(写真はクリックで拡大)。1本のモミジの木で、黄色に変化しているもの、赤色に変化しているもの、が枝ごとに異なっているものがあった。どうしてこうなるのか理由を勉強しなければならない。

R0010677cut1_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

ヒイラギの開花と定植後のタマネギ

 今の家に引越してきて2年半経つが、引越し前から、ヒイラギの木があった。他にもたくさんの木があって、ヒイラギの木はトゲのある葉っぱであり、あまり面白味のないものと思ってきた。しかし、今日、ヒイラギの木にかわいらしい白い花がたくさんついているのに気がついた(写真はクリックで拡大します)。

Dsc_00341 Dsc_00211

 近づいてみると、花のいい匂いがする。こんなヒイラギの花にぜんぜん気をとめずに過ごしてきたことを恥ずかしく思った。調べてみると、キンモクセイとヒイラギとは近い関係にあるそうである。そのため、ヒイラギの花の匂いもキンモクセイの花と同じでいい匂いがしたのだと納得した。

 まだ11月ではあるが、そろそろクリスマスも来るであろうからその前哨戦のようなヒイラギの花の開花であった。

 先日のブログでタマネギの定植のことを書いた。昨年の散々たるタマネギに較べて今年の苗は元気である。この状態であると収穫は期待できそうだ。しかし、取らぬ狸の皮算用にならないように、気を許してはいけない。

Dsc_00381_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

タマネギの定植-再チャレンジ

 家庭菜園を始めて二年が経ったが、大体のものはうまく育つようになったが(育てやすいものをやっているせいもあるが)、頭を悩ませているのがホウレンソウとタマネギである。今年春のタマネギの収穫は酷くて、タマネギの大きさにならないうちに茎が枯れてしまった。昨年が始めてのタマネギの定植で、苗はあるホームセンター(○○○○社)で購入したものであったが、どういう苗が良いのか分からずに売っているものを適当に買ってきた。定植する時からしなびていて、こんなもので元気の育ってくれるのか疑心暗鬼ながら、まずは経験ということでで半年やったが、冬場はもったものの春になると次々に枯れていって、残ったものも貧弱そのものであり、苗の代金が回収できるかどうか分からない酷いものになってしまった。

 ○○○○社で苗を買うのはこりごりなので、別の園芸店で今日購入して定植した。予約しておいて今日園芸店に入荷したものを入手し定植した。ものの本によると、苗は太すぎてもダメだし細すぎてもダメ、と書いてあったが、そんなことが分かるような状態ではないので、購入したものを全部定植した。

 思い出しながら比較してみると、昨年の○○○○社の苗はみずみずしさが全く無く、しなびていて、また苗もひょろひょろで、酷いもので、今日購入したものと見るからに苗が違う。金を返せと言いたくなるものであった。太すぎてもダメと言うのを気にすることも無いものであって、○○○○社はどうしてあんなんで商売になるのか不思議である。

 定植が終わって半年間我慢である。

 実は、今年9月上旬にタマネギの種蒔もやっていた。発芽はしたもののその後の成長がダメで、使えるものにならなかった。それで、園芸店で苗を買った次第である。どこがうまく行っていないのか来年の課題である。空き畝がなく適当な場所に種をまいたので問題があったのか、それとも、手入れがまずかったのか、いずれにしろ来年再挑戦である。

 タマネギと同じようにトラブル続きは、秋作のホウレンソウである。春作のものは立派に収穫できているのに、秋作はさっぱり。これについてはまた後日書くことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

仏像彫刻のお勉強2-救世観音の練習

Sdsc_00221_2  このところ仏像彫刻のお勉強をやっている。今までやってきたことを以前「仏像彫刻のお勉強-聖観音菩薩仏頭の練習」で報告した。

 いままでは、全身像についてはやっていなかったが、このところ初めての全身像の練習として「救世観音菩薩」風の像の練習を行なっていて、昨日一応終了した(写真)。練習用に改変してあるので本物の救世観音とはかけ離れたものになっている。しかし初級者の練習としては、顔、足、手、など今までやっていたことの復習であったし、また、全身を彫りだすことも新たに加わった例題であった。あくまで練習なので出来の良し悪しは別である。

 次は地蔵菩薩像の練習となる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »