« 阿修羅像(頭部)の粘土像 | トップページ | 10月10日は晴れの特異日-今年(2007)も晴天 »

2007年10月 6日 (土)

ピンホール写真講座受講-その後1

 先月ピンホール写真の講座を受講したことを報告した(「ピンホール写真の講座受講」)。そのときの先生の勧めもあって、ブローニー・フィルムでの撮影をするのが当面のベストの選択であろうということになった。そして、マミヤRB67用のフィルムバッグかマミヤプレス用のフィルムバッグがお勧めという話であった。

 しかし問題はフィルムバッグが入手できるかどうかであった。新品は高いが中古では安そうであるという話があった。しかし問題は中古品として出回っているかどうかである。中古品は払底していて世の中に出回っていない、という話もあった。そこで、先週は中古品を扱っている店を3軒廻ったが確かになかった。

 仕方ないので、ピンホールカメラの設計をやっておればよかろうと考えた。フィルムバッグを用いてカメラを作成している人の経験をウェブサイトでみたが、結局、フィルムバッグが手元にないとなかなかイメージがつかめず、設計を考えることははなはだ困難であった。

 そうなると、新品を買うしかないか、と思って半ばあきらめつつあったが、それにしても新品は高価なので、出来る限りカメラ店めぐりをしようとして、昨日も、ある大型点に行ったが、中古品は扱っていないとか。

 新品を買う前に、ネットで中古品が買えないかと改めてGoogle検索してみた(検索ワードは変えてみた)ところ、なんと、通販ショップで、目的の物を売っていた。幻を見ている感じがしたが事実であった。通販ショップはどこかなと思って見るとなんと市内であった。そういうショップが市内にあったとは。市内なら通販で買うよりも、お店に行って確認して買おうということで今日お店に行ってマミヤRB67用のフィルムバッグを1台ゲットした(1台しかなかったが)。価格は噂で聞いていた価格よりははるかに高かったが、新品よりはかなり安かった。世の中から払底しかかっているので高くてもしかたないだろう、というところである。ついでに4x5判のフィルム・ホルダーもどんなものか今後のためには実物があったほうが考えやすいのでついつい1つ購入してしまった。

 こうしてフィルムバッグが手に入ったので今後は設計、製作へと移っていく。しかし、趣味でいろんなことに手を出しているので時間があるかどうか分からない。紅葉のシーズンまでには製作完了しておくのが目標である。

 ピンホール写真の講座では、ピンホールの作り方で役に立つ話があったし、その他にも、いろいろとノウハウ的なものを吸収したので、今後は気楽にカメラを製作出来そうだ。また、撮影についてもいろいろと教えてもらったので助かると思う。何事も我流のみでやるのはしんどいことであるので、こういう講座に参加できてよかったかな、というところである。


|

« 阿修羅像(頭部)の粘土像 | トップページ | 10月10日は晴れの特異日-今年(2007)も晴天 »

カメラ」カテゴリの記事

クラフト」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/16679726

この記事へのトラックバック一覧です: ピンホール写真講座受講-その後1:

« 阿修羅像(頭部)の粘土像 | トップページ | 10月10日は晴れの特異日-今年(2007)も晴天 »