« メジロ、スズメなどの飛来・乱舞-我が家の庭 | トップページ | 家庭菜園、草花などの近況(07-Sep-9) »

2007年9月 6日 (木)

ホウレンソウの芽だし(催芽)

 家庭菜園を始めて丸2年になる。すべて我流でやっているせいか、うまく行かないのがいくつかある。その中の一つがホウレンソウである。

 春作のホウレンソウはうまく行くのであるが、秋作のホウレンソウはうまく行かない。どこが違うのか良く分からない。春作と秋作とでは別の種を使っており、秋作の種のほうを今年は変えて再びチャレンジすることにした。

 少々早い目の種蒔であるし、今年はなかなか涼しくならないのでやきもきしていたがそろそろやってみようと思いたった。種袋の記載、ネット情報を見るとやはり気温が高いときは発芽自体が困難であるとのこと。そういえば昨年は秋めいた10月に種蒔して発芽をしている(昨年は発芽後の生育に問題があった)。気温が高い場合は「芽だし(催芽)」をするようにという話である。

 話には聞いていたが芽だしはやったことがなかった。冷蔵庫の中で何日か置いて芽を出させるようである。この酷暑の時期に冷蔵庫の中で芽が出るのかどうか、一瞬不思議に思ったが、良く考えれば、春先の寒い中でも発芽するので大丈夫なのであろう。また、種には発芽抑制物質があるそうでそれを除くと発芽しやすくなるとのこと。事実かどうか知らないが、そういうことであれば芽だしをやってから種まきしようという事にした。

 やってみれば簡単である。種を水につけた後、冷蔵庫においておくだけである。4日目の状態が下の写真(クリックで拡大)である。

Dsc_00161

 種袋には、全体の20%が芽切ったら蒔く、と書いてあり、上の写真で20%が芽切っているのかどうか分からないが大体よさそうと思い、今日畑に蒔いた。

 今後は、多分、双葉が出るところまではうまく行くであろうが、その後の成長はどうか。何事も初めてのことで経験である。

|

« メジロ、スズメなどの飛来・乱舞-我が家の庭 | トップページ | 家庭菜園、草花などの近況(07-Sep-9) »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/16357919

この記事へのトラックバック一覧です: ホウレンソウの芽だし(催芽):

« メジロ、スズメなどの飛来・乱舞-我が家の庭 | トップページ | 家庭菜園、草花などの近況(07-Sep-9) »