« アマガエルの棲家は朝顔の花? | トップページ | プロフィールの写真(ピンホール写真の自写像)を載せました »

2007年9月24日 (月)

ピンホールカメラでの自写像

 ピンホールカメラの講座があったので、そこで、箱でピンホールカメラを作成し、撮影し、その後現像・焼付け、をするという一通りのことを学んだ。六切りの印画紙でネガを作り、六切りの印画紙に焼き付ける、というものであった。現像・焼付けは暗室で行なうしかなく、勉強としては良いが、現実的ではないなと思いながらも、六切りの印画紙での「高画質」に興味深々で最後まで我慢しての受講であった。

 結果の写真を一枚載せました(クリックで拡大します)。自分の写真=自写像、です。カメラの前でこの姿で5分間じっとして撮ったものです。ピンホール写真としては高画質で満足ですた。そして、結構雰囲気が出ていて、ピンホールカメラで面白い写真が撮れそうです。

Xxxx146s1


 ほかにも何枚か撮影したのですがどれも自分としては満足しているもので、レンズカメラとは一線を画したものになっていました。

 この印画紙での写真は、高画質なのだが、実用面で、また、設備上、撮ることがはなはだ困難であるという問題がある。しかし、ピンホール写真のよさは捨てがたいので、印画紙を使わない中判のフィルムでのピンホール写真ならやってみたいなと思っているところである。

 また今回用いた印画紙はサイズが六切りなので家で改めでスキャナーで取り込んで画像処理しようと思っても、我が家のPCでは遅くて我慢ならず(うまくやればやりようもあったのかもしれないが)ほとんどギブアップであった。従って不満足ながら何とかブログ用に使えるものを作ったので一枚だけ載せた次第である。

|

« アマガエルの棲家は朝顔の花? | トップページ | プロフィールの写真(ピンホール写真の自写像)を載せました »

カメラ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/16552108

この記事へのトラックバック一覧です: ピンホールカメラでの自写像:

« アマガエルの棲家は朝顔の花? | トップページ | プロフィールの写真(ピンホール写真の自写像)を載せました »