« 夕顔の初開花-夕顔の君を偲ぶ | トップページ | 近所のス-パーでも偽装表示今日発覚-予想通りであるが何を信じればよいのか »

2007年8月 2日 (木)

夏の収穫 毎日、ゴーヤとインゲンの料理

 家庭菜園の現状は、夏の野菜類の収穫でにぎわっている。関東地方もやっと梅雨明けたそうである夏本番である。京都の我が家の家庭菜園は、この梅雨時分にどうなるかと心配していたが、葉物野菜はダメだったけどもその他は何とか生育してくれている。

 今年始めて収穫があって60歳近い人生で始めて味わったゴーヤであるが、その後、順調に収穫があり、毎日ゴーヤ料理である。家内も始めてのゴーヤ料理に挑戦するのであるが、いろいろとネット情報を集めて毎日違う料理を作ってくれている。ゴーヤは3株しか植えなかったが今まで10個近くは収穫しているし、今大きくなりつつあるものも10個程度はありそうである。毎日がゴーヤ料理、というのももうしばらくは続くようである。

 7月はまた、インゲンが良く取れて、これも毎日がインゲンの料理、という日が続いた。流石にインゲンの収穫も終わりそうで下火にはなってきた。「ゴーヤ+インゲン」の毎日というのがこのところ続いていた。

 野菜が多かったおかげで、メタボも解消するかという感じであるが、メタボの方はなかなか手ごわく、そうは簡単にいきそうにない。

 インゲンは、豊作に気を良くして、別の畝に種蒔したので今年は今後もまだ楽しめそうである。それ以外では、夏本番のオクラがこれからは食卓に上がってきている。

 トマトも結構収穫できているたが、今年は、お店のトマトがかなり高いので、結構家計にとっては助かっているみたいである。

 家庭菜園を始めて2年目であるが、何とか、収穫が出てきたというところである。

 ところで、今年は2株ほど小玉スイカを植えたのであるが、なかなか着果しなかった。やっと今日の時点で5個ほどの着果を認めた。そうなると鳥害などが心配になる。防鳥ネットも結構高い。そこで思い立って、スイカの区画(非常に狭いものであるが)を麻紐で覆った。鳥が来ようとすると紐に当たるので、鳥が嫌がるというものである。NHKの趣味の園芸に載っていた話である。多分これで大丈夫と思う。心配なのは我が家には猿が出没するという噂があることである(私は見たことがないが)。しかし麻紐で囲ってまずは一安心である。

 そろそろ秋のための種蒔などを考えなければいけない時期になったきた。また大変だ。

|

« 夕顔の初開花-夕顔の君を偲ぶ | トップページ | 近所のス-パーでも偽装表示今日発覚-予想通りであるが何を信じればよいのか »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

園芸」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/15984582

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の収穫 毎日、ゴーヤとインゲンの料理:

» 畑日記 7/29日号 vol.3 [美味−BIMI−]
初の純白ゴーヤー収穫しました。 わ〜〜い(嬉)。。。綺麗な色だなぁ〜〜。 <写真>右は、節成ゴーヤー。中長ゴーヤーの種類です。 お日様が少ない週だったからか、少し小さ目ですね。 純白ゴーヤーは、緑色のゴーヤーより育ちが遅め。 淡白で苦味が薄いので、 緑色のゴーヤーと同じ料理には向かないかもしれませんね。 同じ料理だと「あれ?」ってなっちゃうんです。 この色と味を生かした料理を考えないといけないと思いました。 (ちなみに今回はゴーヤースライスと浅漬けでさっぱりといただ... [続きを読む]

受信: 2007年8月 3日 (金) 11:12

« 夕顔の初開花-夕顔の君を偲ぶ | トップページ | 近所のス-パーでも偽装表示今日発覚-予想通りであるが何を信じればよいのか »