« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の9件の記事

2007年7月26日 (木)

夕顔の初開花-夕顔の君を偲ぶ

Dsc_00131_2

 5月初旬に種蒔した夕顔が今日夕方開花しました。60年近くなる人生で夕顔を育てたのは初めてです。清楚な大輪(14cm)の白い花を咲かせてくれました。行燈づくりで育てていましたが、今後も次々に咲かせてくれそうです。

 もともと朝顔は昔から良く種蒔したり、苗を購入していましたが、なぜか今年は夕顔を育ててみたくなってこういうことになりました。年とともに清楚な花に憧れが強くなっているのかなと思いいます。

 ところで、夕顔の君は源氏物語で出てくる女性ですが、どういう女性だったか忘れてしまっていました。そこで、文春文庫の「源氏・拾花春秋」という本で、田辺聖子さんが夕顔の章を簡単に3ページで書いてくれていて助かります。そこには、「源氏にとって夕顔の花のようにやさしい彼女(夕顔の君)は心の安らぎだった」と書いてあります。このような夕顔の君を彷彿とさせるような白い花でした。最近の時世を見ると、世の中一般であろうと、会社の中であろうと、このような女性観を持つのが困難である中で、このような女性を思い出させてくれるような花があったというだけで安らぎが得られる感じです。また、最近のこの悪いご時世がいつまでも続くのか、またもとにもどることがあるのか、後者のほうを早いうちに望みたいものです。

 「源氏・拾花春秋」の本の中で、もうひとりの著者の桑原仙渓さんが「京都でも夕顔の花が咲いているのを見かけることはほとんどない」と書いています。確かに、京都で見ることはありません。しかし、京都のホームセンターでは種は売っているし、苗もちゃんと売っていました(ただし、数は確かに少なかったですが)。しかし、このような清楚な花であるので、今後愛好者が増えて欲しいな、ということを望みますし、夕顔の君のような女性に出会うのも希望したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

バードカービング5作目-ゴジュウカラの作製

 バードカービングの5作目にはゴジュウカラをえらんだ。4作目のカワセミの場合は嘴が大きいとかその他幾つかの特徴のある鳥で、その辺をうまく作ればよかった。ゴジュウカラは、木を歩いて下るというのが特徴であるが、身体的な特徴な特になく、今まで作ったキセキレイを下に向けたら簡単に製作できるであろう、ということで気楽に構えてスタートした。しかし、現実はそんなに甘くはなく、以下、その製作過程を日記風に記してみた。

 例により、カットアウト(木取り)した素材と目玉はきつつきくらぶから入手した。下に降りているところをデザインしたカットアウトで、ゴジュウカラが「イナバウワー」をしているようなデザインになっていた。しかし良く見ると、以前のカワセミ、キセキレイ、スズメと較べて、頭の部分が平べったい。どこをどうに荒削りして頭を出していけばよいか、スタートから頭を悩ませる事となった。例によって図面から油粘土で簡単にモデリングをしてみたのが下の写真である。

Dsc_00101_10

 このような粘土模型を作ってみても、今回はあまりしゃんとしたイメージがわかなかった。仕方ないのでいまあるイメージで荒削りを始めるしかないと思い、早速荒削りから始めた。しかし、やはり、平坦な頭部の切り出しに結構時間がかかり、ああでもない、こうでもない、と試行錯誤が続いた。そうしているうちに何とか荒削りが終わった。

 次に、部分削りということであるが、写真で見る限りゴジュウカラは羽根の輪郭がかなりはっきりしているのが特徴のようなので、羽根が浮き出てくれるようにナイフを入れていった。羽根の部分が終わったらあとはバーニングペンで羽毛の表情を入れていった(バーニングペンで書いた後の写真を撮るのを忘れてしまったので載せることが出来ない)。

 今までだと次には着色に入るのであるが、ゴジュウカラの場合、作品の最終イメージとして「鳥が下向きで木を歩いて降りている」ということを表現しなければならない。ここで解決しておかなければいけないことが出てきた。それは、(1) ゴジュウカラの左右の脚の付け根は平行か、それとも互い違いになっているのか、(2) ゴジュウカラが歩くときの左右の脚の運びはどういう感じか、(3)ゴジュウカラの足の指自体はどうなっているか、つまり、指が4本あるのかどうか、また、それぞれの指の配置状態はどうなのか、という3点である。

 購入したカットアウト素材には図面がついていたが、その図面には、足の図がないのである。足の指の図もなければ、また脚が胴体につく場所が書きこんでいないのである。カワセミなどの場合には、ちゃんと、足指の絵、脚の付く位置がちゃんと書いてあったのに。

 仕方なくこちらで検討しなければいけなくなった。まず、足の指の様子、形状であるが、結構苦労したがなんとかネットで写真が入手でき、それを基に作製すくことが出来ることがわかった。

 次は脚の付き方と脚の運びである。ネットでゴジュウカラの写真、作品例をみてみると、一見、左右の脚の付け根が互い違いになっているように見えるものが結構あった。しかし、歩くときの付け根が移動するのかな、そんなことがあるのかな、と思ってしまう。歩いていないときの写真では明らかに当然ながら左右の脚の付け根が平行であった。写真も良く見た結果、歩くときの付け根が移動するのはどうも釈然としない、ということで、脚の付け根は左右平行にすることにした。そうして、歩く姿を想像してみて、片方は脚は伸びたように、片方は脚をまげている状態にしてみた。そうするとなんとか歩く姿ができそうである、ということになった。この結論は生物学的も間違っていないとは思うが、もし違っていたらいずれ一からゴジュウカラの作り直しになろう。

 以上の果、足指、脚をどうするかのイメージが出来て、鳥本体を着色する前に、足全体を作製し、また、仮の台座を作製して(今回も前回のカワセミ同様、流木を用いた)、仮に鳥を固定してみた。果たして思ったようにうまく行くか。その結果が下の写真である(鳥本体は着色はしてないが下地塗りをしているので白くなっている)。

Dsc_00131_11

 何とかうまく収まったようである。うまく固定できたし、うまくあるいている雰囲気になってきた。脚の運びについては、上の写真をクリックすると拡大するので分かりやすいかもしれない。

 そうして、いよいよ最後の着色という段階に入った。ここでは、ゴジュウカラの頭、背などの基本的な色の表現に苦労した。頭、背などの毛の色は、なんと言ってよいか、薄めの青色のような、あるいは、薄めの青にび色のような、また、少しバイオレットが入っているような感じの色であるが、それがなかなか出なくて苦労した。手持ちの絵具の色数も少なくて、思い立っては自転車で近くにある画材屋(近くにあって便利)にいっては次々買い求めるという状態であった。何とか色を混ぜ合わせて作ってみたがあまり満足していない。次にまたゴジュウカラを作るときは改めて考えることにして、適当なところで手を打った。

 こうして、やっとゴジュウカラが完成した(下の写真。クリックすると拡大します)。初めは簡単に製作できるであろうと気楽に構えてスタートしたが、いろいろと勉強しなければいけないことが出てきたことになった。完成してみると、青色が結構涼しげで良い感じの鳥になったようである。明日にも梅雨明けかという湿度の高い天候なのでよけいにそう感ずるのかもしれない。

Dsc_0013p1

 次は何を作ろうか。今朝もいまだにやかましく鳴いているウグイスにしようかな、というところである。鳥本体としてもウグイスの色(鶯茶)をどう表現するかということもあるが、台座の方も考えなければならないのでそっちの方の楽しみもある(流木は使いたくないので)。

 下の写真は最近製作した3羽の鳥をまとめて写真に撮ったものである。

Dsc_0019p1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

モグラ撃退機の効果-半年経ちました

 昨年秋から我が家庭菜園にモグラが侵入し畑、庭木を荒らしまわった。その対策に、風車も試みたが失敗し、最後に超音波のモグラ撃退機(「モグガード」)なるものを設置したことは半年前に報告した(記事「モグラ撃退機設置」)。これを設置してから早々とモグラの痕跡はなくなっていったことも報告したと思う。購入したモグラ撃退機であるが、このものは、乾電池式で、乾電池の寿命が半年ということなので、カレンダーにその旨を記載していた(Googleカレンダーを使用しています)。そして、半年がやってきた。

 なにしろ、超音波発生装置を地下に埋めているので、雨とかで、水分が侵入してきたら多分この機器は簡単につぶれるという心配があった。取扱説明書に、乾電池は半年が寿命です、という記載があるが、それ以前に、水分で機器がつぶれることが危惧された。そういうことでこの半年間家庭菜園に出て行くたびにモグガードが正常に動作しているかどうかというこことが気になっていた。

 モグガードは地下に埋めているし、発生しているのは超音波である。ということになると、モグガードが正常に動作しているかどうか検証のしようがないと思っていたが、どうやらそうではなかったようである。超音波が発生していると思われるときに(間歇的に超音波は発生しているようである)、耳に聞こえる音もかすかに出ているようである。モグガードを家庭菜園の地下に埋め込んでもその音は出ている。その音を頼りにこの半年間、この機器は効果あるかどうか見てきた。

 その結果、半年間無事動作してくれた。そして、モグラの痕跡も一切なくなったままである。感謝感激とはこのことを言うのであろうか。半年経つので乾電池の入れ替えが必要であろう。しかし、音が完全になくなってからでも大丈夫であろう。今度、再び地下に埋設するときは、水分の浸入に気をつけて頑丈に包んだうえで埋設することが肝心である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

バードカービング4作目-カワセミの作製

 このところ、バードカービングで第4作目に挑戦していた。今までは、完成図があったり、誰かの指導(私は気に入らなかったけれども)がいたりしたが、今回のカワセミについては、カットアウト(木取り)の状態で素材が入手できたものの、カットアウト購入時に付いてきたのは簡単な図面だけで完成図はなく、こちらの想像力だけで最後まで作成しなければいけなくなった。

 鳥の形は大体同じなので類推すれば簡単にいくだろうと思っていたが大間違いで、木彫りの荒削りの段階から、どこをどこまで削ればよい考えれば考えるほど分からなくなってきた。どうしようもないので、こういうときは「粘土での試作」だと思い立って、急に油粘土を買ってきてイメージを作ることにした。油粘土を扱うのは初めてであり、最初に購入したものは粘土が柔らかすぎてうまく行かなかった。そこですぐに別のものを買い求めて作成したのが下の写真である。

Dsc_00161_6

 カワセミの嘴は長いのですぐ曲がるため、油粘土では爪楊枝を中に入れて補強している。こうして出来たものでなんとかイメージがつかみやすくなり、早速、木彫り(荒削り、部分削り)に移っていった。

 木彫りが終わると、羽、羽毛の部分をバーニングペンで書いていった。これは、カットアウト購入時に付いてきた図面に簡単に書いてあるもので何とかいけた。それが下の写真である。

Dsc_0018r1_1

 後は彩色になる。ここまで来ると本来は彩色が楽しみになるはずであるが、カットアウト購入時には彩色の見本がついていなかったのでこちらで考えていくしかなかった。まずは、インターネットでこういう彩色をしたいと思う写真を集めてきた。頭の部分についても、頭だけがクローズアップした写真があったので助かった。もう一つの方法としては、以前紹介した本「鳥類図鑑」を参考にした。この本は最後まで役にたった。イラストで鳥を紹介しているので、写真では細かすぎるところを分かりやすくイラストにしているので、彩色するものにとっては大助かりであった。

 台座については、今回は、流木を簡単に組み合わせて作った。形のよさそうな流木は高価であるのでやめて、短くて細いものでよいから安い流木をネットで買い求め、それを簡単に加工して台座を作成した。台そのものは桐の端材があったのでそれを加工し黒く塗った。

 こうして、今日、カワセミが完成した(下の写真。クリックすると拡大します)。

Dsc_00111_5 Dsc_00181_8

 製作途中でどうなることかとひやひやしながらの道のりであったが、何とか、今のレベルにしては何とか我慢できるものが出来た感じがしている。「我が家の野鳥園」(これで4羽になる)もにぎやかになりつつある。それにしても、「飛んでいるカワセミ」が作れるようになるのはいつのことであろうか。越えなければいけない壁がいろいろありそうな感じである。

 NHK趣味悠々の放送「木彫りでつくる野鳥バードカービング」(2007年2-3月NHK教育)でもう一羽作成していないのがある。モズである(カットアウトの素材は購入済み)。趣味悠々では電動工具を使っていたが、そろそろ電動工具でもそろえても良いかなという気になりつつある。まだ初心者なので早いといわれるかもしれないが、人生はそんなに長くないのだから、という気持ちもある。

 とりあえず、次は電動工具を使わないで「ゴジュウカラ」の作成予定である(カットアウト購入済み)。これもカットアウト購入時に付いてきた簡単な図面だけでは不十分なので、インターネットで写真を集めたりすることから始めなければ、というところである。この鳥は「樹を歩いて降りる」という習性を持っているらしく、降りるときの足の感じがまだつかめていない。その辺の確認から始めなければというところである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

収穫直前のゴーヤ(沖縄長れいし)

Dsc_00121_4  初めてのゴーヤが収穫直前です。植えたのは沖縄長れいしです。昨年はあばしゴーヤをためしに一株のみ植えましたが、植えた区画が日当たりが悪かったせいか見事に失敗しました。今年は区画を変えて3株植えていますが、始めてゴーヤの収穫が出来そうです。今長さは25cmぐらいです。

 我が家ではゴーヤの料理が出たことがありません。一度もしたことはありません。また、外食としても食べた記憶がありません。どういう味かさっぱりわかりません。あとは家内の腕に任せます。沖縄長れいしはあばしゴーヤにくらべて苦いようですが、私の口に合うのかどうか。どちらに転びますか分かりません。

 ところで、ゴーヤは雌雄異花ということですが、これは育てていて分かりましたが、分からないのは、雌雄分化はどうなっているのかいつも不思議に思っています。

(後記) この記事を書いた後、家内との相談の上、収穫しました。そして、夕食には「ゴーヤとタマネギのマヨサラダ(ハム入り)」が出てきました。苦味は思ったよりずっと少なくて美味しいものでした。今後も収穫が見込まれるのでいろんなメニューで頂きたく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

今我が家に咲いている花々(7/6)

 以前にも、たねから2年がかりで育てた桔梗の花の初開花(白い花)を紹介しましたが、青色の花も咲き始めましたので紹介します(以下、どの写真もクリックすると拡大します)。桔梗は清楚な感じの花でほっとするところがあります。

Dsc_00141_2

 今年は向日葵(ヒマワリ)も手持ちの種を全部まいてみました(今年で最後にするかも)。

Dsc_00101_8

毎年花を咲かせてくれる槿(ムクゲ)ですが、今年は大きな花をたくさんつけてくれました。これからしばらく割き続けると思います。

Dsc_00181_6 Dsc_00201_3

今後たくさん花をつけそうなものとして、定番の朝顔がありますが、今年は、夕顔も試しに植えています。どちらももうすぐ咲きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

バードカービング3作目-キセキレイの作製

 NHK趣味悠々の放送「木彫りでつくる野鳥バードカービング」(2007年2-3月NHK教育、2007年7月4日より平日連日NHK総合再放送)の放送に従ってバードカービングをやっている。放送時のことははるか忘却のかなたなので、そのテキスト、録画DVDを改めてみながらやっている。そして、NHKの趣味悠々としては2作目(私個人的には3作目)の「キセキレイ」が完成した(写真参考。クリックで拡大)。

Dsc_00111_4

 今回はNHK趣味悠々も2作目なので1作目よりは凝ったことをやっている。木自体がバルサ材からジェルトン材に変わったが、それだけではなく、部分彫りのあとで、トリ全体の毛をよりリアルに表現するということで「バーニングペン(焼きごてのペン)」を用いていることである。焼きごてで羽毛を強調するのである。そして、絵具も不透明のアクリル絵具ではなく半透明のアクリル絵具を用いている。

 これらのことは初めてで、フクロウを作ったバードカービングの教室(バードカービング-フクロウの作製)では、素材自体がジェルトンであった以外はNHK趣味悠々1作目のスズメと同じで、バーニングペンは用いず(ただし懇意な人には先生が特別にバーニングペンで書き込みをやっていて、新人の我々は先生に相手にされなかった)、また絵具は不透明の絵具であった。

 バーニングペンもなんとかネット通販で買い求めて、また、半透明の絵具もそろえて、どうなることかひやひやしながら進めていった。バーニングペンで書き終わった段階で、さすがバーニングペンの威力、という感じにいい雰囲気になってきた(上記写真では残念ながらバーニングペンの威力についてはほとんど分からないと思う)。そして、最後の彩色を行なった。彩色は自信がないので見よう見まねでDVDを何回も再生しかながら行なった。そして、なんとか写真のように出来上がった。これで3作目であるが、3つのなかで一番出来がよい。

 一番出来がひどいのは、木彫りの本格的プロを自慢しプライドをぷんぷんさせている先生の教室でのフクロウである。このフクロウ製作の途中で、ある生徒(といってもご老人であるが)の孫が言ったそうな、「まめだやー」と。フクロウが豆狸に見えるのは真実を物語っている。我々が作っていたのは、サボテンにつくふくろうではなく「まめだフクロウ」であったのか。このフクロウ、目も気に入らない。このときだけ先生が電動工具を持ってきて勝手に位置を決めて目の穴をあけたので気に入らないものになっている。ということで、教室でのフクロウは最悪だ。

 NHK趣味悠々では、キセキレイの台座に流木を用いていた。しかし流木はなかなか入手できない。ネット通販で買えば買えるが、結構高いので実物を見ないと手が出にくい。そこで台座は自作することにした。NHK趣味悠々でも紹介してあるが、川の石にキセキレイが止まっているという姿である。全くの我流で作ることにした。石はジェルトン材で川はバルサ材で作り、彩色は適当にイメージして作製した。欲を言えばきりがないが当面の台座としては間に合うものにした。将来的には台座も大事なのでしっかり作る必要があろうと思う。

 さて、次回は何を作るかであるが、NHK趣味悠々の3作目はモズである。上級者用として紹介しているが、NHK趣味悠々の通りにやろうとすれば、高価な電動工具が必要になる。今買うだけの踏ん切りがつかない(我が家の財務大臣の許可は出ているのであるが)。NHKが販売していたモズのキット(チュペロ材のカットアウトとガラスの目)をすでに購入はしているのだが。しかし、決断が出来るまでの当面は、「きつつきくらぶ」から購入した「カワセミ」「ゴジュウカラ」のいずれか(あるいは両方)やろうかと思う。今度はNHK趣味悠々のような懇切丁寧な指示図、テキストがないので覚悟してやらなければと思うが、フクロウも含めトリはどれも似たような姿であることが分かってきたのでいままでのことを生かせば何とかなるでしょう。

 高価な電動工具のことであるが、台座をリアルなものに作ろうと思えばやはり電動工具があったほうがやりやすい。NHK趣味悠々のモズのところでも紹介してあるが、そこでは台座として、電動工具を使って「太い木の枝」を作製しているのである。流木を使わないで。こういうことも出来るのであれば、やはり電動工具は早い目に欲しいものである。

 何はともかく次は「カワセミ」「ゴジュウカラ」の作製である。今度はゆっくりやろうと思うので、完成はいつのことか分からない。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

モンタナ・クレマチスとリンドウの挿し木の結果(鉢上げ)

 先日(6/4)、モンタナ・クレマチスを挿し木したこと、リンドウの挿し木を予定しているということを書いた(ここをクリック)。リンドウはその翌日挿し木をした。そして、そろそろ一ヶ月である。モンタナもリンドウもわずかにつけている葉が元気なのでうまく行っているという期待の元に今日鉢上げをした。

 期待通り、クレマチスもリンドウも、さし穂(さし芽)の数は8本ぐらいであったがどれにも根がついていた。クレマチスのほうが根がしっかりしているような感じがしたが、どちらもしっかり根が付いていた。クレマチスも簡単に挿し木が出来るようにどこかの本に書いてあったと思うがその通りで簡単にうまく行ったようである。うまく行っているので、挿し木の時と違って、鉢上げは非常に簡単であっという間に終わってしまった。何事も初めてのことなので今後の手入れについては良く分からないところがあるが、厳しい夏が待っているのでそれを乗り切るのが当面の課題であろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加茂茄子、地這キュウリの初収穫

Dsc_00131_10 加茂茄子、地這キュウリを初収穫しました。どちらも小ぶりです。加茂茄子は、ある大きさからなかなか大きくならないので今日収穫してしまいました。どんな味かはこれからです。

 地這キュウリも今年初めて種から植えましたが、どういうものか、どういう育ち方をするのか、通常のツルありのキュウリとどう違うのか、さっぱり分からないまま植えましたが、その違いは見えてきたようです。雌花のつく間隔が普通のキュウリよりは短いようでそれで、地這いであってもそこそこ収穫ができるような印象を持ちました。通常のツルありの場合、支柱を立てなければならず、日陰の部分が出来ると狭い家庭菜園では植える区画に制限が出来るので、なかなか植えにくいと思っていたのですが、地這いの場合はどの区画でも植えられるのでやりくりが容易になります。たとえ収穫量が地這いのほうが少なくても、我が家の場合にはその方が良いかもしれません。昨年ツルありは取れすぎましたので。後は味の問題が残っています。まだ試食していませんが、味次第では来年植えるかどうか分かりません。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »