« はじめてのモンタナ・クレマチスの挿し木 | トップページ | どしゃ降りと雹で家庭菜園の被害 »

2007年6月 6日 (水)

初めてのバードカービング

 NHKの趣味悠々でこの2-3月に「バードカービング」の放送があった。バードカービングはやったことがないのであるが、時間つぶしの趣味としては面白いであろうということで毎週放送を見、また、録画してDVDに焼いておいた。その上、素材などの通信販売も期間限定でやっていたので(6月末で終了とのこと)、作るかどうかはわからないが販売しているものは全部購入しておいた。

 何しろ、木彫用のナイフを手にしたこともなく、最後に色付けするが、絵具関係は小学校の時の授業で写生をしたこと以外は記憶にない。そういうことで何から何まで初めてだったし結構ステップも多そうなのでなかなか手の方が動かずにそのままにしておいた。

 やっと5月の中旬になって、手を出して作ることにした。しかし、いままで未経験のためこまごましたものまで含めると揃える道具が多くて、その準備がまず第一に大変であった。それが終わって始めてスタートとなる。

 趣味悠々には懇切丁寧なテキストがあって、かなり助かるし、DVDの録画も参考にして進めた。しかし、細かいところはどうしたらよいのか分からなく場面も合ったが、我流派としては、自己満足できれば良いかな、と自らを慰めながら進めて、何とか、今日、最後までたどり着いた。しかし、途中で、慣れていないナイフの持ち方に困ったり、木目が思い通りに走っていなくて削りにくいのをどう対応したらよいのかわらなくなって来たりした。

 また、着色時に筆が思うように動かなくて困った。その結果として、とくに細かいところの色づけが全くできていない。テキストでは綺麗に描けているのはどうしたらできるのだろうかと不思議に思ったりしたものである。また、とんでもない間違いも多くしてしまった。今度は、特に細い筆については評判の良い筆を買い求めて再挑戦である。

 そういうことで、お恥ずかしい限りではあるが、最初の作品(?)として我慢してもらうことにして作った「スズメ」写真を下に載せておきました。

 今回はバルサ材のカービングであったが、次ぎは、ジェルトン材での「キセキレイ」のカービングとなる。スズメもキセキレイも我が家の家庭菜園に飛来したことのある鳥なので親しみがわく。鳥も種類が多くて、今後バード・カービングするのであれば、「我が家の家庭菜園に飛来した鳥」(例、ヒヨドリ、メジロ、今うるさく泣いているウグイス、キジバト)から手がけたらよいかなと思っているところである。家内の要望は、カワセミ、である。

Dsc_00271_1

|

« はじめてのモンタナ・クレマチスの挿し木 | トップページ | どしゃ降りと雹で家庭菜園の被害 »

クラフト」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。
これからもよろしくおねがいします。

投稿: peko | 2007年6月22日 (金) 23:47

pekoさんへ
とんぼナックです。トラックバックは歓迎します。このサイトに関係のないエロ画像サイトなどは削除していますが、pekoさん関係は全く問題ありません。

投稿: とんぼナック | 2007年6月19日 (火) 22:34

お返事、ありがとうございます。
今度、木の材料を確認して、注意しながら作ってみますね。私の1作目は、逆目にてこずって削りすぎてしまったので2作目は、注意したいとおもいます。
もしよろしければ、ここのブログにトラックバックしてもかまいませんか?

投稿: peko | 2007年6月19日 (火) 22:27

pekoさんへ
とんぼナックです。今キセキレイの彫りをやっていますが、スズメのときより彫りやすいです。キセキレイはジェルトン材でスズメはバルサでした。バルサは柔らかすぎて結構彫るのが難しいものでした。慣れも関係しているのかもしれませんが。

投稿: とんぼナック | 2007年6月18日 (月) 10:58

はじめまして、pekoです。
バードカービングで検索をかけたら、ここのブログにたどり着きました。
1作目、色塗りまでできていて関心しました。
2作目は、私もキセキレイを作る予定です。
お互いがんばりましょう。

投稿: peko | 2007年6月17日 (日) 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/15334023

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのバードカービング:

« はじめてのモンタナ・クレマチスの挿し木 | トップページ | どしゃ降りと雹で家庭菜園の被害 »