« 種から育てたペチュニアとマリーゴールドの開花 | トップページ | ジャガイモの収穫とアオサギの飛来 »

2007年6月12日 (火)

雹(ひょう)被害の実態写真

 この前の土曜日(6月9日/07)の昼頃に我が家の家庭菜園はどしゃぶりと雹(ひょう)に襲われた(第一報はここをクリック)。心配したとおり、農作物、草木に雹の被害が出てきた。特に葉っぱと茎がその被害にあっている。その被害の状況を写真に撮ったので載せました(写真をクリックすると拡大します)。

Dsc_00101_5 Dsc_00111_3

 地這キュウリの被害です。最初のが茎の被害で、次ぎが葉っぱの被害です。茎も痛々しく傷を負っています。

Dsc_00161_2 Dsc_00131_8

 最初のが加茂ナスの葉っぱへの被害です。雹のせいでぼろぼろに破れています。次の写真はインゲンの葉への被害です。破れた後もありますが、葉へかすり傷が良く見えます。

Dsc_00121_2

 収穫前のジャガイモの葉です。これもぼろぼろです。どしゃ降りの勢いで茎も結構倒れていますが、折れるまでは行っていません。

Dsc_00151_2 Dsc_00181_5

 庭木、草木も被害がありました。最初がヒマワリの葉で、次ぎウメの葉です。これ以外にもアジサイ、アサガオなどもやられています。

 致命的な被害は受けていなかったのが良かったと思われますが、雹が降った時間が10分程度でなく、長い時間降ったら、この被害もどれだけだったか分かりません。 

 雹の被害の写真を見るのは珍しいので紹介してみました。

 

|

« 種から育てたペチュニアとマリーゴールドの開花 | トップページ | ジャガイモの収穫とアオサギの飛来 »

園芸」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/15404377

この記事へのトラックバック一覧です: 雹(ひょう)被害の実態写真:

« 種から育てたペチュニアとマリーゴールドの開花 | トップページ | ジャガイモの収穫とアオサギの飛来 »