« 京都府立植物園のエキウム・ウィルドプレッティー「宝石の塔」 | トップページ | 自作ピンホールで撮ったピンホール写真_京都府立植物園 »

2007年5月22日 (火)

庭の隅に咲いた一輪の大きなバラ

Dsc_00101_2 2年前に今の所に引越してきて前の住人が植えたと思われる庭木がいろいろとあったが、バラについては結構高木のバラの木があった。それ以外には無いものと思っていたが、昨年になってバラの枝が庭の片隅に出てきているのを発見した。ヒコバエ?かなと思っていて、高木のバラのように小さい花を咲かせるものと思って、大した手入れもしなかったが、蕾をつけた。そんなに大きな蕾ではなかったが。どうなるかなと思って、興味本位で見ていたら、何かの害虫にやられたようで、蕾をポトリと落として終わってしまった。

 今年は一応大切に育てようと思い、冬場には寒肥もやって、また、折に触れて、殺虫剤もまいておいた。そうすると、蕾が段々大きくなってきて、大輪のバラが咲いてきた。

 最初に害虫にやられたものでバラは育てるのが難しいと思っていたが、やってやれないことはない、と思ったものである。この一輪のバラは今後どう大きくなっていくのであろうか。まだ分からないが楽しみである。また、バラを育てることにも抵抗がなくなったので、垣根あたりに何らかのバラ(つるバラ、あるいは、大輪のバラ)を植えることを検討中である。

 バラでもこのように手をかけなければ育たないのに、このご時世、ニュースで嫌な報道が毎日である。人間って、日本人って、本当にどうなったのか、と思う。会社人間でも「非人間的」に事を運べば運ぶほど「よくやった」といわれ、出世できるこのご時世、ニュースで嫌な報道の現況は会社人間が作り出しているのではなかろうか。

[後日(23日)記載]バラが満開になりました(以下その写真です)。直径は14-15cmぐらいあります。

Dsc_00131_6

|

« 京都府立植物園のエキウム・ウィルドプレッティー「宝石の塔」 | トップページ | 自作ピンホールで撮ったピンホール写真_京都府立植物園 »

園芸」カテゴリの記事

庭木」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103469/15164622

この記事へのトラックバック一覧です: 庭の隅に咲いた一輪の大きなバラ:

« 京都府立植物園のエキウム・ウィルドプレッティー「宝石の塔」 | トップページ | 自作ピンホールで撮ったピンホール写真_京都府立植物園 »